ビジネスマネジメント

親族が亡くなったとき、通夜や告別式の準備で会社を休む必要があります。関係の近さによっては長期の休暇となるため、早めの連絡が欠かせません。本稿では忌引きのマナーについて紹介します。

忌引き休暇の取り方

家族や親戚が亡くなったら、早めに直属の上司に電話連絡を入れます。亡くなった人との関係と、通夜・告別式の日時や場所、喪主をするかどうかを伝えましょう。日時が決まっていない場合は決まり次第連絡を入れます。
電話で連絡した後には、記録に残すために、メールでも連絡しましょう。会社によっては直属の上司に送るか、総務部に送るか変わるため、電話連絡の時に上司に確認しましょう。
故人との関係が近いほど、葬式の準備や片付けに時間がかかったり、心理的負担が大きかったりすることから、休暇は長くなります。具体的には以下の通りです。
配偶者 … 10日間
父母 … 7日間(喪主の場合10日間)
祖父母 … 3日間
兄弟 … 3日間
配偶者の父母 … 3日間
おじ・おば … 1日間
配偶者の祖父母 … 1日間
配偶者の兄弟 … 1日間
上記が一般的ですが、会社によって異なる場合があるため、上司に確認を取りましょう。葬儀を家族葬にする場合、香典や供花を辞退する場合は、その旨も伝えましょう。
最長で10日間休まなければならないため、必要に応じて仕事の引き継ぎを行います。現在自分が担当している業務や取引先との打ち合わせの予定を整理し、紙などに書き出してから引き継ぎを行うとスムーズです。休暇中も連絡が取れるように、上司や同僚にプライベートの連絡先を伝えておき、留守番電話をセットしておきましょう。

休暇の後に

忌引き休暇の間に、会社の人の中でお葬式に参加してくれた人はいるか、いるとしたら誰か、香典や供花、弔電をいただいたかなど、会社がしてくれたことを把握しておきましょう。
休暇が明けたら、まずは上司や同僚に挨拶をしましょう。直属の上司はもちろん、お葬式に参加してくれた人や、休暇中に業務をしてくれていた人には個別に丁寧にお礼を述べましょう。チームのメンバーに手土産を配ってもいいでしょう。お葬式に出席してくれた場合は、会場で香典返しを受け取っていますから、手土産は香典返し以外のもので、あまり高すぎないものにしましょう。
忌引きが明けたからといって、すぐに気持ちを切り替えることは難しいかもしれません。どうしても辛いときは、上司に相談したり、フォローをお願いしたりすることも必要です。

まとめ

忌引きのマナーのポイントは以下の通りです。
-必要な情報を最速で伝える
-お礼は丁寧に、具体的に行う
身近な人が亡くなった時の心理的負担は想像以上のものです。茫然自失となってしまい、会社に連絡することまで頭が回らないかもしれません。普段から緊急時の連絡先や、自分の仕事をまとめる癖をつけておけば、緊急時に必要以上にわずらわされずに済みます。
忌引き後に沢山の人に挨拶をしますが、人によって違う挨拶ができるとより丁寧です。忌引きの間やお葬式で、誰が何をしてくれたかしっかり把握しておくことで、心のこもったお礼をすることができます。
忌引きは福利厚生で定められた権利ですが、少なからず他のメンバーに負担をかけてしまうものです。悲しい機会ですが、連絡やお礼など最低限のマナーは守るようにしましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事