business

菓子折りとはそもそも何なのでしょうか。
それは「折り箱」を指し、お菓子そのものではなく贈答用の箱のことを指します。
最近では中にあるお菓子も含めて「菓子折り」と呼ばれるようになりますが、
それはあくまで付随するもので、メインは挨拶にあります。
なので、中身にこる必要はありませんが、相手に配慮したものであることと、
渡し方などにビジネスマナーは重きを置いています。
菓子折りについてまとめましたのでぜひ参考にしてください。

菓子折りの選び方

まずは持っていく菓子折りを購入しましょう。
ものに悩むようであれば、会社のある地域の銘柄などを選ぶとよいでしょう。
その際に個包装になっていて、配りやすいものが好まれます。
また、相手のことを考えて日持ちのするものを選びましょう。
相場は大体2000円~3000円程度で、あまりにも高価なものは避けます。
先に述べたように、物を渡すことに意味があるのではなく、
挨拶をしに行く、その内容にこそ意味があるからです。

菓子折りの渡すタイミング

菓子折りの渡し方に関しては、和室か洋室かで渡すタイミングが異なります。
洋室の場合
最初は挨拶からスタートします。そして、着席する前に渡します。
和室の場合
最初は挨拶からスタートします。そして、着席した後に渡します。
洋室である可能性が非常に高いですが、
個人宅で和室に通される可能性がありますので、タイミングが異なることを覚えておきましょう。

菓子折りの渡し方

まずは紙袋などに入っているかと思いますので、そこから出します。
紙袋の役割としては、菓子折り本体を汚れから守る役割をしていますので、
そのまま渡すと失礼になってしまいます。
ただし、持ち帰るときなどは紙袋があったほうがいいかと思いますので、
渡すときは袋から出し、袋は横に添えて使っていただくといいでしょう。
上司が同行しているときは、必ず上司に渡してもらいます。
渡すタイミングで袋から出し、上司に渡すのがスマートでしょう。
渡す際には一言添えます。
「本日はお忙しい中お時間をいただきましてありがとうございます。」
「どうぞ、お納めください。」
などです。
また、菓子折りの中身が要冷蔵の場合にはその旨をお伝えします。

【例外】謝罪の際の菓子折りの渡し方

謝罪の際に渡す菓子折りは少し上記とは異なります。
お伺いし、まずは謝罪から話が始まります。
最初の謝罪の際に、相手が受け取ってもらえるような雰囲気でない場合はここでは菓子折りを出さないようにします。
その場合は最後に、
「このたびは大変申し訳ございませんでした。心ばかりではございますがどうぞお納めください。」
と言って渡し、それでも受け取ってもらえないような場合には無理をせず持ち帰ります。
菓子折りも包装も派手でないものを選ぶようにしましょう。

まとめ

菓子折りで大切なのは渡し方であって中身ではありません。
相手への配慮は当然大切ですが、中身にこだわりすぎてマナーをおろそかにしてはいけません。
最近ではコンビニでも菓子折りが売られています。それでも何の問題はありません。
お伺いした本来の趣旨を大切にし、正しいタイミングで相手に渡すようにしましょう。
それによって相手との友好的な関係を築きましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
「えーっ、お前そんなことも分かってないのか!」上司の声が大きくなります。面接ではなかなか見抜けないのが「社会人としての心得」ではないでしょう...
事務
ビジネスマネジメント
目次1 プラス思考2 モチベーション3 イメージトレーニング プラス思考 腹を立ててしまう、落ち込んでしまう、不安になってしまうということは...
business
ビジネス人気
他社へ訪問することになったら、訪問日に向けて準備をします。初めて訪問する会社ではもちろんのこと、一度訪れた会社でも気を抜かずに準備を行います...
会議
ビジネスマネジメント
目次1 頑張りすぎ2 情報過多3 テクノストレス 頑張りすぎ 燃え尽き症候群というものがあります。無理をしてでも懸命に仕事に取り組みやっと達...
business
ビジネス人気
 ビジネスシーンでは社内会議がつきものです。しかしながら社内の会議といえども、守るべきマナーが存在しています。まず最初に社内会議の席次を把握...