話し合い

会社は公共の場です。いろいろなたくさんの人が働いています。
同じ環境で時間を過ごすわけですから、お互いに配慮が必要です。
特に音に関してはよくよく注意してください。
本人が無意識に発している音もあれば、迷惑だと感じていないと音もあります。
以下に他人にうるさいと思われる「音」についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

行動から起きるうるさい音

・キーボードを打つ音
PCを使用しているとどうしても出てしまうタイピング音ですが、過剰なまでに音を立てていませんか。
これは他人から聞くとかなり気になるそうです。
そんなに力を入れなくてもタイピングができるのに、癖がついてしまっていて、
ついエンターを押すときに「ターン!」と大きい音が出てしまう、そんなことはありませんか。
イライラしているときもついタイピング音が大きくなるようです。
これは、本人が思うよりも相手が気にする音なので、注意が必要です。
必要な力加減で利用するようにしましょう。
もしなかなかなおらない場合は、音の立ちにくい
・マウスを調整する音
マウスを動かしてカーソルが反応せず、マウスを叩きつけたり、一旦持ち上げて再度試したりすることがあると思います。
その際に出る音も他人に不快感を与える可能性もあります。
反応しにくい場合はマウスパッドを買って音を吸収できるようにするか、反応の良いマウスを使用するようにしましょう。
・靴の音
フロアが絨毯やカーペットでない場合はどうしても足音が立ってしまいます。
自然と出てしまう音ではあるのですが、電話中や集中している人にとってはとても気になります。
音の出にくい靴を履く、音が出ないように歩くことを心がけましょう。
・扉の閉まる音
場所によっては扉が音を立ててしまってしまう、ということもあります。
仕事で集中している人々を脅かせてしまう音でもあります。
音が出るとわかっている場合は、最後までノブを持ち、静かに閉めるようにしましょう。

口から出るうるさい音

・独り言
仕事中つい癖で独り言が出てしまう人も少なくはありません。
確かに小さな声なので大丈夫でしょうと思われるかもしれませんが、席の近い人にとっては気になりますし、
自分が話しかけられているのかと勘違いをしてしまう可能性もあります。
極力思っただけのことは言葉にしないほうがいいでしょう。
・舌打ち
上記の独り言と関連して言えますが、特に舌打ちは聞いて気分のいいものではありませんよね。
癖になっている場合はなおすようにしましょう。
・ため息
上記の舌打ちと関連して言えますが、ため息も聞いて気持ちのいいものではありませんよね。
つい大げさにため息が出てしまうこともありますので、口を閉じて仕事をし、ため息はしないようにしましょう。
・あくび
眠気が襲ってきてつい大きなあくびが出てしまうこともあると思います。
その際は手元を口にあてて、相手にあくびをしていることがわからないように配慮しましょう。
・咳やくしゃみ
生理現象ではありますが、大きな音ですると周囲の人を驚かせてしまいます。
なるべく音を小さくするように心がけましょう。
また継続するようであれば、風でなくてもマスクをするのがマナーです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。上記項目に対してじゅうぶん配慮ができていましたか。
勤続年数が長くなるほど陥りやすい音の問題。
ぜひこの機会に自身の振る舞いを再確認し、修正点があれば直すようにしましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
社会に出ると、電話対応はビジネスマナーとして欠かせないたいへん重要なものです。中でも電話を受ける場合は、その応対は社会人として生きていくため...
business
ビジネス人気
良好なコミュニケーションは、いいあいさつと笑顔で始まると言われます。あいさつをするときにさわやかな笑顔が伴うと、人に与える印象が大きく違って...
business
ビジネス人気
会社等によって異なりますが、若手が社内会議の準備を担当するケースがあります。役員同席の重要な会議の場合は少ないかもしれませんが、簡単な部内会...
business
ビジネス人気
 ビジネス会話には使う言葉等は、覚えることも多いのですが、その前段階である基本中の基本、話の仕方について、解説します。同じ内容やよい提案を伝...
business
ビジネス人気
ビジネスマナーにも基本があります。基本をしっかりと把握しておくことでいざというときにその応用ができるのです。例えば、始業時間が8時であったと...