ビジネスマネジメント

英語ごとのニュアンスも確認

簡単な言葉をビジネスシーンに相応しい表現に置き換えるとき、複数の候補がある場合は、必ずニュアンスを調べておきましょう。微妙な違いが確認できるとさらに認識も記憶もアップします。何より間違った使い方をする可能性が減ります。

ニュアンスを知るのに役立つツール

ニュアンスを掴んでいくには比較認識が役に立ちます。単語の類義語を検索してその違いを日本語や英語で検索してみましょう。多くの情報がヒットしてきます。類義語の検索は、thesaurus.comという辞書サイトがおすすめです。WordReference.comのサイトやThe Free Dictionary Language Forumsのサイトでもニュアンス把握に役立つ検索ができます。

動詞をランクアップさせる

tell→ inform、notify
I informed him of his rights.
私は彼に彼の権利を知らせました。
If you have any complaints, please notify us.
ご不満な点がございましたら, 私どもにお申し出ください。

finish→ complete、conclude、terminate
I completed writing a paper last Sunday.
この前の日曜にレポートを書き終えました。
He concluded not to go.
彼は行かないことに決めました。
This train terminates at the next station.
この列車は次の駅が終点です。

stay→ remain
He remained behind after the meeting was over.
彼は会議が終わった後も残っていました。

change→ modify、adjust、amendment
If possible, I would like to modify the contract.
もしできれば、契約書を修正したいのですが。
I'll adjust my schedule accordingly.
私はそちらのご都合に合わせます。
He made amendments to the text.
彼は本文の修正をした。

problem → issue
Let's not forget what is at issue here.
ここで一番問題になっていることを心に留めておきましょう。

start→ commence、launch
The factory will commence operation next month.
その工場は来月操業を開始するでしょう。
We will launch three new products.
当社は新商品を3つ売り出します。

expect→ predict、forecast
No one can predict the future.
誰も未来は予測できない。
The forecast is based on past performance.
この予測は過去の実績をもとにつくられています。

check→ confirm
This is to confirm our plan to meet tomorrow.
明日のアポイントの確認メールです

自分のことを知る

何をするにも、対象になるものの現状を把握することは必須の項目です。ストレスに強くなりたい、ストレスをうまくコントロールできる自分になりたいという時も同じです。自分の現時点の状況を深く、そして正しく知ることがストレスマネジメント力を強化していく第一歩になります。

例えば、日記をつけるというのもひとつの方法です。楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、イライラしたことなどを書いていくことで自分の喜怒哀楽の傾向を知ることができます。どんなことで気持ちが消耗しやすいのか、逆にどんなことで気分が上がるのかを知っておくこともストレスコントロールのための大切な材料になります。気晴らしや気を紛らすために、自分には何が有効なのかも知っておきましょう。いつでもすぐに取り掛かれるような簡単なことをたくさん持っておくことをおすすめします。

理想像を描く

常に自分がなりたい姿を描くことは、自分の成長を促す効果があると言われています。確かに、そのために目標を立てたり行動したりする時というのは、たとえ困難なものであっても、自分の気持ちが落ちていくようなストレスはないでしょう。そんな心境の中で経験できるものごとは成長の糧となります。

なりたい姿になった未来の自分が、ストレスに押し潰されることなく前に進もうとする力を後押ししてくれるのです。悩んだり、悲しんだりは誰にでもあるものですが、その感情に囚われているばかりでは、なりたい自分にいつまでたっても近づくことができません。

自分の理想像は、自分のことをよく知ってから見つけましょう。自分のことが分かっていないと、一般論や誰かの期待に沿うことをしてしまいます。それが自分の理想の姿と一致するなら問題ありませんが、常識や周りの人の意に沿うものでなかったとしても自分の心とは一致しておく必要があるのです。ストレスを生み出さないためのとても大切な項目です。本来の自分の理想を追いかけている時というのは、とても強い心、そしてポジティブな心が養われているのです。

捉え方を学ぶ

自分の考えや価値観はそのままでも、見聞きすることの捉え方に幅を持たせることができると人生ががらりと変わるような変化が起きます。何よりも先に、捉え方の種類の増えると安定感は増します。自分の捉え方にさらに興味が出てくるようにもなります。

心理トレーニングを学んでいくと、今まで思いもしなかったような考えや発想に行きつくための手法に出会うことができます。そういう風には考えたこともなかった、確かにそうかもしれないと感じることが増えてきます。その先に見えてくる心理は人によって、もちろん異なってきますが、まずは、偏った捉え方をする自分や他の選択肢の存在を知ることが第一歩です。しかし、知ることと自分に身に付いているかということは別物です。心に染み込ませ癖付けするトレーニングの継続が必要になります。

ネガティブに物事を捉える習慣のある人は、無駄なストレスを抱え、自分をすり減らしてしまうことが多いです。捉え方を変えることで損する考え方から生産的なものの見方ができるようになります。解放されたような感覚を覚える瞬間がきっと増えてくると思います。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事