ビジネスマネジメント

挨拶の重要性

あいさつは、ただの言葉のやり取りではありません。コミュニケーションのきっかけを作ってくれる最高のツールです。小さな頃から、誰もが挨拶をきちんとするようにと教わっているはずですが、なかなか感じのいい挨拶ができない人も多いようです。ビジネスシーンでは、自分の挨拶の仕方が、自分への評価を決めてしまうことがあります。同僚に気持ちのいい挨拶をしている人は、話しかけやすいので意思疎通がスムーズになるものです。上司からの評価も上がっていくことでしょう。取引先から好印象を持ってもらうことができたら、契約に繋がったり、有効な関係を保てるようになります。ビジネスシーンでの挨拶は、自分だけでなく、会社の印象も物語ることになるのです。挨拶の重要性をしっかりと認識するために、いい挨拶のポイントを押さえておきましょう。

気持ちの良い挨拶とは

いつもはつらつ元気よくというのも悪いことではありません。でも、人それぞれに個性があるものです。いつも物静かな人が、挨拶だけを大声で張り上げても取って付けたような挨拶感があります。また、その場の状況も読む必要があります。

挨拶で一番大切なことは、心を込めることです。決して挨拶をしなければならないからするというものでは気持ちの良い挨拶は完成しないのではないでしょうか。「今日も元気です。」「職場にこれて嬉しいです。」「一日よろしくお願いします。」の気持ちを込めて発信しましょう。そんな気持ちに笑顔は付いてくるものです。挨拶をするときも、返すときも必ず相手の顔を見て行うことを徹底しましょう。

挨拶は言葉だけでなく、表情でも行うものです。コミュニケーションのきっかけですから、その表情で相手の変化や状況が見て取れることもあります。その表情によって、挨拶の声のトーンや大きさを変える心遣いをすることがベストですね。廊下ですれ違うときの挨拶では、軽く立ち止まって会釈できるとなお、気持ちの良い印象を与えることができるでしょう。

自分からみんなに

挨拶はできるだけ、自分が先に!を目指してみてください。待っていても相手が挨拶をしてくれるとは限りません。挨拶のないままに共有する空間は息が詰まるものですし、挨拶を逃すことは、コミュニケーションの機会を逃すことになります。また、どんな人にも挨拶をすることを心掛けましょう。例えば、ビルの管理人さん、受付のスタッフ、お掃除のおばさん、配達に来てくれた郵便屋さんなどにも明るい挨拶ができると、自分が毎日過ごす場所が楽しいものにすることができるはずです。もちろん、会社のイメージも上げることに繋がるでしょう。

挨拶にプラスアルファを

挨拶がいいものという感覚に慣れてきたら、一言だけ付け加えてみることを習慣にしてみましょう。ちょっとだけでも距離を縮めるのに効果抜群の方法です。気の利いたことを言おうと身構える必要はありません。挨拶は、あくまで挨拶なので、ずーっと続くような話にならないもので十分です。これを毎日積み重ねるだけでもコミュニケーションがずっとスムーズになります。昨日のこと、髪を切ったり、服装の変化、テレビのニュース、通勤途中のこと、天気のこと、朝ご飯のこと、内容を相手に合わせて使い分けられるといいですね。

女性のスーツ選び方

女性は男性に比べてビジネスシーンでの選択肢が増えると思います。会社や仕事の特徴に合わせることがポイントになってくるでしょう。スーツの場合は、色は、濃紺、グレー、暑い季節であれば、ベージュ系なども可能になるでしょう。身体サイズに合ったものを選ぶようにします。シャープなラインを出したい人でも、背中のラインに歪みが出ていれば小さすぎるというサインです。インナーを着ることも配慮して選ぶようにしましょう。ビジネスシーンでは女性はボタンは外さないというのがマナーです。そのことも加味して窮屈さのないサイズを選びましょう。

スカートの場合は、椅子に座って膝が隠れることを条件にしましょう。スリットが深すぎるのもタブーとなります。全体的にあまり横の広がり感の少ないストレートなデザインが適しているでしょう。また袖の長さ、ズボンの長さも短すぎたり、長すぎることのないようにします。

女性のインナーの選び方

常にジャケット着用の場合と、ジャケットは必要に応じて着用するという場合でインナー選びも異なってくると思います。脱いでいることが多いなら、襟のあるシャツを着用するのが本来のビジネスマナーです。ただ、インナーについては周りと雰囲気を合わせていくことをおすすめします。襟なしでも上品なデザインはたくさん見つけられるものです。胸元が異常に空いているなどが無いようにするといいでしょう。また薄い色や生地の場合は、下着が透けるので、透けないベージュカラーのものや透けても大丈夫なデザインの下着を選びましょう。柄ものは小ぶりで控えめなものに絞ります。またレースなどの特徴もワンポイントくらいであれば問題ないでしょう。できるだけしわになりにくい素材を選ぶこともコツです。

ビジネスでのお化粧のマナー

お化粧はし過ぎてもいけませんし、まったくしないというのでもマナー違反になります。キレイな素肌を整えること、眉や口元のメリハリを出して基本のパーツを整えるようにするといいでしょう。アイシャドウなどで華美な色を使わないことも大切です。要は、元気で健康的なイメージを演出することがポイントです。ナチュラルに仕上げることは、色味をどんどん加えることより案外難しいものです。薄めの色味でも十分にその効果を出すことは可能です。過度にならないナチュラルメークの練習をしておくといいでしょう。周りの人に、常に自分のメークの印象を聞くことも心がけると知らないうちに似合わないメークになっていくことを避けられるでしょう。

靴の選び方

靴も男性に比べて選択肢は増えますが、基本は黒か茶色です。ピンヒールや過度にヒールの高いものはマナー違反となるでしょう。歩きやすいものが自分の足を守るためにも適しています。スーツなど服装の色に合わせることも大切です。
また素足はいけません。必ずストッキングを履きましょう。靴の内部を傷めないことにも繋がります。ストッキングが伝線してしまったときのために替えをバックやデスクの中に準備しておくといいでしょう。足元は常に清潔感を保つようにします。またヒールの底が擦れて、カツカツした音が出るような状態は避けるようにしましょう。すぐに修理してもらうことを心掛けましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事