ビジネスマネジメント

新入社員が避けるべき考え方

新入社員研修には、講師や教える人がいます。その人たちからビジネスパーソンとしてのマナーを学んだり、企業の制度やルールを教わっていきます。営業やカスタマーサービスでは接客、ITや会計ではシステムの操作方法など、必要な特定のスキルについての研修が行われる場合も多いですよね。毎日の研修の中で自分に浮かぶ気持ちや考えを常に振り返るようにしましょう。もしその中に「教え方が上手だな」「ホワイトボードの字が下手だな」「何を言っているのか分からないな」「それは自分は使えないな」「自分には有効な情報ではないな」「自分に合う方法ではないな」という批評や評価、判断などが入っているとしたら、いい心構えで研修を受けていないので学びはとても少なくなるでしょう。研修を受ける際に、知らずのうちに上から目線の考えを持っていないかいつも戒めるようにしましょう。その後の行動量が変わってくるはずです。

伸びる新入社員の受け止め方

研修で学んだことを時間をおかずに忠実に実践する場を探り、コツコツと実践を積んでいく姿勢が大切です。習ったことを身に付けたり、周りの人の良い点を真似していくなどでどんどん自分に取り入れていくのです。そのための計画を立て、実行してみて、必ず振り返りを行います。もっとうまくできるように改善策を探り、次の機会に活かすのです。そうやってぐんぐん上達をすることができるのです。相手のことを評価したり、判断したり、している暇はなく、自分を高めることに一生懸命になる姿勢が、新入社員として早く伸びる秘訣になるのです。熱心に取り組んでいるうちに、自分なりのコツやポイントを見つけ出していくようになり、この段階を経験することが仕事を面白くさせてくれます。何ごとも面白くなるほど、うまくこなしていけるものです。

成長する新入社員になるために

1.仕事を知る、2.業務ができるようになる、3.上達するというのは、自分の内側レベルのことです。新入社員研修を受ける多くの人は、1.か2.の意識を持って受けていると思われます。まずはそこからという考えは間違いではありません。でも研修は大切なインプットの時間です。そのインプットの質を高めるために意識して欲しいのが、自分がアウトプットするときを、常にイメージしながら研修を受けるということです。アウトプットには、さまざまな種類がありますが、自分で業務の中で実践するアウトプット、誰かに説明するアウトプット、自分より知識のない人に教えるアウトプットなど機会は豊富に考えられます。アウトプットすることを考えながら、インプットを行うと、学習効率はグッと高まると言われています。覚えたことを、話したり、説明したりできるまで自分は理解しているだろうかと、いつも確認するようにしてみてください。反省や振り返りも大切な材料になるでしょう。そのアウトプットの場面が研修中に提供されることもあるでしょう。発表やロールプレイングの場面では自己評価や分析を徹底して行いましょう。新入社員同士での練習やトレーニングのやり取りもきっと成長のための大きな糧になることを覚えておきましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事