ビジネスマネジメント

見た目は相手の本能に訴える

見た目と中身は違うと思いたい人もいるかもしれませんが、人が相手を見た目で判断することは本能によるところが大きいと言われています。ビジネスマナーとしての見た目を整えるポイントは、高級なものを身に付けたり、華美に着飾るということではありません。これらのことは、返ってマイナスになる要素でもあります。ビジネスシーンでの見た目を整えるセンスの肝は、気にさせないことです。スタンダードなビジネスマナーは、ビジネスパーソンの共通のものです。それに沿うことが大切なのです。業務に集中することに繋がるのです。マナーに即していれば、見た目で相手を不快にさせることはありません。

新入社員としてのやる気

やる気があって、誠意を持っていたとしても、自分の見た目に配慮できなければ、それはビジネスパーソンとしてのやる気を疑われてしまうことになるでしょう。やる気があるからこそ、見た目にまで気を回すことができるのです。就職面接などでは、細部にまで気を掛けて臨みますよね。内定が決まり、入社して、気持ちがいっぱいいっぱいになって身だしなみが疎かにならないように気を付ける必要があります。

見た目が相手の本能に訴えるということをご紹介しましたが、人は無意識にも、相手とどのように向き合うべきかを見た目で決めます。つまり、コミュニケーションの取り方にも影響してくるということなのです。身だしなみがだらしないと、私生活や生活習慣が、ガサツなのかもしれないと捉えられてしまうのです。身だしなみは、仕事に対しての向き合い方をイメージさせるものでもあるのです。特に、髪や爪、顔などのケアはどんなシチュエーションであっても徹底しましょう。基本的な必須条件になるので疎かにならないようにします。

服装はTPOを考える

ビジネスシーンと言っても、業種や企業の雰囲気やスタイルによっても微妙にルールが異なってきます。入社時は極力スタンダードであることを心掛けますが、だんだんと職場の雰囲気や業務の特徴が分かってくるでしょう。周りの人の服装や接する人たちに応じて、よりフィットさせていくといいでしょう。思ったより動くことの多い仕事であればパンツスタイルのほうが良かったり、外部の人との接点が少ないようであれば、かっちりしたスーツより、オフィスカジュアルが場に馴染むということもあります。

新入社員は先輩に聞く

分からないときは、先輩たちに聞いてみることをおすすめします。業務の状況を把握している人に聞けば、TPOがより確実ですし、仕事もスムーズに進められるようになるでしょう。自分の服装の印象を聞いてみてもいいかもしれません。実は社会人になると、なかなか相手の見た目への指摘はしにくいことなのです。印象を聞くことで、服装より、その髪型!髪の色!と、普段言いにくいことを指摘してもらえるかもしれません。ちょっと硬いイメージがあるから、もう少しラフでもいいんじゃない?と言ってもらえることもあります。言いにくいけど、眉毛が伸びすぎている、時々、鼻毛が気になるとさらりと言ってもらえば、さらに気を付けることができます。そういうことも、気軽に話せる雰囲気づくりのためにも「きちんとできていますか」と聞く素直な姿勢は大切です。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事