身だしなみ

この時期だから見えるもの

新入社員は、会社に入ったすぐに受けた新入社員研修のあとにフォローアップ研修を受けることが多いでしょう。フォローアップ研修は、3カ月から半年後に設定されることが一般的のようです。企業側にとってフォローアップ研修を行うことは、新入社員の更なる定着化を図ることが主な目的となるでしょう。そのためにできることがカリキュラムの中に組み込まれています。入りたての頃の新人研修に比べて、さらに幅広い視点から新入社員が働きやすくなるように再確認、指導、アドバイス、問題解決が行われるでしょう。新入社員にとっても、数カ月経ったからこそ見えてくるもの、感じられること、抱えている悩みなどがあるはずです。それらをフォローしていく機会として重要な役割を果たすイベントになります。

積極的な振り返りをする

カリキュラムは組まれていると思いますが、新入社員自身でも、入社からフォローアップ研修が行われるまでの自分の業務状況、進捗度、周囲との関わり、目標の達成度、または充実感や達成感などを振り返っておくとフォローアップ研修時に役立つと思います。フォローアップ研修の中でも、積極的に現在の自分の位置の確認は、さまざまな方法を使って促されることでしょう。上司や部署が見ている習得度の感覚と自分自身が感じている習得度を認識することは企業にとっても大切なことになるのです。複数の新入社員がいる場合は、それぞれの立ち位置や異なる部署で抱える新入社員なりの悩みも出てきていることが考えられます。個人ごとだけでなく、組織の問題と捉えて一緒に解決策を探っていくことが必要です。これは、その後に起きるさまざまな問題に対処していく方法を学んでいくことにも繋がるのです。大切なのは、個人の問題ではないということです。ですから、自分が合欠けている問題や心境は、ひとつの改善の材料になることを認識して、できる限り躊躇することなく提示し、そして自分なりの見解を持つように心掛けましょう。

フォローアップ研修での解決要素

フォローアップ研修で取り組まれることは、業務上の能力やスキルに留まりません。むしろ、精神的な面での問題解決を重要視されることが多いかもしれません。それによって、独自の課題を発見することに努めましょう。きっと、自分だけで考えるよりも、研修の教育係、講師、また周りの新入社員たちと対話をしながら考えることで、自分では気付けなかった視点を与えてもらうことができるでしょう。周りの意見を聞いたり、参考にしたり、取り入れるという経験も、組織の中でうまく立ち回っていくためのトレーニングのひとつになります。自分の中にある問題を客観的に見て、変更や改善を図るポイントが見つかることもあります。抱える悩みの多くは、外側や相手に原因があることよりも、自分に原因が隠れているのです。フォローアップ研修は、基礎的なことが身に付いたところで、自分で考えながら、解決を図っていける人材にステップアップするための研修ということもできるでしょう。懸命に走り抜けた始めの期間では、先の先まで考える余裕はないこともあります。一度落ち着いて振り返ることで、その先の目標を設定することを可能にしてくれるのです。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
ビジネスマナー
ビジネスマネジメント
目次1 日常での継続が不可欠2 話を繋げるトレーニング3 メモ力を上げる4 集中力を養う 日常での継続が不可欠 傾聴力は、人の話を聞くことが...
business
ビジネス人気
 ビジネスのシーンでは「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」に属さない、決まり文句とも言うべき慣用表現が存在しています。「尊敬語」他に比べるとは...
身だしなみ
ビジネスマネジメント
目次1 マイクロマネジメント2 オーナーシップを与える3 仕事の上手な任せ方4 適切なマネジメントの条件 マイクロマネジメント マイクロマネ...