ビジネスマネジメント

仕事中は教わりにくい敬語

ビジネスシーンでの敬語というのは、そもそも学校ではなかなか教えてくれる機会は少ないですよね。新入社員の新人研修では、敬語の基礎を習ったり、練習したりすることがあるかもしれません。新入社員がビジネスシーンに相応しい敬語が使えるかどうかというのは、結局のところ、生活の中でどれだけ敬語活用の機会があるか、どれだけ周りの正しい敬語を使う人たちと接しているかなどに掛かっています。敬語に不安のある人は、自己練習を積んでいくしかありません。会社にいると、先輩たちの言葉遣いを参考にすることもできるでしょう。ひとつひとつ吸収して、スラスラと、かつ臨機応変に使い分けられるようになっておきましょう。大丈夫です!意識さえしていれば必ず身に付いていきます。新卒の新入社員なら、少々の間違いは許されるものですが。実は現場で指摘して修正してもらうというところまではいかないのが現状です。

NG敬語「ご苦労様です」

ご苦労様ですは、基本的に新入社員の時期は使わないと決めておくといいでしょう。ご苦労様ですは、目上の人が目下の人に対して労うときの言葉です。新入社員が使うなら「お疲れ様です」が適切です。

NG敬語「了解しました」

友人同士や体育会系のノリの場合にもよく使われるのが「了解しました」です。ビジネスシーンではNGとなります。何かを自分が行うことになる場合は「かしこまりました」、認識しましたと伝える場合は「承知いたしました」などが適切です。

NG敬語「どうですか?」

どうですか?を丁寧にしようとして「どうでしょうか?」と言ってしまう人も多いかもしれません。でも正式には「いかがでしょうか?」が適しているでしょう。

NG敬語「すみません」

つい出てしまいがちな謝罪時の言葉です。ビジネスでは「申し訳ございません」で通しましょう。

NG敬語「わたし」「うちの会社」

「わたし」ではなく「わたくし」を使うようにします。自分の会社のことは「うちの会社」ではなく「弊社」、もしくは「わたくしども」で伝えることに慣れましょう。

NG敬語「田中様ですね」

一見、違和感のないとも取れる言い回しですが、ビジネスシーンでは、「田中様でいらっしゃいますね」とします。「田中様でございますね」は尊敬の意味を果たさないので注意しましょう。「ございます」は、モノや自分や自社の人に対して使います。例えば、「こちらがオフィスでございます」や「伊藤でございますね。少々お待ちください。」のように使います。

NG敬語「そうですか」

ほぼ、日常会話では使うことのないビジネス敬語でもあります。可能な限り「さようでございますか」「さようでございましたか」を使えるようになりましょう。特にお客様に対しては、使い慣れておくことをおすすめします。

NG敬語「上の者にお伝えします」

外部の人に対して、自分の上司に伝えますということを伝える言葉ですが、間違いです。伝えるに「お」を付けるのは相手の行為に対するときです。「お伝えいただけましたでしょうか」で使います。もちろん、「上の者に言っておきます」では敬語になっていません。この場合は、「上の者に申し伝えます」というのが適切です。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事