business

「人は見た目が9割」というメラビアンの法則があります。人間の印象を決める要素は、話す内容が1割未満であり、それ以外の9割は話す内容以外に注目されているという法則です。話す内容以外の9割に含まれる内容とは、「表情や目線」「態度や体型」「声の大きさやトーン」「服装などの見た目」です。ビジネスパーソンとして、その場に合った身だしなみをするということは、大切なビジネススキルの一つでもあるのです。

基本の服装、身だしなみ

現在では、オフィスカジュアルなどが好まれる傾向の会社も増えていますが、働くうえでの基本はやはりスーツです。特にファッション業界などではない場合、就職活動、転職活動中や初出勤日など、会社の雰囲気がつかめないうちは、オーソドックスなファッションであれば失敗することはないでしょう。

服装や身だしなみで大切なこと

価値観が多様化している現在においても、服装の社内規定を設けている会社は少なくありません。そして、実際にどのような運用がされているか、どこまでの服装なら許されるのかは、その業界や会社により異なります。ただし、どこの会社においても「清潔感」や「上品さ」などは重視されます。また当たり前のことですが、ファッションセンスを自慢しに会社に来ているわけではないのですから、派手すぎず仕事の邪魔にならない服装や身だしなみにすることも大切です。それぞれの社風に合わせた他人から「好感を持たれる身だしなみ」を心がけましょう。

男性の服装、身だしなみ

仕事ができていても、清潔感がなければ相手に好感はもたれません。服装や身だしなみに無頓着な人であっても、以下のことは注意してください。

<チェック項目>
・シャツの袖や襟が汚れていないか
・スーツなどにシワはないか
・シャツは定番色か
・サイズは合っているか
・靴が磨かれているか
・髪が整っているか
・ネクタイが派手すぎないか
・顔はテカテカに光っていないか
・口臭や体臭はしないか
・ヒゲは剃っているか(整えているか)

女性の服装、身だしなみ

一般的に、男性より女性の服装の方がルールが緩やかとなっていることも多いでしょう。自分の好きなものを楽しむのも良いことですが、以下の点には注意が必要です。

<チェック項目>
・(特に公式な場では)スーツは、黒/グレー/紺/ベージュなどの落ち着いた定番カラーか
・サイズが合っているか
・スカートの丈は短すぎないか
・髪型は仕事の妨げにならないものか
・靴と服装が合っているか
・ストッキングは派手すぎないか
・アクセサリーは、仕事の邪魔にならないか
・メイクは派手すぎないか
・露出しすぎていないか
・髪の色は周囲の人と調和しているか
・香水をつけすぎていないか

身だしなみを整えるのも仕事のうち

多くの場合、仕事をするうえで他人と接しなければいけません。どんなに格好が良い服装であっても、自分の服装や身だしなみのせいで、話を聞いて欲しいときに自分の話を聞いてもらえないようなことがあれば、それはあなたにとって好都合には働きません。逆に、相手に自分の印象を強く残したい場面では、無難なスーツではなく、「センスが良い」と思わせられる服装が必要になるかもしれません。その目的にあった身だしなみにすることが大切です。

まとめ

服装や身だしなみも、相手への重要なメッセージとなります。相手に対してどのように思われたいのか、今日の目的は何かにより、身だしなみや服装を変えることも、大切なビジネススキルです。ビジネスにおいては、自分がしたいファッションより相手がどう感じるのかの方が重要になるのです。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
ビジネスをしていると、取引先から訃報が届くという事態に遭遇することがあります。あまり多く経験することではないため慌ててしまいがちですが、取引...
business
ビジネス人気
電話は、今や固定電話というものを契約しない人が増えています。しかし、ビジネスでは、パソコンを前にしながら固定電話が置かれています。新入社員に...
business
ビジネス人気
手紙やメールで、役職のある方に宛名を書くこともあります。「さあ、たいへんです。」というのも、送る相手が役職のある方なら、その宛名の書き方で迷...