上司

名刺はいつでも準備

名刺を切らさないようにし、すぐに出せるようにしておくこともマナーのひとつです。必ず、名刺入れを活用し、名刺だけで渡してしまうことのないようにします。名刺入れは、相手から受け取る際のトレーのような役割も果たし、より丁寧な印象を与えます。

名刺交換の基本

名刺交換は、立った姿勢で行います。
名刺交換は、テーブル越しでは行いません。

名刺は目下から渡す

名刺のやり取りには順序があることを知っておきましょう。必ず目下が先に渡すのがルールです。お金をもらったり、お仕事をもらったりという立場も目下に当てはまります。訪問先では必ず自分のほうから先に出すようにします。相手が読める方向にして、胸の高さから相手の手元に弧を描くようにして差し出すと印象が良くなります。目上の人から先にもらってしまうことのないように気を付けましょう。会社名、部署名、氏名をはっきりと伝えながら渡すのが理想です。目上の人から先にいただいてしまった場合は、きちんと受け取りお礼を伝えてから、丁寧に自分の名刺を渡すようにします。

あとに渡す場合

こちら側が、目上、つまり、お客様の立場になる場合は、相手が名刺を渡すというのが本来のマナーとなります。その後に続いて渡すなら、相手から名刺が差し出された位置より、心持ち下の位置から差し出して渡すようにします。細かい点ですが、ビジネスマナーとして知っておくといいでしょう。

名刺を受け取る

名刺は利き手で受け取ったあとに、もう片方の手を添えます。必ず目を通すようにして、読めない名前があれば確認するようにします。指でロゴや文字が隠れてしまわないように指先で受け取ります。受け取ったあとに、すぐに高さを落としたり、テーブルに置くことのないように気を付けましょう。

受け取ったあと

名刺を受け取ったあとは、テーブル席で話が進められるようなときは、商談や面談の話が終わるまで、自分の左手、テーブルの上に置くようにします。すぐに名刺入れにしまってはいけません。また、受け取った相手の目の前で、メモを書き込んだりすることはタブーになるので気を付けましょう。名刺は相手の顔です。決して汚すことのないようにしましょう。

同時交換の場合

大勢の人たちとの交流の場では、同時に差し出すケースも増えます。目下、目上、どちらとも判断がつきにくい場合にもよくあることです。同時の場合は、片手でのやり取りになります。右手で自分の名刺を出し、左手に持った名刺入れの上で相手の名刺を受け取ります。したがって、自分の名刺は、相手の名刺入れの上に乗せる形になるでしょう。

名刺は大切に扱う

名刺は相手の大切な顔でもあります。受け取ったあとの管理は丁寧に行いましょう。管理の際に、メモを残すことは問題ありません。きちんと整理をして管理し、処分の際には情報にも気を配った処理が必要になることを覚えておきましょう。

意外と見られる手元

名刺に汚れや折れなどがないように気を付けることも大切ですが、意外と見られる指先に配慮しましょう。爪が伸びていたり、ネイルが剥げていたりでは、相手の印象を悪くしかねません。細部にまで自信を持って名刺のやり取りができるようにしておくことが大切です。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
打ち合わせ
ビジネス英語
目次1 ビジネスシーンの不可算名詞2 原則的に不可算扱いするもの3 可算名詞と不可算名詞の使い分け4 可算名詞の条件5 不可算名詞の表現方法...
business
ビジネス人気
目次1 笑顔が必要な理由2 笑顔とはどのようなものか3 まとめ 笑顔が必要な理由 ビジネスにおいて笑顔は武器だといわれることがあります。 そ...