ビジネスマネジメント

お客様がいらっしゃったときに飲み物を出す状況があります。会社によって、または来たお客様によって何を出すのかは異なりますが、どのように淹れ、どのようにお出しするのかをご存知ですか?
以下にまとめましたので、是非参考にしてみてください。

会社のルールに従う

会社によっては、
お茶を出してと言ったら、それが本当のお茶なのか、コーヒーなのかは決まり事があります。おちゃやコーヒーの淹れ方については、普段から練習し、大切なお客様の際には完璧にこなせるようにしておきましょう。

コーヒーの淹れ方

社内の給湯室には何があるかは把握しておきましょう。一般的な会社ではコーヒーをドリップしてそれをお出しすることが多いようですので、その淹れ方をご説明します。

そもそもドリップコーヒーとは、ドリッパーにフィルターをつけ、そこにコーヒー豆とお湯を入れていただくものです。コーヒーにはカフェインが含まれております、眠気を覚ましたり、脳を活性化させる効力もあるのだそうです。飲み物で喉を潤す以外の効果も期待できるのです。

ドリッパーにフィルターを敷き、いって挽いた豆を人数分入れます。そこに熱湯を注ぐのですが、「の」の字を書くようにゆっくり入れます。お湯の温度や豆の挽き方、や種類、速度、蒸らした時間によってコーヒーの味が変わります。
豆に関しては、アラビカ種、アラビカ豆を使用するといいでしょう。一般的に飲まれているホットコーヒーなので、日本人の舌にも馴染みがあり、美味しいと感じさせるはずです。

ドリップしたコーヒーはカップに注ぎます。このあと持ち運ぶことも考えて、なみなみ注がず、七分目くらいに留めておくようにしましょう。

コーヒーを出す

コーヒーカップとソーサー、ティースプーンをトレイに載せます。数が少ない場合には、ソーサーの上にカップをセットしていきます。数が多い場合にはソーサーとカップを別にしていきます。トレイが持つのが大変なくらい重くなるようであれば、二回に分けて持っていきましょう。さらに、一緒に清潔な布巾も持っていきます。

トレイを片手に持ち、空いている手でノックをし、失礼しますと声をかけて入ります。トレイはサイドテーブルかテーブルの下座に置き、上座の方から順番に出します。その際、カップに柄が付いているものはそれが見えるように置きます。
ティースプーンは右に柄の部分がくるようにカップの手前にセットします。スティック状の砂糖はスプーンの横に添えます。ポーション状のミルクはスプーンの左側に置くようにしましょう。持ち運ぶ最中にこぼれてしまうこともありますので、持ってきた布巾で綺麗にしてからお出ししましょう。

基本的には相手の目の前に出すようになっていますが、すでに書類がテーブルに広がっているようであれば、右側など邪魔にならないところに置くようにしましょう。

最後に失礼しましたと言って退出します。すでに話が始まっている場合には会釈をして出る程度に留めましょう。

まとめ

飲み物を相手に出すということは、おもてなしをするということです。コーヒーの出し方や味で会社として評価されます。特にマナーがなっていなかったら気になるものです。ぜひ会社の代表として、コーヒーの淹れ方と出し方についてはマナーを身に着けておきたいですね。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事