business

結婚披露宴や会食などのフォーマルな機会では、洋食のテーブルマナーが要求されます。箸の代わりにナイフとフォークで食事をする洋食のマナーは、和食のマナーとは全く異なります。本稿では洋食のテーブルマナーについて紹介します。

フォークとナイフの使い方

洋食では和食と違い、食事が一品ずつ運ばれてきます。また、フォークとナイフが何本もセットされており、料理によって使い分ける必要があります。ナイフとフォークは外側から順番に使っていきます。食事の途中でナイフとフォークを置く場合、八の字にして先端をお皿の上に、柄の部分をテーブルの上に置きます。一皿食べ終わったらナイフとフォークを揃えて、柄が右下にくるようにお皿に載せます。フォークとナイフが一対のみのカジュアルスタイルのレストランでは、一つのお皿が終わるたびにナイフレストに置きましょう。
肉や魚など切り分ける必要があるものは、食べる分だけ切ります。最初に全て切り分けてしまうと料理が冷めてしまいますし、見た目も良くありません。ナイフで切るときにはお皿に当たって音が出ることがないよう、注意しましょう。
ライスを食べるときは、ナイフを置いてフォークを利き手に持ち替えて、フォークですくって食べます。フォークの背にライスを載せて食べることは本来の洋食のマナーではありません。

その他のマナー

洋食では、お皿の上にナプキンが置かれています。席に着いたら、目上の人がナプキンを取ったことを確認してから、自分のナプキンを取って広げ、二つに折りたたんで膝の上に載せます。ナプキンは口元や指を拭くことに使います。お皿やフォーク、テーブルなどを拭いてはいけません。食事の途中で席を立つときは、ナプキンを軽く折りたたんで椅子の上に置いておきます。食事が終わったら、汚れた部分を内側にして折りたたみますが、あまりきれいに折りたたむと「料理に満足していない」というサインになるため、注意が必要です。
洋食の飲み物ではワインを注文することが多いです。フォーマルな場では、ワインを注ぐのはソムリエの仕事。自分たちでお酌し合うのはマナー違反です。
ワインを注いでもらうとき、グラスはテーブルに置いたままにします。手をグラスに添える必要はありません。グラスの縁に人差し指と中指を置くと「注がないでください」というサインになります。

まとめ

洋食のテーブルマナーのポイントは以下の通りです。
-和食のマナーとの違いに注意する
-無言のサインを上手に使いこなそう
フォークとナイフの使い方のマナーには、箸を使うときにはタブーとされているものもあります。例えば、箸をお皿の上に置くことはマナー違反ですが、フォークとナイフではそれが許されます。箸を食べ物に突き刺すことはできませんが、フォークは突き刺すことでものを食べる道具です。もともと異なる文化で生まれた料理のため、マナーが異なることは当然です。混同しないように注意しましょう。
フォークとナイフを八の字に置くことはまだ食べているというサイン、ナプキンをきちんとたたむのは食事に満足していないサインなどと、洋食には無言のサインがたくさんあります。店員とスマートにコミュニケーションを取るためにも、また知らず知らずに失礼なサインを送らないためにも、しっかり覚えておきたいところです。

創立記念パーティーや交流会など多人数が出席する機会に、立食パーティーというスタイルを取り入れている会社がたくさんあります。立って食事をするという特殊な状況であることから、通常の食事とはマナーが違ってきます。本稿では立食パーティーのマナーを紹介します。

食事のマナー

カジュアルな立食パーティーでは、出入りが自由なことが多いですが、フォーマルなものでは開始のときに乾杯をすることがあります。グラスを片手で持ち、乾杯の音頭に合わせて少し上にあげます。その後周りの人と目を合わせて、軽く会釈をしながら乾杯しますが、グラスは合わせません。冷たい飲み物が入っているグラスは、水滴が落ちることを防ぐため、ナプキンで底を包むようにして持ちます。
料理は右から左の順で取りに行きます。途中で割り込んだり、左から右に取ったりすることはマナー違反です。料理は少量ずつお皿に盛ります。グラスとお皿を片手で、もう一方の手でフォークを持つため、料理はお皿いっぱいに盛らないようにしましょう。また、冷たいものと温かいものを同じお皿に取ることは避けましょう。一度に使うお皿は1枚まで、食べ終わったら新しいお皿を使います。
食事中に誰かに話しかけられたら、手近なテーブルに皿やグラスを置き、両手を空けて話すことがマナーです。

その他のマナー

会場によっては、ドレスコードが決められている場合があります。招待状に記載されていることもありますが、書かれていない場合は主催者か会場に問い合わせてみましょう。また、例えば同じ正装でも昼と夜とで着る服が異なるため、パーティーの時間帯にも気をつけましょう。立食パーティーでは立っている時間が長く、移動も多いため、靴は履き慣れたものがいいでしょう。女性は低めのヒールを履き、男女とも靴の汚れは落としておきましょう。また、料理を取ったり移動したりするとき邪魔にならないよう、袖や裾が長すぎるものは避けたほうがいいでしょう。
会場には荷物を置く場所がないことが普通です。名刺や貴重品など必要最低限のものだけを手元に置き、他の荷物はクロークに預けましょう。男性は持ち物をポケットに入れ、女性は肩にかけられるタイプの小さいパーティーバッグを持っておくといいでしょう。
会場に到着したら主催者に挨拶に行きましょう。初対面の場合は自己紹介と名刺交換をします。他の参加者とも名刺交換を行い、人脈を広げましょう。

まとめ

立食パーティーのマナーは以下の通りです。
-持ち物は最小限に
-食事より交流がメイン
立食パーティーでは、立ったまま食事をしたり料理を取りに行ったりしなくてはいけません。そのため、荷物が多すぎるとスマートに動くことができません。必要以上のお金は持っていかない、化粧品を持ち歩きたいときは口紅やファンデーションだけにするなど、持ち物を少なくする工夫をしましょう。たくさんの人と名刺交換をすることになるので、名刺だけは多めに持って行きましょう。
立食パーティーのメインは参加者同士の交流です。いくら食べ物がおいしいからといって、食べる事ばかりに集中していては主催者に対しても失礼になります。
主催者に交流の場を作ってくれたことを感謝し、人脈を広げるいい機会として、積極的にいろいろな人との会話を楽しみましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
インターネットが普及し、交通手段が発達した時代において、海外に出て仕事をすることが当たり前になってきました。また、海外出張で一時的に日本に仕...
服装
ビジネスマネジメント
目次1 組織を上げてのリスク対策2 報連相の重要性3 客観的視点を養う4 直接伝える機会を継続 組織を上げてのリスク対策 経営陣や管理職がど...