business

ビジネスにおいて、上下関係は必ずあるもので、上の人にはきちんとしたビジネスマナーを見せる必要があります。飲み会で遅くなった時に、上司をご自宅までタクシーでお送りするという場面に出会うことはよくあります。

支払いは二の次

上司と一緒に、あるいは取引先の方と一緒にタクシーに乗る機会があったときにもビジネスマナーというものを心得ておかなければなりません。上座は、ずばり運転席の後ろです。これを知らない社員の中には「降りるときに最後に降りるのだから、自分が支払いをするのに都合のよい運転席の後ろに座るべきだ」という誤った考えの方がおられます。もちろん支払いは、するべきですが、それはどこに座っていようとできるものです。

安全性を考えて

上座や下座の区別は、安全性からきているのです。実は、運転席の後ろの席は一番安全であるということから、上座となっているのです。一般に車に乗る際、事故を起こしたときに助手席が一番危険であることはよく言われます。もし、タクシーに4人で乗車する場合に助手席が一番危険、そしてその後ろも、もちろん後部座席の真ん中も危険性があります。運転している人は、万一の時には、人間としての本能として身を守ろうとします。ですからその後ろが一番安全ということになります。一緒にタクシーに乗車するメンバーの中で一番偉い人は運転席に後部席に座ってもらうのがビジネスマナーなのです。

安全面だけではないことも

では、3人で乗車し、上司が二人いたとしたらどうでしょうか。お分かりでしょうが、助手席後ろの席が次の上席になります。では、4人いたらどうでしょうか。後ろの席に3人が座ることになります。「後ろの真ん中は窮屈だ」…その通りです。上席を決めるのに安全面の次に大切なことは乗り心地です。安全面だけを考えると、上席は「1.運転席の後ろ 2.助手席の後ろ 3.後部座席の真ん中 4.助手席」という順番になりますが、体の大きさのこともあり、助手席に座っていただくほうがいい場合もあります。

タクシーに乗るとき上座をどう勧める?

さて、上席については理解していただけたと思いますが、実際の場面で「どう勧めるか」ということも大切なことです。タクシーに乗車するときには最もえらい人を後部座席の奥(最良の席)を勧めます。ただここで押さえておきたいことは「マナーを知っている(運転席の後ろを勧めること)が無理強いはしないことです。例えばえらい方が、助手席に座って道案内をされることもあるでしょう。また、助手席がお気に入りの方もおられるでしょう。マナーを心得ていることだけを示せれば、それ以上はえらい人の好きなようにしてもらうようにしましょう。

タクシー会社名は重要

えらい人とタクシーに乗るときにビジネスマナーとして忘れてはならないことは、タクシー会社の名前と運転手の名前をメモしておくことです。飲んでいたり、考え事をされていたりしてえらい人がタクシーに忘れ物をすることも考えられます。万一えらい人が忘れ物をしたときに、あなたの評価は確実に上がります。

まとめ

タクシーから降りるときには、忘れ物がないかを確かめるのもビジネスマナーとしての常識だと言われる方もいるでしょう。でも降りるとき、介抱したり荷物を持ったりとしなければならないことがあることを考えると、そこまで余裕があるかどうかということも頭に入れておかなければなりません。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事