business

ビジネスマナー返事は「はいはい」?「よろしかったでしょうか」?

「ビジネスマナー」に限らず、頭では正しくない日本語だと理解しているのに、思わず言ってしまいがちな話し言葉や使ってしまいがちな書き言葉を紹介します。「言葉は生き物」という言葉がありますが、ここで紹介する言葉はまだまだ市民権を得ているとは言えないでしょう。

思わず言ってしまう話し言葉

気をつけているつもりでも、ついつい言ってしまいがちなこれらの言葉。普段の口癖を見直してみましょう。

返事としての「はいはい」

保育園や幼稚園の頃から、あなたも周囲の大人に注意されたはずです。「返事は一回で」。

ただ、相手の話の相槌を打つために「はいはい」と言っている場合は、相手も不快には思わず何の問題もないことが多いでしょう。先輩がどのような言葉遣いをしているのかをしっかり聞き、まずは真似をしてみましょう。

おうかがいを立てる?「よろしかったでしょうか」

明らかな過去のことでもないのに、ついつい「よろしい」を過去形にしてしまうこの形。使用する人も増えてはいるかとおもいますが、まだまだ市民権を得ている言い方には程遠いでしょう。この表現が使えるのは、明らかに過去の行為に関してのみです。

例えば、あなたが誰かと思い出話をしている場面で、相手に自分の行為が正しかったかどうかを相手に問いたい時に使用するのは、誤りではありません。しかし、こういった場面で使用することはおそらく多くないはずですし、話の流れにもよるものの、多くの場合、「~~~でよろしかったのでしょうか。」「~~~でよかったのでしょうか。」の方がより適切であると思われます。

一回何らかの判断をした行為について相手に尋ねる場面では、多くの場合、まだやり直しが効くはずです。以下の例について、考えてみましょう。

あなたが洋服屋の販売員だったとします。ある日、年配の客に「あの”あお”の服をとって」と依頼されたのに、店内には青の服はなくエメラルドグリーンの服か深緑の服しかなかった場合について考えます。店員は緑の服を手に取り「こちらでよろしいでしょうか。」と尋ねるのが正解です。(「これは’あお’ではありません。」と言うのは接客業としても不正解です。緑のことを’あお’と呼ぶひともいますし、何よりお客様に恥をかかせてはいけません。)

使ってしまいがちな書き言葉

話し言葉よりも冷静になれるはずの書き言葉。ただ、メールでのやり取りが手紙のやり取りより圧倒的に多い現在においては、より気軽に誤った日本語を使ってしまいがちです。

実は失礼な「~~していただきたく。」

何となく格好良くみえるから、もしくはビジネス言葉らしく感じられるからという理由で、使ってしまいがちな「~~していただきたく。」という言葉ですが、使う相手次第では失礼にあたります。話し言葉でも書き言葉でも言葉を途中で切るという行為は、その先を相手に想像させることにつながるため、一般的に失礼とされています。

さらに言えば、「~~していただきたく存じます。」という言葉は、相手に選択肢を与えない言い方のため、命令形の丁寧な言い方だと考えた方が良いでしょう。相手にお願いをする際には、「~~していただけますか。」など、形式上だけでも相手に選択肢を与える方が丁寧です。(英語でも、’Please ~’は命令形で、’Can you ~?’の方が丁寧だとされています。 )

「相手にわかりやすく伝わり、相手を不快にさせない」言葉を選択することが必要です。

まとめ

ここまで、現時点では誤りとされる日本語を紹介してきました。
しかし、「言葉は生き物」です。例えば、明治時代には「全く」の語尾は必ず「ない」だとされていました。現在では、多くの人が違和感を抱かないように、ここで誤りの例として紹介した言葉も、そのうちに明確に誤りとは言えなくなる日が来るのかもしれません。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
同期
ビジネス人気
目次1 まずは清潔にすること2 爪が伸びていないか3 下着が透けてないか4 社会人としての髪型は適切か5 意外に見られる汚れやシワ まずは清...
スーツ
ビジネスマネジメント
目次1 ワークライフバランスの取り組みの効果2 ワークライフバランスの効果3 ワークライフバランス獲得のためにできること ワークライフバラン...
business
ビジネス人気
ビジネスにおける電話の受け方の基本的な部分も非常に大切ですが、電話でかかってくる内容もさまざまです。ビジネスマナーとしての電話の受け方を基本...