ビジネスマネジメント

新入社員研修の定番の中身

社会人としての心構え
新卒の新入社員は、社会に出て戸惑うことも多くなります。その戸惑いの原因は、学生時代と社会人とのギャップを感じるからです。社会人として、どのような心構えを持っておくべきかという基本を自分に浸透させるための研修時間は、ほとんどの企業が何らかの説明を通して設けられていると思います。社会人1年生にとっては「へー、そうなんだ」という部分もたくさんあるでしょう。しっかりと納得するまで考え抜くことが、良い心構えに繋がっていくでしょう。

基本的なビジネスマナー
日常生活と同じと考えていては、こなしていくことが難しいのがビジネスシーンでのマナーです。実際の現場では、状況や相手に応じて臨機応変に対応していくことが求められるのですが、まずは基本の項目を徹底して身に付けたいところです。ひとつひとつ丁寧に覚えていく姿勢が大切です。マナーのひとつひとつに意味や意義があることを知って、確実に習慣化できるようにしましょう。

企業の理念・就業規則やルールの説明
新人研修は、企業のことをさらに知る大切な機会にもなります。研修の中に組まれているカリキュラムや活動はその理念やルールを反映していることも多いものです。これから組織の一員として働いていく際に、会社がどこに向かっているのか、どんな貢献を求めているのか、しっかりと把握しておくことで、現場での業務の姿勢もきっと変わってくるはずです。もちろん、守らなければならない細かいルールも各企業で異なっているはずです。新卒、中途に限らず、周りと息を合わせていくためにもきちんと順守することが必要です。

新入社員研修での習得事項

業務内容の習得
新卒の新入社員の場合は、研修では業務についていちから説明を受けることになるでしょう。中途の場合は、基礎的なことは省いて、企業の独自の方針や業務フローについての指導を受けることもあるでしょう。自分の役割を適切に、迅速に、正確に行っていくために必要なことを習得しなければなりません。

特定スキルの向上
職種によっては、向上させるべき特定のスキルがあるものです。コミュニケーション能力、ヒアリングスキル、質問力を上げること、言葉遣いもビジネススキルのひとつです。プレゼンテ―ションの指導が研修に組まれることも多くなっています。営業やカスタマーサービスなどでは、ロールプレイングの研修が重視されます。また現場の先輩について学んでいくOJTスタイルの研修も多いようです。

個性的な新入社員研修

基本的な定番の新入社員研修の内容に加えて、ユニークなカリキュラムを組み込んでいる企業もあります。ものづくりをさせる研修では、周りと協力し考えを出し合いながら完成させる中で、チームワークを実感させることが目的とされているようです。また、企画、リサーチ、計画、段取り、書類の作成、コストへの意識など、ビジネスで不可欠になる、さまざまな要素を学ぶことも可能です。一見関連性の低いと思えるような外部組織にお世話になりながら、接客や対応力を磨くことを目的にした研修もあるようです。特異なところでは、サバイバル研修、ゲームを通しての研修、ハードな肉体トレーニングなどもあるようです。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事