上司

クリーニングだけじゃない

スーツは毎日洗濯することは難しいことが多いですよね。今ではジャブジャブ洗えてしまうスーツもあるようなので、そういった素材を活用して、清潔さを保つのもひとつの方法かもしれません。スーツを自分で洗濯する際には、洗剤への配慮も必要になります。適切なものを選ぶようにしましょう。ドライ生地用の洗剤がベストです。洗濯機が使えますと表示されていても、どうしても型崩れはしやすくなることを知っておきましょう。つけ置きや手洗いをおすすめします。手間は掛かるものですが、洗えてしまう種類のスーツは比較的価格帯も低めなので数着揃えられるといいですね。夏場で汗をかきやすい時期には重宝すると思います。アイロン掛けも要るのでアイロンがけのテクニックもこの後ご紹介しています。自分でできてしまえば、クリーニング代は抑えられますね。

クリーニング必須の場合は?

洗濯が不可なら、選択肢はクリーニングということになります。毎日クリーニングに出すわけにはいかないでしょう。それでも汗や汚れのひどいときには、できるだけ早くクリーニングに出すようにしてください。早期であるほど汚れも落ちやすくなります。

毎日同じスーツを着るのは、周りの印象的にも、スーツを長持ちさせる上でもデメリットになります。一日着用したら、次の日は違うスーツを着て、着用したスーツを寝かせる期間を必ず持つようにしてください。型崩れを防止する効果を格段に上げることができます。ハンガーもスーツのサイズに合ったものを使いましょう。肩のラインを崩さない太目で丸みのあるものを選んでください。柔らかいものがより適しているので、ハンガーとスーツの間にタオルなどを挟み込むというのもひとつの方法です。ズボンは、伸ばしたまま吊るしたいところです。クリップが付いていない場合は、タオルを挟むなどして、膝の辺りに横ラインの型がついてしまわないように保管しましょう。

日頃のお手入れ方法

見えないホコリもダメージの原因になります。柔らかい服用の天然素材のブラシでブラッシングを心掛けましょう。スーツの上部から下に向かって丁寧に行ってください。襟の裏にも案外ホコリは溜まっているものです。ホコリだけでなく、虫食いを防ぐことにも繋がります。虫食いがあると一発で着られないスーツになってしまいます。

シワが気になるときは、スチームアイロンで整えましょう。霧吹きを使うこともおすすめします。また必ず、ハンカチなどで当て布をすることを忘れてしまうとスーツをてからせ、生地も傷んでしまうでしょう。

ジャケットのアイロンポイントは、「袖」→「背中」→「前みごろ」→「ラペル」→「衿」の順でプレスするとうまくいきます。袖は、厚めに丸めたタオルを袖に入れ込んで、優しくプレスするとキレイに仕上がります。ズボンは、センターラインが決め手になります。畳んだ状態で「腰回り」→「全体」→「裾」の順に掛けていくとうまくいくでしょう。ドライのままでアイロンをかけてしまうと生地を傷めるので注意しましょう。蒸気のある浴室に1時間ほど掛けておくことでしわを伸ばすこともできます。アイロン要らずの手軽な方法なのでおすすめです。

男性の身だしなみで大切なのは、清潔感と機能性です。
男性は夏場でも取引先に行くときはジャケットの着用がマナーとなっていますし、
激務であっても相手に悟られるわけにはいきません。
どんな状態であっても常にスマートさを求められます。
それを演出するのが身だしなみなのです。
男性のビジネスにおける身だしなみのマナーをまとめましたので参考にしてください。

ふさわしい服装

・スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、革靴、が基本
夏場にはクールビズと言われ、
半そでワイシャツやポロシャツ、ノーネクタイが許可されますが、
お客様対応は基本スタイルで行うのがマナーです。
・スーツ
色は、ダーク系の黒・濃紺・グレーなどがおすすめです。
柄も派手でないストライプ程度に留めるのがよいでしょう。
スーツは体に合ったもので、くたびれないよう定期的にクリーニングに出しましょう。
一着をずっと使い続けると傷みやすいので、
何着か準備してローテーションで使用すると長持ちします。
また、スーツには夏用と冬用がありますので、季節に応じて使い分けます。
・ワイシャツ
色は白が基本ですが、派手すぎないものであれば認められています。
男性は首回り、肩幅、ウエストなどでサイズが細かく作られています。
自分の体に合ったワイシャツを選びましょう。
襟や袖口は汚れやすいので洗濯の際に注意が必要です。
アイロンがけをしシワのないワイシャツを着るのがマナーですが、
最近では形状記憶の商品もありますので活用するとよいでしょう。
・ネクタイ
シチュエーションによって柄やカラーを選択してください。
お客様対応の際はあまり派手なものはおすすめできません。
ベルトの少し上にネクタイの先がくるように結ぶようにしましょう。
・革靴
靴は黒か茶色がおすすめです。
どうしても汚れがちなので、まめに手入れをして綺麗にしておきましょう。
合わせて靴下は黒が好まれます。

ふさわしい毛の手入れ

・清潔感のある髪形
髪はできれば短めに切り、長いようであれば整髪料でまとめることをおすすめします。
カラーに関しては会社の基準に従い、派手すぎないものにしてください。
相手から表情がはっきりとわかる髪型が適切です。
また、男性が気をつけるのはふけです。
黒いスーツにふけが落ちるととても目立ちます。

・髭は基本的に剃る
一般的な会社では、髭は剃り残しのないようにするのがマナーです。
会社によっては、清潔に整えてあれば可の場合もありますので確認が必要です。

そのほかに気をつける点

・鼻毛を処理する
・爪を整える
・顔がてからないようにする
・口臭、体臭、アンモニア臭、香水、整髪料の匂い
人と接する際に相手を不快にさせてはいけません。
食事後に歯を磨くなどして口臭に気を付けましょう。
体臭は年齢が増すとどうしても出てくるものですが、消すのがエチケットです。
香水も度合いによっては相手に不快感を与えますので、
適切な量を心がけましょう。

まとめ

身だしなみも仕事の評価の一部です。
第一印象でもあり、好感度にもつながる大事な要素です。
仕事を第一優先にし、疎かになりがちですので、
朝出勤前、お客様対応をする前など節目で
身だしなみをチェックする時間を設けるようにしましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
パソコン
ビジネスマネジメント
目次1 お茶の置き方にもマナーがある2 お茶は両手で上座から3 お客様からみて右にお茶4 お茶菓子を出す場合の置き方5 茶碗の向きにも気をつ...
business
ビジネス人気
来客を迎える時は、もてなしのしるしとしてお茶をお出しすることが普通です。熱い煎茶を入れる会社もありますが、季節や会社によっては冷たいお茶やコ...
business
ビジネス人気
打ち合わせの約束は、ビジネスにおいては非常に重要なことです。相手の都合もありますし、打ち合わせの軽重や期限などを考えて、相手に失礼とならない...