ビジネスマネジメント

接尾辞とは?

接尾辞は、単語の語尾についているアルファベットのことを言います。単語の終わりがどのようになっているかによって、単語の意味を知らなくてもあらかたの意味を掴むことが可能です。接尾辞の反映された単語の数は膨大です。そのため、接尾辞の理解によって自分のボキャブラリーを効率的に増やすことに繋がるのです。接尾辞から、名詞、動詞、形容詞の区別もできるようになります。ノンネイティブにとって英語のコミュニケーションの中で聞くときにも読むときにも「こういうことだろうな」という推測する力はとても重要になってきます。難しい単語に出会うようになったなと感じたら、接尾辞の学習を取り入れてみてください。単語を覚えるよりも簡単に記憶に残ります。

代表的な接尾辞の種類

ビジネスシーンでもよく使われる単語の接尾辞を挙げてみましょう。
-age(集合・状態・動作)
shortage、courage、encourage、passage
-ency(~すること・行動、状態、性質)
tendency、dependency、consistency、efficiency
-ics/-logy(学問)
technology、biology、politics、mathematics、economics
-ment(~であること・結果・状態・動作・手段)
shipment、retirement、advertisement、enrollment
-ness(~であること・性質・状態)
business、happiness、calmness、darkness、kindness
-tion(~であること・状態・動作・動作の結果)
attention、elimination、education、description、information
able/ible(できる、可能)
knowledgeable、favorable、available、capable、audible
-ful(性質)
respectful、peaceful、successful、useful、wonderful
-ly(副詞にする)
completely、directly、shortly、highly、improperly
-ize(~にする、~化させる・する、~になる)
actualize、stabilize、organize、finalize、apologize

接尾辞ateについて

接尾辞のateは、行為・行動・動作を「させる」「する」という意味の動詞を作ります。
また名詞を性質を表現して「のある」「…に満ちた」という形容詞表現にすることもできます。

accelerate(加速する)
advocate(主張する、支持する)
aggravate(悪化させる)
alternate(交代する)
anticipate(予測する)
calculate(計算する)
collaborate(協力する)
dictate(口述する)
elaborate(精巧につくる)
emigrate(移住する)
facilitate(促す)
participate(参加する)
vacate(身を引く)
candidate(候補者)

面接などの場面において、ノックが第一印象を決めてしまうこともあります。ノックの回数のビジネスマナーを押さえ、面接を有利に進めましょう。

実は国際標準が存在する?「ノックの回数」

日本では一般的にノックの回数はあまり重要視されることはありません。しかし、インターネットを検索してみると、『実はノックの回数にも”プロトコール”(マナー)という国際標準が存在している。』という記述を簡単に見つけることができます。

それによると、
ノック2回はトイレ用であり、
ノック3回は親しい間柄に行なうもので、
ノック4回が正式で丁寧
とのことです。

ただ、さらに調べを進めると、この『ノックの回数』についての”プロトコール”が、本当に存在するのかについては、諸説あるようです。日本以外の国々で実際にノックの回数についてルールが存在しているかはさておき、上記のノックの回数の”プロトコール”は、それなりに日本で広まっている知識でもあります。そのことは、頭に留めておいた方が良いでしょう。たとえ誤った知識であったとしても、「それなりに」広まっているとしたら、それを正しいと考える人たちもいるということだからです。

本来、「ビジネスマナー」とは、お互いがお互いを尊重し、気持ちよく過ごせるためのものです。もし、上記の『ノックの回数』に関する知識を持ち、回数を気にする人が周りにいたら、それは例え上記の『ノックの回数』に関する知識が間違っていたとしても、その人の思いを尊重するのが大人と言えるでしょう。ただし、やはり、4回のノックは回数が多いように思いますので、3回にとどめておくのが無難でしょう。

《豆知識:プロトコール》

様々なウェブサイトに、「プロトコールマナー」という記述が見られますが、プロトコールとはもともと国家元首同士の会談など、公的な場における儀礼のこととされています。(外務省のウェブサイト より)マナーもやはり儀礼のことですから、「プロトコールマナー」という言い方は誤りです。最近では、プロトコールという言葉は、国際的なマナーやエチケットの総称として使用されているようです。

《豆知識:ノックの回数についての”プロトコール”はなぜ広まったか》

このノックの回数についての”プロトコール”のインターネット上の初見は、2009/7/13のマイナビウーマンの記事ではないかという説が有力です。元キャビンアテンダントの美月あきこという先生が本件について触れている記事があります。(詳細は検索してみてください。)
『ノックは“絶対”3回以上! 意外と知らないお茶出しマナー』
ですが、同時に、「欧米圏で”ノックの回数”にはっきりとした決まりがあるという根拠を見つけるのは、難しい」というインターネット上の記事も見つけることができます。

まとめ

ビジネスマナーとしての”ノックの回数”については、議論の余地があることを紹介しました。ただ一つ言えることは、ノック自体は必要であるということです。室内にいるということは、扉を閉めている人の空間に入ることになります。誰かの何かしらの行動を邪魔することになるのです。その点を心に留め、失礼のないようにしましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事