ビジネスマネジメント

男女共通営業バッグの選び方

営業職のバッグの選び方は、以下のポイントを押さえて選んでみましょう。営業活動をスムーズにするための大切な重要項目です。

・A4サイズがラクに収まる大きさと形
・A4サイズがラクに収まるカタチ
・バッグの重さは軽いほど良い
・落ち着いた色味のもの
・汚れや傷が目立たない
・バッグが立てて置ける
・バッグ自体の機能性が高い

ほとんどのビジネスバックはA4が入るように作られているようですが、A4サイズの用紙をクリアファイルや封筒に入れると若干大きくなることもあり、実際には四隅まで余裕があるとは限りません。購入の際には、持ち運ぶことになるサイズの実物を入れて確かめてみるのが賢明です。営業職は書類やパンフレット、メモやノート、電子機器など持ち物がとても多くなります。バック自体の重さは限りなく軽い方が便利です。しかし、薄くて形状が保てないものは、書類を入れるバッグとして適しません。きちんと形状の保てないと書類が曲がってしまうだけでなく、いちいち手で支えて取り出す必要が出てきます。また、営業はバッグを訪問先のテーブルやソファに置かないので、汚れを底の部分だけにするためにも自立型というのは大切なポイントになります。色見は、ダークな色が基本です。軽さのことを考えると革製よりもナイロン製のものが適しています。見た目も安っぽくないものが流通しているので探してみるといいでしょう。機能性としては、セパレートになっているものを選びたいところです。メインのジッパーを開けなくても取り出しが可能な収納ポケットがあると便利です。バックにすっぽり収まる平型のバックインバックの活用もおすすめします。
書類、電子機器を持ち歩くため、防水加工は男女ともに必須と言えるでしょう。お手入れがしやすく清潔に保てるということも重要ポイントですね。

女性営業のバッグ

女性で外回りをするセールスパーソンは、男性よりも持ち物が増えます。身だしなみやエチケットのためのお化粧品周りのものも加わりますよね。男性だと平たい薄手のものでも十分ということがありますが、女性の場合は必ずある程度のマチの幅をキープしたいところです。容量に応じてマチを広げられるタイプも検討してみましょう。また、革製がデザイン性も高く、品よく見えますが、重いというのが難点です。女性にとっては男性以上に負担になると思われます。黒の布やナイロン製でおしゃれなものを見つけたいですね。セパレートは鉄則で、私物と仕事用を分けて入れておきましょう。

新卒なら入社後の購入でもOK

新卒の場合は、なかなかしっくりくるバッグの種類が掴みにくいと思います。入社してから、周りの先輩が使っているバッグを参考にしたり、営業担当の先輩に積極的にアドバイスを求めたほうが賢明かもしれません。実際に営業活動を行っている先輩の失敗談や有効ポイントを聞ければ、よりよいものを選ぶ参考になります。また、出張がよくあるとか、外回りが毎日なのか、週に1、2回なのかでも選び方が異なります。ビジネスの場面では、自分にとって使い勝手のいい機能性を備えたバッグを使いたいものです。仕事の成果にもとても影響することになるのでしっかり選びましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事