business

応接室などと同じように、乗り物にも席次があります。乗り物の席次はそこまで厳密なものではありませんが、基本を知っておくことは大切です。本稿では、車をはじめ様々な乗り物の席次を紹介します。

車の席次

外出先や出張先で、お客様や上司と車に乗るときには、上座をすすめなければいけません。タクシーの場合と、お客様や上司がドライバーである場合とで席次が変わってくるので注意が必要です。
タクシーの場合、運転席の後ろの席が上座です。この席は最も安全性が高く、窓側で景色が見られるためです。次が、こちらも景色が見られる後部座席の左側の席、その次が後部座席の真ん中の席です。最も目下の者は助手席に座ります。助手席に座って運転手に行き先を告げたり、料金を支払ったりするのは目下の者の役割です。お客様や上司と二人だけで乗る場合は、助手席に座る必要はありません。まず相手に上座である運転席の後ろに座ってもらってから、自分は後部座席の左に乗ります。ドアが開いたら相手を先に通し、自分が後に乗ることで自然と席次を守った位置に座ることができます。ただし、社長など、地位がかけ離れた人の場合は助手席に座った方がいいでしょう。
上司やお客様がドライバーの場合、助手席が上座に変わります。次いで運転席の後ろ、後部座席の左側、後部座席の真ん中の順です。助手席に地位の高い人を乗せることで、運転手への敬意を表すことができます。二人だけで乗る場合は、後部座席には座らずに助手席に座りましょう。

その他の乗り物の席次

電車・新幹線と飛行機の席次は同じです。景色が見える窓側が最も上座、人通りが多くあまり落ち着けない通路側が次、真ん中の席が最も下座です。向かい合わせの席の場合は進行方向の窓側が最も上座、次いで進行方向と反対側の窓側、進行方向の通路側、反対側の通路側、進行方向の真ん中、と続き、反対方向の真ん中が最も下座です。
離れて座る場合は、電車では車両の真ん中付近が上座です。飛行機ではコックピットに近い席が上座、バスは車と同じで、運転席に近い席が上座です。バスや電車移動で席があまり空いていない場合、近距離の場合は立っていてもいいですが、距離がある場合は上司やお客様に席に座ってもらいましょう。立つ場合でもドア付近ではなく、つり革につかまれる車両の中の方に移動し、乗り降りの邪魔にならないようにします。相手だけでなく、他の乗客への配慮も忘れないようにしましょう。

まとめ

乗り物の席次のポイントは以下の通りです。
-安全で快適な席が上座
-応接室の席次以上に柔軟に対応する
安全性が高く、景色が見やすい席は上座、乗務員と話す必要があったり人通りが多かったりする席や、落ち着かない席は下座と覚えておくといいでしょう。飛行機や電車の席次はあまり知られていませんが、気にする方もいるので、覚えておくと安心です。とはいえ、お客様や上司によっては、落ち着ける場所が変わる場合もあるので、そこまでこだわらずに相手の好みに合わせた席に座ってもらうようにしましょう。相手を先に通すこと、荷物を上げるのを手伝うこと、タクシーは自動で開くとはいえ扉を押さえることなどの気配りを忘れずに行います。自分が上座に案内された場合も、適度な遠慮を見せることが大切です。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 ビジネスシーンでは社内会議がつきものです。しかしながら社内の会議といえども、守るべきマナーが存在しています。まず最初に社内会議の席次を把握...
報告
ビジネスマネジメント
目次1 新卒社員研修の目的2 新卒社員研修の内容3 新卒社員研修の内容の傾向4 新卒社員研修の期間設定5 新卒社員研修の理想の到達地点 新卒...