会議

体に合うスーツを選ぶように言われますが、実際はどのように選べばいいのでしょうか。
また、自分の今持っているスーツは体にあっているといえるのでしょうか。
スーツ以外の小物を購入するときにはどのような点に気を付ければいいのでしょうか。
以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

体に合うスーツ、着こなしとは

・ジャケット
まず、丈はお尻がぴったり隠れるくらいの長さを選びます。
最近のデザインは、お尻の半分くらいの長さのものもありますが、
お客様のところへ行くようなフォーマルな場の場合は避けたほうがいいでしょう。

ボタンを閉じたときに、体とジャケットとの間に拳一個分の隙間があるようにしましょう。
あまり大きすぎたり小さすぎたりすると、変なところにしわが寄って不格好になってしまいます。

肩幅は、着てボタンをしたときに窮屈に感じず、腕の上げ下げがスムーズにできるものにします。
肩先をつまんだ時に1センチくらい余裕があるように選びます。
それ以上になると大きすぎなので調節しましょう。

ジャケットの着こなしとして、
三つボタンがついているものも二つボタンがついているものも、
一番下ボタンは外して着るのがマナーです。
また、型崩れを防ぐため、座るときにはボタンを外すようにします。

ポケットのふたは、本来汚れから中身を守るために存在します。
なので、外にいるときにはふたを出し、室内にいるときはふたをしまうようにしましょう。

・パンツ

もも周りのサイズとウエストを両方みて自分に合ったものを選びます。
太ももは後ろから生地をつまんだ時に第一関節分くらい余裕があるものを選びます。

丈に関しては選んだ種類によって異なります。
細身のデザインのものに関しては、靴を履いた時に靴にかからない程度の長さにします。
裾がゆったりとしたものに関しては靴に3~4センチかかる程度の長さにします。

パンツで特に気をつけなければいけないのは、センターラインです。
消えそうになったら、アイロンをかけたりクリーニング屋に持っていくなどしてラインがなくならないようにしましょう。

その他の小物の選び方

・シャツ

基本的には白、色がついていても淡いブルーくらいの色にしましょう。
特にお客様との接点がなく、オフィスワークのみという場合にはこの限りではありません。
最近では胸囲、首回り、ウエストなどでさまざまなサイズの既製品がありますので、
スーツのお店でサイズを図って選ぶといいですね。
襟にボタンがついているデザインのものはフォーマルではないので、場に合わない場合は避けます。

また、ジャケットを着た時に、襟が1~1.5センチくらい見えるものにし、
ジャケットから襟が出ないようにします。
袖は、手を下したときにジャケットから1から1.5センチくらい見える長さにします。

・ベルト

穴は、真ん中を使うように長さを整えます。
色はズボンに合った色を選びます。バックルが派手すぎないものにしましょう。

・靴

フォーマルの場では紐靴を選びます。
ベルトのデザインのものはフォーマルの場では使えないので紐靴を持っていると使い勝手が良いです。

・ネクタイ

ネクタイは、紺、えんじ色、グレーを持っていればどんな場でも使用できます。
太さはジャケットの襟の太さに合わせるようにしましょう。

まとめ

数あるスーツやその他の小物に関しても、フォーマルで使用できるものとそうでないものがあります。
いざという時にすぐに対応できるよう、フォーマル向けのものは揃えておきましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事