ビジネスマネジメント

「えーっ、お前そんなことも分かってないのか!」上司の声が大きくなります。面接ではなかなか見抜けないのが「社会人としての心得」ではないでしょうか。面接マニュアルなどの本が出て、質問に対する答え方や専門知識は分かっているのに、この社会人としての心得ができていない新人はけっこう多いです。ここでは、ビジネスマナー以前の社会人の心得についてご紹介します。

「人とどう付き合えばいいかわからない」ということ

こういう人がいます。新入社員として入社して2,3ヶ月経っても「ビジネスマナーはきちんとできているのだが、あまり目立っていないなあ」という人がいます。また、仕事上の話はするが、たまに冗談を言っても乗ってこない、飲み会に誘っても断るなど、人付き合いが悪い人です。上司がこの「目立たない人」「人付き合いの悪い人」をよくよく分析してみると、次のようなことが分かります。

「目立たない人」「人付き合いの悪い人」は、「コミュニケーション不足な人」と言えるでしょう。しかし、その彼に聞いてみると「人付き合いが分からない」ようです。上司がビジネスマナーを指導しようとしても「人付き合いが分からない」と、ビジネスシーンにおける挨拶や言葉遣いどころではないということになります。このような「ビジネスマナー以前の社会人の心得」をどう指導していけばいいのか会社でも困っているところが多いのです。

「本に書いていないことはわからない」ということ

新人が思わず漏らした言葉です。「何を言っているんだ!」と上司が声を張り上げたようですが、彼にはわからないことなのです。新人教育として行われる研修では、管理職の方などがお話をされます。そんな時に「どう考えて働いていけばいいと思うか」という質問に対して彼は「働いてみなければ分かりません」という答え方をしたのです。だれが質問をしているのかも分かっていないし、「本に書いていないのでわかりません」というのと同じような答えになっていることに気づいているのでしょうか。

「人の悪口は言わない」ということ

これもビジネスマナー以前の社会人の心得の一つです。わざわざビジネスマナー研修で指導する内容ではないのです。その悪口が、いずれは自分の悪口として戻ってくるということをしっかりと分かっておかなければなりません。

「見ている人は見ている」ということ

会社では受付の人によくありがちなことですが、受付での言葉遣いや案内の仕方などの応対は学んでいても、「友人と思われる人と笑いあってリラックスしている」場面を取引先の社員に見られてしまったということがあります。せっかくビジネスマナーを学んで身に付いてきているのに、この一場面でその受付の人は低評価となります。

まとめ

最近では、よくコンプライアンスについての研修が実施されます。当然知っておくべきルールやマナーについて守らない人が多すぎるという会社の悩みとなっています。このコンプライアンスもビジネスマナー以前に「してはいけないこと」として分かっていて当然のことでしょう。このように、ビジネスマナーを指導するにしても、それ以前の社会人の心得というものが分かっていないと、ハラスメント指導する意味がなくなるのです。

 

 

 

席順とは

席順というのは、部屋の中でどこが一番いい席で、どこが二番目にいい席なのか、という順番のことです。ビジネスマナーにおける席順は、敬意を表す大切なポイントで、目上の人には上座と呼ばれる一番いい席に座っていただくのがおもてなしの基本です。席順は部屋の形によって決められています。自分が部屋に座るときだけでなく、お茶をお出しする順番を知るためにも、席順はしっかりと把握しておきましょう。

応接室に多い4名の場合の席順

基本的には、部屋の入り口からみて一番奥が上座になります。来客対応をする際に一番多く使うのが応接室です。会社の応接室は、ほとんどが洋室です。洋室の場合は部屋の入り口から見て、縦向きにテーブルが置いてあり、その左右に椅子やソファーが置いてあります。入り口から見てテーブルより向こう側が上座、手前が下座になります。さらに、テーブルの向こう側でも、部屋の入り口から見て奥側が上座で手前が下座になります。4人分の椅子がある場合は、一番の上座はテーブルの向こう側かつ部屋の一番奥になり、次がテーブルの向こう側かつ入口側、次がテーブルの手前側で奥側、最後が一番入り口から近い席になります。

会議室に多い6名以上の場合の席順

会議室などでは、長テーブルの左右に3脚以上の椅子が並び、6名以上の人が座れるようになっていることが多いです。応接室と同じく、部屋の入り口から見てテーブルの向こう側が上座、手前側が下座です。しかし、片側に3名以上の人がいる場合には、一番の上座はテーブルの向こう側の真ん中になります。次にテーブルの向こう側の奥側、その次がテーブルの向こう側の入り口に近い席です。テーブルより手前側でも同じく、真ん中、奥、入り口近くの順番になります。

和室の席順は床の間がポイント

和室の特徴としては、入り口から見てテーブルが横向きにあることが多い点です。部屋によっては床の間があります。一番の上座は入り口から一番遠い席となりますが、床の間がある場合には床の間の前になります。次がその隣の席、次にテーブルの手前で入り口から遠い方、最後に一番入り口に近い席になります。

エレベーターの中での席順

お客様を案内するときなど、エレベーターを利用することもあると思います。エレベーターの中にも席順はあるので気をつけましょう。ポイントは操作パネルの位置です。エレベーターは機種によって操作パネルの位置が異なりますが、操作パネルがある側の一番奥が上座になります。次が操作パネルのない側の奥側、次が操作パネルのない側の手前側で、一番下座は操作パネルの前です。

自動車内の席順

自動車の中にも席順はありますので、覚えておきましょう。自動車の席順はタクシーなどの運転手がついているときと、自分たちのメンバーの誰かが運転しているときに分かれます。タクシーなど運転手がついているときには、運転席の後ろが一番の上座になります。次が助手席の後ろになります。もし後部座席に3名座る場合には、その次の上座は真ん中になります。一番の下座は助手席です。メンバーの誰かが運転するときには、助手席が一番の上座になり、その次が運転席の後ろ、次が助手席の後ろ、一番の下座は後部座席の真ん中になります。

まとめ

応接室だけでなく、エレベーターや車内など、様々な場面で席順があります。案内を間違えると失礼な態度となりますので気をつけましょう。決まっているとはいえ、エレベーターや自動車などはその場の人数や、本人の希望により、臨機応変な対応も必要です。席順も1つのおもてなしですので、相手の方が気持ちよく過ごせるように気を配りましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事