電話

忙しくても毎日振り返る

新入社員の時期は毎日が新しいことの連続で、気持ちもいっぱいいっぱいになっていくものです。しかし、どんなに忙しさを感じていても、どんな気持ちを抱えていても、一日の仕事を振り返る習慣を付けましょう。のちのち大きな効果や成果として現れることになっていきます。振り返りの方法は自分に合うものを探し出せるまで、いろいろ試してみてください。メモ帳に書き留めていくことがいいのか、アプリを活用して保存していくことがいいのか、手帳に書き込んで残したほうがいいのか、自分の業務スタイルなどによっても好みが分かれるところです。数週間続けてみて、その内容が振り返りやすい、確認しやすいという点を目安にして最終的に決めるといいでしょう。一日一回で構わないのですが、そのカテゴリ分けをしておくと役に立つシーンが増えるかもしれません。例えば、業務のこと、コミュニケーションのこと、スキルのことなどに分けておくのです。書く場所をカテゴリ別にするとか、色を変えて書くという手段も考えられるでしょう。

振り返りを続けるコツ

短く残すことで、仕事力を上げる2つの効果が得られます。ひとつは、要点を絞り込む効果です。ひとつのことを短文ですっきり残すことは、その日の振り返りだけでなく、蓄積した内容の全体的な振り返りにもとても活用しやすくなるのです。2つ目は、負荷が少ないので継続しやすいということです。始めはモチベーションも上がっているので長文も苦にならないかもしれませんが、数日続けいているうちに、面倒に感じることがきっと増えるでしょう。そうなると、振り返ること自体を止めてしまう確率が高くなってしまうのです。ほんの2,3分で完了できることを鉄則にしてみてください。また、各項目を決めておくことも大切な継続のための要素です。今日の問題点⇒改善の方法⇒行動、指示や指摘⇒自分の感情⇒改善点⇒行動、完了できたこと⇒その他にもできること⇒行動、振り返りでの大切なことは、必ず次の行動ステップを考える機会にするということです。

振り返りから得る上るサイクル

ただ、振り返る、反省するだけでは、前に進んだことにはなりません。有効な振り返りにするには、次のステップまで考え、そのステップのための行動に反映させていくことが大切です。1日1日の振り返りの中で見つける行動は、些細なことのほうが多いかもしれません。大きなことである必要もありません。些細なことさえ、変えていくことが大変だと感じることもきっとあると思います。振り返りは、常に意識を持って過ごしていく助けにもなってくれる存在となるでしょう。その小さな行動が積み重なったときに、大きな変化や成果を生み出す社員になることができるのです。よく同じ間違いをしてしまうような人には恰好の解決策になるでしょう。もし、改善しなければならないことが分かっていて、その方法に迷ったり、分からないというようなことがあれば、上司や先輩に相談するチャンスです。自分のひとつひとつの仕事に真摯に向き合い、向上のための行動をしていくことできっと自己評価も周りの評価も上げられる社員になっていけると思います。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
口コミ
目次1 食の資格―その細分化が起こりつつある2 日本安全食料料理協会とは?―その目的と社会への貢献は… 3  受験料は高いのでは?-いえいえ...
挨拶
ビジネスマネジメント
目次1 お客様が離れる原因2 サービス対応の質を向上させる3 商品やサービスに不満がある4 分かりづらい購入や契約のプロセス5 他に魅力的な...