business

通夜や告別式の会場に入ったら携帯電話を使用するのはマナー違反です。
しかし、厳格な儀式の場ですからたくさんの細かなマナーがあります。
それを逸脱すれば、失礼に当たるどことか相手の怒りをかってしまう可能性もあります。
通夜や告別式での会場内でのマナーをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

焼香とは

焼香は故人を弔うために炊きます。
その香りには邪気を払い、霊前を沈め、冥福を祈るという意味があります。

焼香の仕方

この作法は宗教によって異なります。代表的なものを以下にまとめました。
・立礼焼香
椅子を用いられた会場での将校の仕方となります。
1. 焼香台の少し手前で立ち止まり、僧侶と親族に一礼します。
2. その後焼香台まで進み、遺影の前で姿勢を正して合掌し、一礼します。
仏教の場合は数珠を左手にかけている状態で行います。
3. 抹香を右手の親指・人差し指・中指で少量つまみ、目を閉じて頭を下げ、額のあたりまで持っていきます。
4. その後静かに手をおろし、香炉の中に入れます。それを1回~3回繰り返します。
5. 終わったら合掌し、遺影の方を向いたまま3歩下がります。再度、僧侶と親族に一礼をし、席に戻ります。
・座礼焼香
1. 最初に次の人に会釈し、中腰で祭壇の前まで行きます。そして、僧侶と親族に手をついて一礼します。
2. 座布団の前に膝立ちし、その後座布団の上に正座します。そして、遺影に向かって合掌し一礼します。
3. 抹香を右手の親指・人差し指・中指で少量つまみ、目を閉じて頭を下げ、額のあたりまで持っていきます。
4. その後静かに手をおろし、香炉の中に入れます。それを1回~3回繰り返します。
5. そして両手を使って膝立ちし後退します。
6. その流れで中腰になり、僧侶と親族に一礼し、中腰のまま席に戻ります。
・回し焼香
1. 隣の人から香炉が回ってきたら、軽く会釈をして受け取ります。
2. 香炉を自分の膝に置き、遺影に向かって合掌します。
3. 抹香を右手の親指・人差し指・中指で少量つまみ、目を閉じて頭を下げ、額のあたりまで持っていきます。
4. その後静かに手をおろし、香炉の中に入れます。それを1回~3回繰り返します。
5. そして合掌をし、隣の人に香炉を渡します。

どの方法にも言えることですが、はじめと終わりには僧侶と親族に頭を下げることを忘れないようにしましょう。
たくさんの人が会場にいるようであれば、香炉の中に入れる回数は少ないほうがいいです。

また数珠は、使用しないときは、左手の親指と人差し指にかけておきましょう。
お焼香をする際には左手にかけ、右手で焼香をしますが、
合唱の際は両手にかかるように数珠を持ちましょう。

まとめ

会場は厳粛な雰囲気に包まれ、されもが神妙な面持ちになっています。
その中では厳格なマナーにのっとり、故人を送り出します。
その際に恥ずかしくないようにマナーをしっかりと把握しておく必要があります。
前の人と同じようにすればいい、ではなくしっかりとマナーを理解し、
その行動の意味までも知っておくとより自然な行動に結び付きやすいです。
すべてが覚えられなくても、当日に会場入り前に復習するなどしましょう。

通夜の翌日には告別式が行われます。通夜と告別式をまとめて「お葬式」という呼び方をすることもありますが、通夜と告別式では行われることもマナーも異なってきます。本稿では告別式のマナーについて紹介します。

出席の前に

通夜の連絡は当日に来ることが多いため、服装や時間のルールはそこまで厳しいものではありません。しかし、告別式では前日までに連絡が来るため準備の時間が十分あることから、マナーをしっかり守る必要があります。
服装は、男女ともに喪服を着用することがルールです。男性は黒いネクタイをし、カフスやタイピンをつける場合は地味なものにします。女性は黒いストッキングかタイツを履きます。靴は黒ですが、ヒールが高すぎるものや、エナメルなど光沢のある素材は避けましょう。アクセサリーはパールのものをつけます。二連になっているものは、不幸が重なることを連想させるため、マナー違反です。革のコートやバッグは殺生を連想させるため、こちらも厳禁です。
ハンカチや傘などの小物にも注意を払う必要があります。黒や白など、地味な色で、光沢がないものを選びましょう。
通夜に参加しない場合や、香典を渡していない場合は、香典を用意します。紫や黒のふくさに包むと、さらに丁寧です。
上司の代理で出席する場合には、上司の名刺を1枚持参します。名刺の右上に「弔」の字を書くか、左下を少し内側に折ります。また、自分の名刺の右上には「代」と書いておきます。

出席中のマナー

会場には10分前までに到着します。会場に入ったら、携帯電話の電源は切っておきましょう。受付でお悔やみの言葉を述べ、上司と自分の名刺、香典を差し出します。記帳は上司の名前で行います。通夜にも参加する場合は、香典と名刺をすでに渡したことを伝え、記帳だけ行います。記帳のときに、香典の返礼品の控えを受け取ります。
席の位置は通夜と同じ、祭壇に向かって左後方です。記帳が終わったら席に着き、焼香の順番を待ちます。焼香のルールは通夜のときと同じです。
全員の焼香が終わったら、引換券と香典返礼品とを交換します。その後、出席者が棺に花を入れ、遺族が棺を閉じます。別れの儀は希望者のみで行いますが、取引先として出席する場合にはなるべく参加するようにしましょう。
最後に、故人を火葬場へ運び出す出棺が行われます。火葬場には親族のみが行くことが一般的ですが、特に親しくしていた取引先の場合、同行するように声をかけられることがあります。その場合はバスに同乗し、火葬場に向かいます。
同行しない場合は会場の外に出て出棺を見送ります。冬でもコートなどは身につけず、合掌し、頭を下げて見送ります。

まとめ

告別式のマナーは以下の通りです。
-服装や持ち物には細心の注意を払う
告別式では、喪服を着ることはもちろんのこと、小物も地味なものを選ぶように気をつけなければなりません。色だけでなく素材や模様などにも気を遣いましょう。女性の場合は、香水や派手なヘアスタイルも避けましょう。コートやマフラー、手袋などは告別式の間は身につけませんが、それでも派手なものは避けるべきでしょう。通夜は告別式と違い、しっかり準備をした上で出席することが期待されます。上司の代理として出席する場合もそうでない場合も、会社の代表として出席していることには変わりません。めったにない機会だからと確認を怠るのではなく、責任感をもって正しいマナーで出席できるよう普段から心がけておきましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
事務
ビジネス人気
目次1 丁寧に返信する2 内容に沿って必要なものを準備3 持ち物確認メールがない場合 丁寧に返信する 内定が決まった会社から持ち物の確認メー...
business
ビジネス人気
 社内会議では「聞く」時、そして「話す」時、いずれも社会人としてのマナーが必要とされます。本稿では社内会議の「聞く」時のマナーについて解説い...
business
ビジネス人気
取引先のオフィス移転や支店設立の際には、お祝いの電報とともにフラワーアレンジメントを贈ります。取引先に喜んでもらえるよう、どんな花をどのタイ...