事務

男性のビジネスにおける戦闘服なのがスーツなのに対し、女性は比較的自由度が高いです。
必ずしもかっちりとしたスーツが求められる会社は多くはありません。
だからこそ気を付けなければならないという見方もできます。
男性のように、スーツネクタイジャケットと決まっていればあとはそれを守るだけですが、
女性にはその型がありません。だからこそ、ビジネスマナーの本質を十分に理解していないと
逸脱し相手にとって失礼になってしまう可能性もあります。
そんなわかりにくい女性の服装のマナーについてまとめましたので是非参考にしてみてください。

女性の服装は職場に合わせる

女性が基準にすべきなのは、
・その仕事にふさわしいかどうか
・職場の雰囲気や上司の服装に合わせているか
です。
例えば…
外勤や営業・・・スーツが基本。短いスカートなどは避ける。
内勤や事務・・・服装は比較的自由。
販売や接客・・・販売しているものに合わせる。
など、勤めている内容によってかなり差が出てきます。

そして女性で大切なのは、職場の空気を乱さないことです。
女性は服装などのマナーに対してはたいへん敏感です。

職場が年齢層高めだった場合には、
まじめな印象のある服装で、露出なども控える必要があります。
スカート丈は膝丈ぐらい、ストッキングは必須で、色味も落ち着いたものが好まれます。

絶対NGな服装

・華美すぎる
奇抜な模様や目に痛い色など明らかに職場にふさわしくない色や柄物は避けるようにしましょう。
指輪の重ねづけや、じゃらじゃら音のなるネックレスなどもやめましょう。
・不真面目にうつるもの
スウェットに近い服装や体とサイズの合っていないもの、破れているものなど、
仕事をするのにふさわしくない服装はやめましょう。
・仕事をするのに邪魔なもの
アクセサリーや長い袖口など仕事をするのに引っかかったりして邪魔になるものは
避けるようにしましょう。
・セクシーすぎる
短いスカートや肩の出た服など、露出の激しい服装は着用すべきではありません。
これは女性の視点からではなく、男性の視点でも同じことが言われます。

女性特有のマナー

・ストッキングの伝線
日本のビジネスマナーではストッキングの着用はほぼ必須です。
最近では丈夫なストッキングが出回ってはいますが、それでもストッキングに対して
苦手意識を持っている女性も多いはずです。
特に伝染してしまい、使い物にならない、ということもありまえます。
会社に一つ予備としておいておくといいでしょう。
・下着が透ける
夏場の薄着のシーズン、白いシャツを着て下着が透けて見える、ということも。
下着の色によってはそれが目立ってはしたなくなってしまう可能性もあります。
出勤前に必ず全身鏡の前に立つようにし、そういった部分も気にかけるようにしましょう。
そして、下着の上には必ずキャミソールを着るようにすればそういったことも回避できます。

まとめ

女性の服装選びはとても難しいですが、
仕事場はおしゃれをする場ではなく、仕事のしやすい格好いる場であるということを意識し、
会社の先輩の服装を見ながらそれに合わせるようにしましょう。
清潔感があるかどうかもとても大切で、仕事中は常にみられているということを忘れずに、
身だしなみにも注意しましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
身だしなみ
ビジネスマネジメント
目次1 就業規則は作って終わりではない2 就業規則の記載事項レベル3 就業規則と雇用契約書の内容 就業規則は作って終わりではない 就業規則は...
電話
ビジネス人気
目次1 忙しくても毎日振り返る2 振り返りを続けるコツ3 振り返りから得る上るサイクル 忙しくても毎日振り返る 新入社員の時期は毎日が新しい...
business
ビジネス人気
 会社等の職場は様々な世代の人が働く組織です。個人であっても、入社後は会社の一員となり、外部からは○○会社の××さん、という見られ方をします...