マナー

持ち物管理アプリ

何かと準備をするシーンの多いビジネスパーソンですが、その準備を賢くサポートしてくれるのが持ち物管理アプリです。さまざまな種類のアプリがあり、その使い勝手も、サービスも、機能も色々です。あなたの準備時に相性のいいアプリをひとつ選んでおかれることをおすすめします。人気の持ち物管理アプリを以下にご紹介します。まずは色々試してみて、ピッタリのアプリを探し出してみてください。出張や訪問の代理などをその直前に言い渡されたときなどにも焦ることなく準備をすることのできる頼りになるアプリたちです。

・monoccho
・Monoca
・Checklist∞
・Packing Pro
・ListBook
・Easy Item Checker
・Check
・CubicToDo
・トコトコとりっぷ!
・旅のしおり
・Evernote

準備で使う持ち物管理アプリ

準備と言えば、旅行や出張などの準備を前にすると手間がかかると考える人が多いものでよね。上記でご紹介したアプリの中でも旅行のためのリストを機能として取り入れられているものも多いです。でも、仕事に関連する準備は、旅行や出張のシーンばかりではありませんよね。例えば日々の持ち物でもしっかりチェックすれば、うっかり忘れ物をしてしまうことを減らせるでしょう。また、定期的に行われるイベントの準備、訪問、プレゼンテ―ション、ミーティング、研修、休日や休暇前で、それぞれ準備するものが異なるのではないでしょうか。アプリでも独自のファイル作成でもいいですが、シーンごとの持ち物リストを作成しておくと準備がサクサク捗るものです。購入が必要なもの、不足しているもの、リース依頼の費用なものなどすぐに把握することができるでしょう。上記にご紹介している持ち物管理アプリの中には、日々のタスク管理も可能なものがたくさんあります。同時活用することで、購入のスケジュールを充てたりというのも可能にるでしょう。

リスト保存も役立つ

持ち物管理アプリでも可能かもしれませんが、例えば社内で共有するようなときには、準備マニュアルという意味も込めて準備するものの一覧を作成しておくと役割分担の上でも役立つでしょう。自分だけの管理でも、プレゼンのとき、商談のとき、社内を代表してイベントに参加するときなどさまざまなリストを作成しておくと便利です。いつも、何かを抜かしてしまうという人にはなくてはならない方法かもしれません。その忘れ物が大きなチャンスを逃すことに繋がったり、無駄な時間を割く羽目になったりということも考えられます。ビジネスパーソンにとって準備はとても大切な時間です。効率的に行うようにしましょう。

新入社員の使い道

新入社員の時期に教えられることは全体的なことが多いものです。すぐに使わないものが置いてある場所や使い方、準備するものを習うこともあります。数カ月立って、いざその業務が必要になり「そういえば研修で習ったな」とは思い出せても細かな内容はおぼつかないことが多いものです。そんなときにも、リスト化して残しておくことで思い出しやすくなったり、スムーズに進めることにも役立つのではないでしょうか。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
プレゼン
ビジネス英語
目次1 業界、製品、自社専門の英語攻略2 完璧さを求めず、伝わることに徹底する3 要点に絞った伝え方、聞き方 業界、製品、自社専門の英語攻略...
business
ビジネス人気
敬語には「丁寧語」・「尊敬語」・「謙譲語」の3種類が存在しています。本稿ではその中で、自分の行動を控えめにする「謙譲語」についてその使い方を...