同期

ビジネスマネジメント

新社会人、もしくは転職し新しい職場になったとき、
貴方はどんなことに気をつけていますか?
今まで当たり前だったことが当たり前じゃなくなったり、会社独自のルールや風習に戸惑ったりすることもあるでしょう。そんな時にどう振る舞えば良いのでしょうか。
新しい環境に適応するために何か必要なのかを以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

意識すべきは謙虚さ

どんなことでも素直に受け止められる、そんな心の環境づくりが一番大切です。今までの経験の上で、自分が出来ると思っている、そんな部分も少なからずあるでしょう。しかし、合わせるべきはその会社のベースであり、評価をするのはそこで働いている社員、上司、そして取引先やお客様なのです。間違いを指摘されたときに、むっとするのではなく、「はい」と言える心の準備をしましょう。
それが自分の立場を良くすることにもなります。指導に対して気持ちの良い返事が返ってこないと、どうしても指導側もテンションが下がってしまい、育てたいという意思を削いでしまいます。どんな内容だったとしても、まず一旦は自分の中に受け入れ、仕事が慣れてきた段階でその精査を行っても遅くはないはずです。

いつも明るく笑顔で丁寧

先程、「はい」と素直に返事のできる人であることを挙げました。さらに、それが笑顔で明るく丁寧であれば言うことはありません。どんな職場もコミュニティです。たくさんの人がいて初めて会社として成立しています。仕事だけできればいい、というわけにはいかないのです。だからこそ、まずはしっかりとどんな人にも挨拶ができること、これができることもとても大切です。相手の目を見て、はっきりした声で伝えれば、良い評価につながることでしょう。
また、返事やお礼、謝罪についても同様のことが言えます。どんなにまだ仕事ができなくて手際も悪かったとしても、これらができていれば長い目でみてくれることでしょう。
つまり、常に明るく笑顔で受け答えのできる人物でいることは、他人によく思われ可愛がられる可能性があるので、それを糧に成長できるというメリットがあるのです。

自分で判断しない

仕事には必ず優先順位があります。
やるべきことがいっぺんに降ってきたり、突然降ってきたり、想定外なことが起こるのがビジネスです。
体は一つしかないので、何を始めにこなすのか、何を後回しにしてもいいのかを考えなくてはなりません。
業務がわからないうちは、それを判断することは難しいでしょう。仕事の全貌が見えないと、優先順位を正しくつけられないからです。
その際は必ず支持を仰ぐことを忘れないようにしてください。その際には自分はこう思うのですがこれでいいですか?というように、自分の考えを盛り込むことを忘れないようにしましょう。でないと、何も考えていないと思われてしまいます。
迷ったら相談、のスタンスを忘れないことが大切です。

まとめ

上記で述べた、謙虚さ、明るいコミュニケーション、常に相談の姿勢を忘れなければ、円滑に仕事を進め、自分の社内でのポジションを確保していくことができるでしょう。新社会人、転職者は気持ちを整理して新たなチャレンジを迎えましょう。

ビジネスマネジメント

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
身だしなみ
ビジネスマネジメント
目次1 報連相とは2 報連相の重要性3 報告の注意点4 連絡の注意点5 相談の注意点6 わからないときは先に聞いておく7 まとめ 報連相とは...
事務
ビジネスマネジメント
目次1 クレームの種類2 クレーム対応に必要なスキル3 避けるべき意識 クレームの種類 問題や不満についてのクレーム 故障や欠陥、分からない...
business
ビジネス人気
電報という通信手段は、普段の生活で使われることは皆無ですが、結婚式などのおめでたい場や葬式で、祝意や弔意を伝えるために使われています。本稿で...