ビジネスマネジメント

会社によって異なるクールビズルール

日本企業でもクールビズの習慣は浸透していますが、その許容度は企業によってまちまちなのが現状です。新入社員はしっかりと先輩や上司に確認するようにしましょう。特にクールビズが許されるのは、社内のみとなっている企業も多いので、その場合、通常の服装も準備しておかなければならないことになります。使い分けるタイミングやポイントに慣れていく必要があるでしょう。暑い地域では、スーツやワイシャツすら着用しないというところもあれば、1日中ではないけれども、毎日ネクタイもジャケットも必要になるときがある会社もあります。日本では、6月から9月の間が基本的なクールビズの期間となっているようです。ゴールデンウイークの休みを使って薄手のシャツなどの服装の準備を始めてもいいかもしれませんね。会社や上司に会社のルールを聞いたり、相談したりすることを忘れないようにしましょう。

人によって異なるクールビズ感覚

お客様に応じて臨機応変にクールビズ対策に順応していくことも大切かもしれません。企業訪問の多い職種に就いている人は迷うことが増えるはずです。というのも、クールビズに対しては、賛成派と反対派が存在していて、それは企業や組織単位というよりも、個人の考え方によるところも大きいからです。会社で決められているからと言って、しっかりとネクタイを締め、ジャケットを羽織っていたとしても汗だくで訪問されることに拒否感を感じる人もいないわけではありません。清潔感という意味では、タブーにもなり得るのです。シャツに汗がにじんでいたり、匂いを感じさせてしまうこともあるでしょう。見ただけで暑苦しさを感じさせてしまうこともあります。一方で、半そでにノーネクタイで訪問されると、遊びに来られたような印象を受ける人もいるものです。判断に迷う場合は、先方のことをよく知っている先輩や上司への相談が欠かせないものとなるでしょう。それでも分からないという場合は、通常のスタイルに徹するのが無難です。ジャケットなどについては、先方から「どうぞ脱いでください」と促してもらえることも多いものです。お客様のそういった感覚を知っていくことも業務のひとつと捉えておきましょう。

クールビズでの注意点

女性も男性も、クールビズ期間は薄着になることが多いのでジャケットで隠すことができなくなります。冬の間は隠せていた部分にも配慮が必要になります。見逃しがちなので注意してください。シャツも薄手になるのできちんと襟や袖口、ポケットなどまでアイロンがけを怠らないようにしましょう。汗をかきやすくなるので速乾性のある素材を選ぶこともポイントのひとつです。女性の場合は特に、薄くなるほどに下着が透けやすくなります。透けても清楚さを保てる下着を揃えましょう。くれぐれも、色物や柄物の下着は避けるようにしましょう。薄手の生地を活用することで、涼しい見た目と自分の涼しさを保ち、極端に腕などの露出をしないことも大切かもしれません。ジャケットを羽織っていても、どこで脱ぐことを促されるか分かりません。どちらの場合でも清潔感を保てる準備をしておくことが大切になります。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事