ビジネスマネジメント

現在では、コンプライアンスの観点などから接待を受けることを厳しく律している企業もあります。そういった事情から、仕事を発注する側(本来接待をされる側)も飲食代を負担することも少なくありません。ただ、飲食を共にし、ビジネス上の付き合いを深めるという意味では、そういった食事の場も接待と大きな違いはありません。接待について基本を押さえ、仕事に活かしましょう。

接待の心得その1 相手の好みを知っておく

初対面であまりよく知らない人を接待することは、通常ありません。営業活動などの目的で何度か会って、さらに「相手のことを知りたい」「相手との関係を深めたい」という段階で、接待は行なわれるものです。
営業活動を行なっている最中には、仕事の話だけをするのではなく、ちょっとした雑談をすることもあるかと思います。そういった雑談の中から、相手の好みを探るなど、日頃の情報収集が鍵を握ります。

接待の心得その2 最適なお店を選ぶ

接待相手の食べ物の好みを把握し、お店を選ぶことは大切なことです。ただ、相手はどういう性格の持ち主なのか、またその場でどんな話をすることになるのかなどを加味し、お店を選ぶことも必要です。接待相手と混みいった話をするのに、騒がしいお店はふさわしくありませんし、接待相手が若くて元気なタイプな人だった場合、落ち着いた超高級店だと接待相手はくつろげないかもしれません。
接待相手がくつろぐことができるか、また相手とどんな話をしたいかという目的を明確にし、それに沿った店を予約することが重要です。

接待の心得その3 お迎えからお見送りまで、相手を心地よくさせる

接待では最初から最後まで、気遣いが必要です。
・予約
接待をする際には、通常お店を予約します。また、その際お店には「接待である」ということを伝えておくことが良いでしょう。
・お出迎え
まずは接待相手よりお店に早く着き、店の前などでお出迎えをするのが良いでしょう。手土産などがある場合は、あらかじめお店の人に預かってもらうこともできる場合が多いです。また、お会計のタイミングなども打ち合わせておくことができるれば、スムーズです。
・会食中
常に相手の食事のペースなどに気を配り、相手のグラスが空になっていることがないように気を配る必要があります。また、その会食時に話しておきたいことがある場合は、乾杯後の早い段階で(お酒を飲む場合は相手が酔っ払う前に)話します。
・お会計とお見送り
相手がお手洗いに立ったタイミングで、または自分がお手洗いに立つふりをするなどして、スマートにお会計を済ませましょう。相手が安全に帰宅できるよう、タクシーを手配したり、最寄り駅までお見送りするなどの配慮も必要です。

接待の心得その4 話を途絶えさせない

接待に限らず相手のことをよく知らない場合は会話は途切れがちになってしまうこともあります。そんなときは、「きどにたてかけし衣食住」(気候・道楽(趣味)・ニュース・旅・テレビ・家庭・健康・仕事・着る物・食べ物・住まいの頭文字をとったもの)を利用し、話の糸口を見つけましょう。

まとめ

緊張しすぎている相手と一緒だと、食事は楽しめないものです。決してお酒を飲みすぎてはいけませんが、あなたも少しリラックスをして会話を楽しみましょう。普段の営業活動ではなかなかできない話を聞けるかもしれません。ただし、話を聞いただけで終わってはいけません。それをどのように日々の営業活動で活かすのかが、あなたの腕の見せどころです。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事