メンズスーツのマナー

スーツは身丈にフィットしたものを着るようにしましょう。新卒の場合は、選び方も慣れていないためスーツに着られているような印象を持たれることもしばしばあります。また、季節に応じた素材を選ぶことも大切です。手入れを欠かさないようにすることもポイントになります。気を付けたい部分を挙げてみましょう。

男性のスーツは肩で着るものとも言われています。肩幅に合っていないと着られた感が倍増するものです。肩幅より1センチほどの余裕のあるものを選びましょう。袖の長さは、腕を下した状態でシャツの袖が1~1.5センチほどジャケットの袖口から出る長さが適切です。引き締まった印象にもなりますし、シャツがジャケットの袖口を守る役目も果たします。ジャケットの身丈は、お尻がぎりぎり隠れる程度が適切です。襟も同じくシャツの襟が1~1.5センチほど見えていることを目安にします。襟はジャケットの中に収めるようにします。ボタンの一番下は留めないのがマナーと言われています。常に全部を解放してしまうことはマナー違反になるので注意しましょう。

ズボンの裾の長さも大切です。通常のスタイルのものは、靴を履いたときに靴下が隠れる長さにします。3~4センチくらいが靴にかかるようにするといいでしょう。もちろん長すぎると汚れやすくなったり、野暮ったいイメージになるので、購入の際にピッタリの長さに仕立ててもらいましょう。

メンズスーツの手入れ

スーツは連日着用すると型崩れしやすくなります。丸みのあるハンガーにかけて寝かせる時間を持つようにしましょう。フケやほこりをブラッシングで払うこと、ズボンには、きちんとプレスを掛けて整えることを習慣にしましょう。ズボンは、常にセンターラインがきっちり入るようプレスしましょう。スーツは、毎回のクリーニングはしないことが多いと思います。布製の消臭スプレーなどを使って匂いにも気を配りましょう。

靴や靴下

靴は、汚れが無いことが一番のビジネスポイントになります。毎日磨き、汚れが気になったら、すぐにふき取る習慣をつけるようにしましょう。靴の色は、ベルトの色と合わせるコーディネートが適切です。革靴で、黒、茶系を選ぶようにしましょう。靴ひものあるものが正式とも言われています。

靴下は、白地のものや、カジュアルな服装時によく履くくるぶし丈のものはビジネスシーンではタブーです。黒か紺色、濃いめのグレーを着用するようにしましょう。肌が隠れることがマナーです。ズボンから靴まで同系色で統一することで、脚を長く見せる効果もありますよ。足のにおいが気になる人は消臭スプレーなどをこまめに使って、靴を脱いだときでも恥ずかしくないようにしましょう。

靴の手入れのポイント

靴は常に磨く習慣をつけておきます。またかかとのすり減りが極端になったときは買い替えどきです。スーツと同じで数足をローテーションさせるのがいい状態で長持ちさせるポイントになります。防水スプレーなどの活用もおすすめです。靴ひもがある場合は履くごとに紐を結ぶようにし、靴ベラを使うようにすると靴の痛みが抑えられます。小さな靴ベラを持ち歩くといいでしょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
良好なコミュニケーションは、いいあいさつと笑顔で始まると言われます。あいさつをするときにさわやかな笑顔が伴うと、人に与える印象が大きく違って...
business
ビジネス人気
飲み会の企画や会場の手配などを行う役割を幹事と言います。幹事は目下の者が行うことが多い仕事です。業務を任せられる布石にもなるため、失敗せずに...
business
ビジネス人気
 ビジネスシーンでは新人であっても上司や先輩、同僚に仕事を依頼するケースがあります。そんな時は自分がどんな指示を受けたら分かりやすかっか、と...