挨拶

ノートは最強の営業資料

業種や営業のスタイルによって、お客様へのヒアリングの際に使ったほうがいいノートやメモのタイプは異なるかもしれません。お客様の話を忘れないように書くという目的であれば、小さなメモ帳で自分のためだけに使うというのもありでしょう。しかし、お客様との会話は大切なヒアリングの機会です。このとき、あらかじめ質問することを準備しておく人も多いのではないでしょうか。

質問を前もって用意しておくことのメリットはたくさんあります。まず、聞き逃しがなくなるということです。きちんとヒアリングされたメモやノートというのは、最強の営業資料になるのです。質問を書いておくという習慣を付けていると、業務中にふっと浮かんできた質問でも書き残せるようになります。質問内容をさらに濃くしていけるでしょう。

お客様と一緒に作り上げるノート

質問をあらかじめ準備することを考えてA4の無地用紙を活用するセールスパーソンは多いようです。質問内容を書いておいて、出てきた話の内容のポイントも書き込んでいくプロセスをお客様の協力を得ながら一緒に行って行きます。商談では、自分側の質問ばかりで進むわけではないので、お客様からの疑問、意見、要望、すべてを書き込みます。

話が細かくなったり、多岐になったりするほど、自分の質問をあらかじめ用意しておくことは時間の短縮と、忘れずに聞くということを叶えてくれます。一枚一枚切り離せるほうがいいもうひとつの理由は、お客様が話し合いのメモをコピーされたいこともあり、即座に共有できるからです。まとまった状態で残せるように、お客様の話、自分の提案、自分の質問、今後のことなど必要に応じた項目スペースを決めておくとさらにメモが取りやすくなるでしょう。無地や方眼のルーズリーフの活用もおすすめします。バインダーに閉じれるので大切なヒアリング資料がバラバラになることを防げます。

商談ごとの一枚を準備

質問項目を書き出した用紙を用意しておくと、チェックや記号だけで質問の答えを書き残せるようになります。メモの時間を取るべきなのは、その先の詳細や具体的な計画、プロセスのことです。商談をより有意義なものにできます。基本的には、過去→現状→理想の経緯でのヒアリングが理想なので、過去や現状についての質問は事前に考えられるはずです。

聞き逃していることにもすぐに気付けるので、書いていることをきっかけにすることも可能になり聞きやすくなります。他の話から、ポンと話が飛んだとしても、不自然さなく答えてもらうことができるでしょう。余白が十分にあること、メモ取りの場面では、項目ごとに余白を十分にとって書き、商談の話が進むごとにその余白を埋めていくという意識を持っていると充実したヒアリングにも繋がっていくでしょう。

電子式もおすすめ

紙が溜まっていく…ことに不満を持つ場合は、電子式のメモに切り替えて保存しておくことも可能です。専用のペーパーを使い、普段通りにアナログでメモやノートを取り、その内容をスマホなどでデータとして保存するデジタルノートが出回るようになりました。データは手書きでも検索が可能のようで、使い勝手も上々のようです。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
休憩
ビジネスマネジメント
目次1 ビジネス文書のマナーを見直そう2 ビジネス文書の基本3 簡潔にまとまっているか4 主語と述語ははっきりとしているか5 短い文章で書い...
女性
ビジネスマネジメント
目次1 マネージャーの役割2 マネージャーの処理能力3 マネージャーの数字活用場面 マネージャーの役割 部下を持つ、組織を管理するというマネ...
business
ビジネス人気
 会社等のビジネス会話では「ことばづかい」への注意も大切となりますが、「ことばづかい」だけではなく、社会人としての会話のルールも存在していま...