ビジネスマネジメント

新入社員に腕時計は必須

腕時計を付け慣れている人にとっては、ビジネスシーンでも腕時計を付けることに違和感を持つことはないかもしれません。でも、普段の生活で腕時計を付ける習慣がない人にとっては、本当に必要なのか、返って邪魔になるのではないかと考えてしまう人もいるでしょう。

確かにビジネスシーンでもパソコンや携帯、スマートフォンでチェックする場面も多いものです。しかし、時間の把握、配分、アポイントなどで、しっかりとタイムマネジメントしていかなければならないビジネスシーンにおいて、すべての場面で、腕時計なしで、今まで通り時間のチェックができるとは限りません。ビジネスシーンで腕時計を用意しておくことは必須です。

新入社員の腕時計の価格

ビジネスシーンで腕時計が必要となると、どんなタイプの腕時計が適しているのだろうということが気になりますよね。種類もデザインもブランドも数え切れないほどあるので、迷いも生じてくると思います。スーツを着る人、オフィスカジュアルの人など、仕事での服装に合わせる必要も出てきます。価格帯を気にする人も多いですよね。実際に購入する価格よりも、どのくらいの価格に見えるものかに気を配ってみましょう。

高価なことがすぐに分かるロレックスやパネライ、オメガなど海外ブランド物の時計は、新入社員の時期は避けたほうがいいかもしれません。ビジネスシーンにフィットするブランドものもたくさんありますし、徐々にそういった種類の腕時計を使えるシーンも把握できるようになるでしょう。しかし、見た目もビジネスマナーのひとつ、仕事で接する人たちが受ける印象を考える必要があります。新入社員の時期から、わざわざやっかみや嫉妬を買ってしまうかもしれない可能性は避けたいものですよね。だからといって、極端に安っぽく、おもちゃのように見えてしまうものも避けるべきです。

腕時計のデザイン

基本的には、自分の好みで選んでいいものだと思います。ただ、スーツにごつごつした大きいタイプ、カジュアルやスポーツチックなものでは極端に目を惹いてしまうことになりマナー違反になるということを心得ておきましょう。ゴムやプラスチックの素材も避けましょう。手元の見た目にも違和感がありますし、袖口の邪魔になることも多いのではないでしょうか。また、デジタル表示のものよりもアナログな針のあるものが見やすいのでおすすめです。もちろん、正確に動くものというのは必須条件となるでしょう。シンプルな見た目と大きさのものを選んでください。これらの条件であれば、国産のブランド「セイコー」「シチズン」「カシオ」などでもお手頃な価格で高品質のものが見付けられるはずです。1~2万円台の腕時計でも十分に長く使っていくことができるでしょう。

金属製のベルトのものが長く、見た目を乱すことなく使えます。革製のベルトの柔らかい感触と見た目を好む人も多いものです。長く使うことを考えると、革製は剥げやすいデメリットがあるのですが、その点に気を付けることができれば、ビジネスシーンでは金属製でも革製でもどちらでも構いません。革製の場合は、コーディネートとして、ベルトや靴の色に合わせる意識を持ちましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事