business

遠方で通夜や告別式に出席できない場合や、香典を辞退している場合には、代わりに故人に花を贈ります。これを供花(きょうか・くげ)と言います。本稿では、取引先に供花を贈るときのマナーを紹介します。

供花を贈る流れ

供花は祭壇に置かれるものです。祭壇のスペースは限られているため、贈る前には取引先に承諾を得る必要があります。その際には、葬儀社の名前と連絡先を聞いておきます。
取引先の了承が得られたら、葬儀社に連絡します。葬儀社には喪主の名前と日程を伝え、供花の依頼をします。供花を一つのみ贈るか、一対つまり二つを贈るかも伝えましょう。
通夜に贈る場合には通夜の日の午前中に、告別式に贈る場合には前日に手配を行うといいでしょう。最低でも3時間までには注文するようにしましょう。どうしても間に合わない場合には、自宅に飾るための後飾りを注文してもいいでしょう。
会社として贈るときは、会社名と代表取締役の名前を芳名名札として記します。連名も可能ですが、名前は3名まで、目上の人から順に書きます。それ以上の場合は「○○部一同」と記します。
清算は、出席当日に行うか、後日振込で行います。

供花の選び方

供花の相場は一つ10,000円から20,000円です。一対で贈る場合はもちろん2倍になります。まずは上司にいくつ贈るか確認して、葬儀社の人に伝えます。上司に一対贈るように言われた場合でも、スペースの関係で一つしか贈れないこともあるため、あらかじめ上司に一つでもいいか確認しておきましょう。
供花の種類は、予算を伝えれば葬儀社の人がアレンジしてくれます。白や黄色の菊が一般的ですが、宗教や地域によっては別の花を選ぶ場合もあります。
葬儀屋の供花では、花の種類の指定はできません。したがって、故人との関係が長く、好きな花や色が分かっている場合には、花屋に注文するという手もあります。斎場の近くの花屋や、全国にチェーン展開している花屋であれば、葬儀場に花を届けてくれます。派手な色やトゲがある花は避けて、アレンジメントを頼みましょう。花屋に供花を贈りたい旨と予算を伝えれば、アドバイスをもらえます。花屋に頼む場合には、葬儀社よりも時間がかかることが多いため、早めに注文するようにしましょう。

まとめ

供花のマナーのポイントは以下の通りです。
-連絡の順番を意識する
-故人や遺族の意向に合わせる
訃報を受けたら、まずは上司に相談し、供花を贈るか、予算はどうするか相談しましょう。次に取引先に、最後に葬儀社の順で連絡します。個人の判断で誰にも相談せず注文してしまうと、トラブルの原因になります。また遺族によっては、香典だけでなく供花を辞退していることもあります。上司の了承だけで葬儀社に連絡してしまうと、取引先の意向を無視する形になりかねません。気を遣ったつもりが、かえって礼を失した行動になってしまうため、連絡は忘れずに行いましょう。
供花には、香典代わりという役割のほかに、故人の魂を慰めたり、故人への尊敬やお世話になった気持ちを表したりするという役割もあります。相手の意思を尊重した上で弔意を示せるよう、マナーをしっかり意識しましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
「えーっ、お前そんなことも分かってないのか!」上司の声が大きくなります。面接ではなかなか見抜けないのが「社会人としての心得」ではないでしょう...
電話
ビジネス人気
労働者も人間です。病気を患い仕事に行けない可能性もありますし、 時には気の緩みで寝過ごしてしまうなんてこともなくはないはずです。 問題になる...
business
ビジネス人気
 敬語は日本語特有のもので、人間関係の調和を保つために大切な役割を果たしています。本稿では敬語の基本及びその使い方を解説します。 目次1  ...
business
ビジネス人気
 ビジネスシーンでは腕時計から手帳、名刺入れまで、様々な小物が必要になります。学生時代と違い、各小物もビジネスシーンにふさわしいものを選ぶ必...