ビジネスマネジメント

シンプルな革素材は必須

ビジネスシーンでは、スーツでも、オフィスカジュアルであってもベルトを着用することはマナーのひとつです。ほんのワンポイントですが、センスあるビジネスパーソンは、このような小物にこだわりを持っていると言われます。確かに見た目を左右する者でもあるので、選び方も心得ておく必要があります。定番は革素材、そしてバックルに主張のないシンプルなものです。それだけでないベルトの着こなしかたのルールが存在しているようです。詳しく見ていきましょう。

ベルトの幅は?

ベルトの幅も色々ありますよね。男性の場合は、3~3.5センチがスタンダードできちんとした印象が保てるそうです。長さはベルトの真ん中の穴が使えるのが本来のベストフィットで着こなしのルールと言われています。極端に手前の穴を使う、奥の穴を使うとお腹回りの印象が悪くなります。お腹が大きく見えたり、シャツに余計なしわを寄せてしまうこともありますからね。バックルから3つ目の穴までの長さに1~2センチプラスした長さが自分のウエストサイズがジャストなベルトの長さなのだそうです。ビジネスパーソンとして、お腹のシェイプアップにも気を配りたいところなので、このジャストサイズを知っていつもの位置を徹底することで、見た目だけでなく、太り過ぎを感じたり、予防することも可能ですよ。

ベルトの色は?

ベルトの色の定番は黒です。ベルトの色を靴の色と合わせることで全身のコーディネートになります。黒のベルトは、ダークな色のスーツにももちろんフィットしますし、ライトな色と合わせると引き締まった印象を与えることができます。どんな服装にも合わせやすいのは黒とダークな茶色です。オフィスカジュアルの場合は、ネイビーや茶系のベルトも少し着こなしが必要ですが活躍してくれるでしょう。靴を茶系にする人も多いので、靴と合わせることでやわらかな印象を醸し出すことができます。時計も革素材という人は、腕時計のベルトの色も合わせてみると統一感が増すでしょう。何となく着用ではなく、全身の定番コーディネートが分かっていると、毎日の服選びもラクで楽しいものになると思いますよ。

女性のベルト選び

女性もスーツでベルト通しがあればベルトは必要です。ただ女性の場合は、幅も色もさらに選択肢が広いですよね。革素材でシンプルなものがいいという点は男性と同じですが、ベルトの種類で印象ががらりと変わってきます。細身の人は、細いベルトでバランスがとれるようです。太めになるとカジュアルな印象が強くなるようです。淡い色の服装では、黒、茶色、赤など引き締め感のある色味が適しているようです。

ベルトの保管とお手入れ

ベルトは丸めずに吊るして保管することを心掛けましょう。丸めてしまうと裏表にひびが入りやすくなったり、型崩れの原因になるようです。ベルトを掛ける位置を決めてフック掛けするようにしましょう。毎回探す手間も省けます。

また革素材であれば、いつもツヤ感と柔らかさを保つためにメンテナンスすることもおすすめします。革専用のオイルやミルクを塗って、きちんと拭き上げておくことを忘れないようにしましょう。定期的にメンテナンスを施すことで長持ちどもグッとアップすることでしょう。きちんとしたものを、自信を持って着用することもビジネスシーンでは大切な心理効果をもたらす要素になります。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事