business

打ち合わせを行うとき、お茶を出したり出されたりすることがあります。
これは相手をもてなす意味で行われる、日本の昔からの習慣です。
昔は女性の仕事でしたが、今では男女平等にお茶を出す可能性があります。
あなたはお茶の出し方のマナーをご存知ですか?
また、お茶をいただくときのマナーをご存知ですか?
突然こう言った場面に遭遇しても大丈夫なように対応をまとめましたので、
ぜひご一読ください。

練習しておきたい、お茶の淹れ方

ペットボトルやインスタントが簡単に手に入れられる時代になり、
自宅でお茶を淹れる機会がかなり減っているでしょう。
しかし、会社もそれで対応できるとは限りませんので、ぜひ練習しておきましょう。

①お茶を注ぐ前に、湯呑を温めるためにお湯を入れます
②急須に新しい茶葉とお湯を入れて1分ほど蒸らす
③湯呑のお湯を捨てて、お茶を7分目まで入れる
④茶托と湯呑は別にしてお盆にのせて運ぶ

茶托と湯呑はお盆にのせる際、必ず人数分を一度に運ぶ必要はありません。
無理のない程度に小分けに運び、無理をしないことも大切です。
必ず布巾を用意し一緒に持っていきます。
運んでいる際にこぼれる可能性があるので、きれいな状態で出します。

失礼のない、お茶の出し方

①ノックし「失礼します」と声をかけて入室する
②サイドテーブル(なかった場合は下座のテーブルの端)にお盆を置き、茶托にのせる
③上座のお客様の左側から出す。(出しにくい場合はこの限りではない)
柄のある場合は、柄が目の前にくるようにする。
また、話し中の際は軽く頭を下げて出す。
④退出時は「失礼します」と言い会釈をして出ます。

お茶を出す順番は、目上のお客様から出すのがマナーです。
しかし、着席していて誰が目上なのかわからない場合は、お客様の上座から出します。
上座は応接間の場合は入り口から一番遠い席、
会議室の場合は入り口から一番遠い机の中央となります。
構造によってどこが上座かわからない場合は、
あらかじめ上司に確認しておくといいでしょう。
お茶菓子を出す場合は、お客様から見てお茶菓子が左、お茶が右になるように置きます。
お客様の座り方によって置き方などが異なりますが、
「〇〇から失礼します」と一声かければ問題はありません。
会話の邪魔にならないように気をつけましょう。

失礼のない、お茶のいただき方

・お茶かコーヒーか聞かれたら…
⇒こちらは自身の希望を言っても大丈夫です。
ただ、複数で来ている場合は種類を統一したほうがいいです。
・お茶を出されたら…
⇒出して方がいなくなったら口をつけます。
温かいうちに一口ずつ飲むようにし、一気に飲みません。
全部飲み干す必要はなく、自分の飲みたい量をいただいてください。
・お茶菓子を出されたら…
⇒お茶菓子はいただくのがマナーです。
必ず「ご馳走様でした」は忘れないようにしてください。

まとめ

お茶出しがメインではないとはいえ、企業を印象づける重要な行為です。
会社の代表として見られているという意識を持ち、
失礼のない出し方をしましょう。
状況によってどうすべきかが大きく異なりますので、
お茶出しの基礎に慣れ、いかなる状況にも臨機応変に対応する力をつけましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
事務
ビジネスマネジメント
目次1 強みを伸ばすためにすること2 組織で強みを活かすためにすること3 強みを伸ばすために避けること4 強みが伸びるバロメーター 強みを伸...
事務
ビジネス人気
目次1 丁寧に返信する2 内容に沿って必要なものを準備3 持ち物確認メールがない場合 丁寧に返信する 内定が決まった会社から持ち物の確認メー...
business
ビジネス人気
得意先を訪問するときや、クレームのお詫びに伺う場合に手土産を持参することがあります。目的や予算を考え、適切な品を渡すことで相手にも好感を持っ...