business

取引先や上司などとの会食では、言葉遣いだけでなく、飲食の所作にも気をつけなければいけません。和食では、箸の使い方はもちろん、蓋の開け方や皿の取り扱い方などにも細かいマナーが決まっています。本稿では箸の使い方を中心とした和食のテーブルマナーについて紹介します。

忌み箸・嫌い箸

忌み箸とは、宗教上の理由で避けるべき箸の使い方という意味で、嫌い箸とは、他者に不快感を与えるという理由で避けるべき箸の使い方を指しますが、これら二つの言葉は区別なく使われることが多いです。以下に、よくやってしまいがちな忌み箸・嫌い箸を記します。
-拝み箸
食事の前に箸を両手で持って手を合わせ、「いただきます」という行為は、実はマナー違反です。丁寧に行動したつもりが、特に年長者には不快感を与えてしまいます。「いただきます」と言ってから箸を取りましょう。
-ねぶり箸
箸を口の中に入れて舐めることで、箸についた米粒などを取る行為です。箸のマナーを知らない人にも直感的に不快感を与えてしまいます。接待など正式な食事の場では、懐紙と呼ばれる紙をポケットなどに入れておき、箸の汚れはそれでふき取るようにしましょう。ただし、懐紙は相手に見える場所に置いてはいけません。
-返し箸
大皿などから食事を取り分けるとき、箸を逆に持ち取り箸の代わりとする行為です。その箸を使いその後も食事をすることを考えると見た目が悪く、相手に不快感を与えてしまいます。正式な場では、店員に取り箸を持ってくるようお願いしましょう。
-渡し箸
箸を手から離すとき、取り皿などの上に置く行為です。箸置きの上に置くことがマナーですが、箸置きがない場合には箸袋を折りたたんで代わりとしましょう。

その他のマナー

蓋がついた料理は、左手でお椀を持ち、右手で蓋を時計回りに回して開けます。蓋を少し傾けて水滴がお椀の中に落ちるようにします。このとき、蓋の裏が相手に見えないように注意します。また、箸は箸置きに置いたまま行いましょう。蓋は裏返してテーブルの上に置きます。お椀が右にある場合は右横に、左にある場合には左横に置きましょう。
焼き魚など一尾の魚を食べるときは、頭側つまり左側から食べます。まずは骨の上側を食べ、その後骨を外して皿の端に置き、下側を食べましょう。食べられない部分は皿の端にまとめておくと見た目が良くなります。
和食では、フランス料理などのコース料理と違って、たくさんの種類の食べ物が一度に出てくることが普通です。いくらおいしいからといって、一つの食べ物ばかり食べることはマナー違反です。器を手に持ちながら、どの料理もまんべんなく食べていきましょう。ただし、天ぷらなど一口で食べられないものは、食べかけをお皿やお茶碗に戻してはいけません。

まとめ

和食のテーブルマナーのポイントは以下の通りです。
-箸の使い方に十分注意する
-器を丁寧に扱う
箸のマナーは、本稿では紹介しきれないほどたくさんあります。箸をご飯に突き刺したり、箸から箸へ食べ物を渡したりことがマナー違反なことは誰でも知っていますが、中には無意識にしてしまう行為もあるため、注意が必要です。
器は、手で持てる大きさのものは手で持って食べることが基本です。利き手で器を持つときは、箸を置いてから持ちましょう。また、大皿を自分の方に寄せるときは両手を使います。これらの行為は、器を大切に扱おうという気持ちがあれば無意識にできることです。
社内の飲み会などではそこまで神経質になる必要はありませんが、正式な場では、誰に見られても恥ずかしくない所作が求められます。マナーを前もってしっかり頭に入れ、食事の場を楽しみましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
社会人にとって、体調管理は大事な仕事の一つです。しかしいくら体に気をつけていても、具合が悪くなったり、事故にあったりして入院を余儀なくされる...
business
ビジネス人気
 オフィス内でついつい取ってしまう、NG行動を集めてみました。小学校時代から私語は慎むように注意をされてきた方も多いと思いますが、オフィス内...