ビジネスマネジメント

社会人として大切なビジネスマナー。
学生を卒業し社会に出るときに、もしくは社会人になってから再度マナーを見直すために学びたいものですよね。しかし、ビジネスマナーとはどうやって学ぶべきなのでしょうか。
それには様々な方法があります。
以下にその方法と合わせて注意点を記載しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ビジネスマナーの本を購入する

書籍になっているものは信憑性が高く、手元においておけるのでいざというときに調べたりできて便利です。ビジネスマナーの大切さを象徴するようにしましょう、たくさんの本が売られています。特に総合的な基本のビジネスマナーから、職種や業種に絞ったり、性別でわかれたりと専門的なものもあります。
本屋に行き、自分にあったものを購入するといいでしょう。内容としては、マナーの解説と、問題がついたものだとより判断が問われ実になるでしょう。
インターネットで「ビジネスマナー 本」で調べると、様々なものが出てきて口コミも見ることができます。忙しくて購入しに本屋に行けない、という人も簡単に手に入れることができますね。

インターネットで調べる

明日初めての取引先に行くので名刺交換することになるけど、どうやってするんだろう。
お茶出しで先輩から指摘を受けたけど、どうするのがビジネスマナーなんだろう。
突然ふっとわく疑問点をすぐに解消したいという、でも手元にそれを調べる本がない、というときもありますよね。
そういった場合はインターネットで検索して探すと良いでしょう。身近でとても便利です。
ただし、インターネットにもデメリットがあります。必ずしも正しい情報であるとは限らないという点です。情報の正誤は、たくさんのサイトを確認するなどして見極めるようにしましょう。

ビジネスマナーの講座に参加する

最近では、新人社員の教育として入社してすぐにビジネスマナー講座を取り入れている会社も少なくはありません。外部から専門の講師を呼んで、挨拶から言葉遣い、名刺交換などの実践まで行うこともあります。
会社にそういった準備がない場合は、カルチャーセンターなどでも行っていることがあるので調べてみると良いでしょう。
会社ら基本的に入社した段階で社会人として接してきます。知らぬ存ぜぬでは通用しない厳しい世界です。だからこそ、最低限のマナーについては身に着けておきたいですね。

会社の基準に合わせる

情報を仕入れる方法はたくさんのあります。しかし心にとどめておいてほしいのは、社内のルールが最優先だということです。マナーは敬意を表す手段であって、その形は変わることもあります。
例えば、上座は扉から一番離れたところになりますが、部屋の状況によってそれが変化することがあります。疑問を感じたらすぐに上司などに確認するようにしましょう。

まとめ

基礎であるビジネスマナーは、身につけたつもりでも時間が経つにつれて薄らいだり、クセがついたりすることがあります。そういっとことも考えると、ビジネスマナーについて考える機会はなにも新人社員だけにあるわけではありません。何だか最近仕事がうまくいってないなというときには、ぜひビジネスマナーについて見直すと良いでしょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事