ビジネスマネジメント

「cc」の使用について知っているということは、メールのメリットを知っていることになると言われるぐらい「メールが自分にとって重要なのか」を判断できる大切なものなのです。

ccとは

ビジネスシーンではメールのccをよく使います。メールを使うメリットの中でも効果が高いと言われるccの使い方をご紹介します。同じ内容のメールを3,4人の人に同時に送りたいという場面はよくあります。複数の人に送るメールの中に「cc」があります。ccとはCarbon Copy(カーボンコピー)と呼ばれ、複写という意味をもちます。その使い道は、確認や情報共有のためのものなのです。

ccは共有

ビジネスメールで使われるccですが、宛先の方に送るメインメールとともに、誰かその他の方とメールの内容を共有したいときにccを利用します。その内容を第三者に共有したいときに使うということです。ですから、気をつけなければならないことは、ccメールを送る相手を漏らさないこと、また、メインの宛先の方にも分かるようにすることなのです。

<書き方例>

宛先…○○株式会社○○様 cc…○○様

宛先が1人であっても、ccを入れる人が複数いるという場合もビジネスシーンではよくあります。この場合には、宛先は1人で問題ありません。つまり、ccの人の名は宛名に個別に書く必要はありません。より丁寧にしたいときならばccであることがわかるように宛名を書けばOKということになります。このケースでccの宛名を書かないと失礼にあたるということはありません。

メールでBCCを使うのは

BCCには注意が必要です。宛先やccとは明らかに違うからです。「BCCの送信先は宛先とccの人には見えない」ということです。共有を目的に、宛先またはccにメールを送る場合、BCCで送られているその他の宛先があっても、メールの画面に表示されないということです。BCCの宛先が、宛先やccの人にわからないということになるのです。そうなると、ビジネスの場面で、BCCの宛先は共有した相手として知らされないことになるからです。つまり、「知られてはいけない」という意味があるのです。上司に、「いかなる場合も共有せよ」といわれている場合などでしょうか。もし、知られるとまずいような極秘内容を誤って宛先やccを使ってしまうと大きな事態にもなることもあります。

「宛名」「cc」を正しく送信を

メールはビジネスシーンにおける連絡手段として欠かせないものですが、共有したい複数の人にメールを送る場合に宛先やcc、BCCを正しく使い分けることが必要です。また、受け取った相手に責任がある場合があります。しかし、ccの相手が読んでないというようなビジネスメールにおけるトラブルが起こる場合もあります。

まとめ

「共有したはずの相手が読んでいないのだから相手の責任だ!」と言いたいところですが、相手が上司だったとしたら…会社内のルールとして、上司も社員も共通理解をしておかなければなりません。「なぜ読んでいない!」と言う前に、このようなことが起こらないようにccの意図を共通理解することです。メール内にあるたいへん便利なccですが、宛先やBCCのことも含めて、会社でしっかりと共通理解しておけば、その会社の業績アップにまでつながるでしょう。

 

 

 

問題のある怒りの種類

怒りには4つの種類があると言われています。怒り自体は悪いものではありませんが、その騒動でマイナスなことが怒りやすい問題視しなければならない怒りがあるのです。「強度が高い」「持続性がある」「頻度が高い」「攻撃性がある」について見てきましょう。

強度が高い

大問題に発展しやすいのがこのタイプの怒りです。怒りだすと止まらず、大声を出したりします。この状況の場合自分自身も周りの人もそのコントロールが難しいと言われています。自分が正しいと思っているから余計に止まらせないのです。そんなに怒ったところで解決はしない、まして自分の思う通りにはならないこということをまず認識することが大切です。

持続性がある

怒りの期間が長ければ長いほど、身体に起きる凝りのような変化が起きてきます。ずっと持ち続けていると凝りも痛みも大きくなり、他の部分にも影響を与えるものですよね。恨みや憎しみに変わる前に、対策を取りましょう。

頻度が高い

しょっちゅうイライラしている、些細なことにカチンとくることが多い人は、怒りに対する器にいつも怒りが溜まっている状態になりやすいということです。ですから、器の中の怒りが些細なことで溢れやすい状態になってしまうスパイラルが出来上がるのです。器をいつも空っぽにすることはできませんが、その中に溜まる量はコントロールできるはずです。

攻撃性がある

暴力的なものですが、それは身体的な攻撃に限りません。心を傷つけることも攻撃のひとつです。そしてその対象には3つあると言われます。他の人、自分自身、そしてモノです。言葉での暴力と言いますが、他人に対しての攻撃になります。もちろん暴力を振るうことも同じです。そしてモノにあたる人はよく見かけますよね。叩きつける、壊す、大切に扱わないなどです。最後に、自分を責める、罪悪感を持つことも自分自身への攻撃になってしまうのです。

隠れた感情を知ろう

怒りは2次的な感情で、その前提に1次感情があると言われています。気になる怒りやイライラを感じたら、隠れた1次感情を探ってみましょう。怒ったことが解決したのにまだ怒りが治まらないことがあります。治まらないどころかエスカレートしていくことを感じるなら、怒りの原因が他にあって、そのことがまだ解決していないということです。もしかすると最初の怒りとはまったく関係のないことかもしれません。自分の本当の気持ちに向き合うことを怖がっている可能性もあります。他の痛みに変えてしまうのではなく、正面から向き合う方が自分のため、周りのためになります。

できる人への嫉妬や劣等感
自分の現状に満足していないことで発生する感情です。自分を満たすことにエネルギーを注ぐという対策が一番の特効薬になるでしょう。嫉妬の対象をあまり意識しないようにすることもひとつの方法かもしれません。また、何ごとにも自分が1番でいたいと思ってしまうと、何でも自分より上手の人に対して劣等感を持ってしまいます。劣等感は、1番でないことに対する怒りなのです。すべてに1番になることは不可能です。常に上には上がいるのです。それを目指そう、真似しようとするプラスのエネルギーに変えられないのなら、諦めてみることです。1番でなくても上手になっていくことはできます。そのことを知るとラクになるのではないでしょうか。

防衛反応
自分が傷つかないように、自分を守ろうとすることで起きる感情です。怒りの感情が湧いてきた時に、自分は何を守ろうとしているのだろう、何を失うのがこわいのだろうと問いかけてみましょう。無理に誇示しようとしているものに気づくかもしれません。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事