ビジネスマネジメント

初めて社会人となる新人社員にとって、ビジネスマナーは未知なものです。
今まで当たり前にしていたことがNG行為だったり、
そんな小さなところまでマナーがあるの?と驚くこともあるでしょう。
会社に入り、すぐにビジネスマナー研修から入る会社もありますが、
すべての会社がそうとは限りません。
であるにもかかわらず、世間は”知っているもの”として扱います。
新人社員にとって、絶対知っておきたいビジネスマナーをまとめました。
恥ずかしくない社会人スタートをきってください。

何をおいても、挨拶ができることが大事

挨拶はコミュニケーションにおける基本的でもっとも大切なツールです。
挨拶のできない人が社会人とは到底言えないでしょう。
新人社員はまず社内ですれ違うすべての人に対して挨拶をすることを心がけてください。
そうすることで、自然と挨拶のできるひとになれるでしょう。
また、ただ挨拶をすればいいわけではありません。
相手の目を見て、相手に聞こえる声で行うことがビジネスマナーです。

きちんとした敬語を身につける

社会人になると敬語で話す機会が圧倒的に多くなります。
その際に間違った使い方をすると、時には相手に失礼になることもあります。
正しい敬語を身につけ、目上の方ともスムーズなやりとりができるようにしましょう。
・役職名の使い分け
役職者と話すとき⇒〇〇課長
社外の人と役職者の話をするとき⇒課長の〇〇は、〇〇は、
社外の人と社内役職者の話をするときに役職名はつけないのがビジネスマナーです。
役職名は「様」と同じように敬称なので省略します。
・「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い分け
「お疲れ様です」⇒同僚や目上の人に使う
「ご苦労様です」⇒目下の人に使う
両方とも挨拶としてよく使う言葉です。使い間違えると失礼に当たります。
・尊敬語と謙譲語の使い分け
尊敬語⇒目上の方の行動に対して使う
謙譲語⇒自分の行動をへりくだって言うときに使う
例えば「言う」は
尊敬語⇒おっしゃる
謙譲語⇒申し上げる
と異なります。こちらも使い方を間違えると失礼になりますので注意しましょう。

ホウレンソウが大事

よく言われるほうれんそうとは、「報告」「連絡」「相談」のことです。
ビジネスマンが仕事を円滑に行うために必要な行為です。
特に新人社員にとっては、何をとってもわからない状況かと思います。
勝手な判断をせず、ホウレンソウで指示を仰ぎましょう。
「報告」
業務の終了報告や結果報告、仕事のミスなども報告が必要です。
結果⇒その理由⇒今後の対策、の順に報告をするとよいでしょう。
「連絡」
重要度によって手段は異なりますが、確実な情報を確実に伝える必要があります。
口頭だけでなく、後に残るものを使用するのがよいとされています。
「相談」
はじめは良し悪しも判断が難しいものです。困ったり迷ったりすることがあれば、
簡潔に内容をまとめて相談しましょう。

身だしなみが第一印象を決める

ビジネスにおいて一番大切なのは清潔感です。
男性と女性で注意する点は異なりますが、相手にどう見えるかを考えれば、
・派手なものは避ける
・不衛生にしない
・綺麗でシワのないものを身に着ける
ことが選ばれるでしょう。

まとめ

上記で触れた、
・挨拶
・言葉遣い
・ホウレンソウ
・身だしなみ
は必ず押さえておきたい新人社員のビジネスマナーの基礎です。
相手に不快感を与えないということが最も大切です。
必ず身につけて社会人としての一歩を踏み出してください。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事