マナー

昨今のグローバル化により外資系企業も多数国内に存在しています。
日本の中のやり取りであっても状況によっては日本のビジネスマナーが通用しない、
逆に失礼になってしまう、そんなときもあります。
海外の方とやり取りをする際に注意するべき、日本と海外のマナーの違いをまとめましたので、
ぜひ参考にしてみてください。

いきなりの名刺交換はNG

日本では初対面の相手に、まず名刺を持って名前を名乗ります。
しかし海外では名刺は重要視されておらず、メモ同然の扱いです。
むしろ海外ではまず挨拶がきちんとできるかどうかが問われます。
入室したらまずははじめましてと挨拶をし握手を交わします。
そして名刺なしで名前を名乗り、それが終わった後で「これが私の名刺です。」と簡単に渡します。
相手の国のあいさつの方法なども調べておくとよいでしょう。

お辞儀はNG

日本では、会釈・敬礼・最敬礼とお辞儀には種類があり、使い分けています。
特に大切な場面では最敬礼で相手に敬意を表します。
しかし、海外では逆に失礼に当たる可能性があります。
そもそも海外では頭を下げるという習慣のある国は非常に少ないです。
一般的に相手に敬意を示す場合は、相手の目を見てコミュニケーションをとるという手段で表します。
なので、頭を下げて視線をそらしてしまう行為は落ち着きがなく、コミュニケーションも遮られてしまうので、
あまり使用しないほうがいいでしょう。

堅苦しく回りくどいメールはNG

日本ではビジネスメールの書き方が決まっていて定型文もあります。
初めに宛先、その後挨拶文、内容も概要や理由、詳細を書き、締めの言葉を書く、それが一般的です。
しかし、海外では異なります。ビジネスメールに型は存在しません。
むしろ重視されるのは、簡単に正確に内容が伝えられているかどうかです。
メールは相手の文章を参考に、簡潔に記載することをお勧めします。

無言で人の前を通るのはNG

日本は狭い島国なので、狭い場所でたくさんの人が行きかいます。
その際に毎回「すみません」と声をかけたりはしません。
しかし海外ではそれが失礼に当たる可能性があります。
必ず「Excuse me」と一声かけるようにしましょう。

席次の考え方そのものがNG

日本では上座、下座があり、目上の方を敬うことが当たり前となっています。
逆にできていなければ非難を浴びることもあります。
しかし、海外ではそうではなくレディファーストの国が多いです。
相手の国の情報をあらかじめ調べておくとよいでしょう。

飲み会の席でのNG行為

海外では、仕事とプライベートはしっかりと分けられています。
仕事の後の飲み会には私服で参加することがほとんどですし、
ましてや、仕事で飲み会の開始時間に遅れたと言おうものなら、
時間の管理のできない人とみなされます。
また、日本にはお酌の文化がありますが、
海外ではそれがない国が多いです。
飲み物を継ぐのは自分でかウエイターの仕事なので、
お酌は控えましょう。

まとめ

私たちがビジネスマナーとして学んできたことが必ずしも通用しない、逆に失礼になる可能性があるのが海外です。
グローバル化に対応すべく、日本のマナーと海外のマナーの使い分けのできる人間になりましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 始業時間は、あくまでも会社の業務をスタートさせる時間です。よってそれまでに席に着き、始業時間にはスグに仕事を開始できる状態に準備しておく必...
business
ビジネス人気
 社内会議では「聞く」時、そして「話す」時、いずれも社会人としてのマナーが必要とされます。本稿では社内会議の「聞く」時のマナーについて解説い...