business

ビジネスマネジメント

座る席には必ず上座と下座が存在します。
これは相手に敬意を示し、おもてなしをするために絶対に欠かせないマナーです。
知らずに間違った場所に座ると非常識とされ、
社会的常識のない人というレッテルが張られてします。
こちらでは、部屋の中での席次についてまとめましたので今一度確認してください。

席次の基本

基本的には、入り口から最も遠い席が上座、入り口に最も近い席が下座となります。
最近ではさまざまな部屋の様式があり、それによって上座も異なります。

応接室の場合

応接室では入り口から一番遠い席が上座となります。
椅子の種類によっても席次が異なり、長椅子に目上の人が座るのが常識です。
長椅子に3人腰かける場合にはも入り口から遠い場所から順番に座ります。
片側3人で個別の椅子の場合には、入り口から遠い中央の席が上座となります。
ただし、景色や美しい装飾がある場合は、入り口から近い席だったとしても
それらが見える場所が上座となります。

会議室の場合

対面の会議室の場合は、入り口から一番遠いサイドの中央が上座となります。
また、司会や議長がいる場合にはその人を中心に置き、その人から近い位置が上座です。
コの字の席の場合には、司会や議長の右側が上座となり、
その後左右交互に座っていくようになります。

和室の場合

和室の場合は特殊で、床の間がポイントとなります。
床の間のない場合
入り口から一番遠い席が上座、入り口に最も近い席が下座となります。
床の間のある場合
床の間の前が上座、入り口に最も近い席が下座となります。
状況によって異なりますが、
例えば、景観を楽しむことのできる部屋の場合は、
それがよく見える場所が上座となります。
また、部屋や食事の配置で、席が狭い、食事が遠い場合はそこが下座になります。
臨機応変に対応しましょう。

円卓の場合

中華料理などをいただく場合に席が円卓である可能性があります。
その際は、扉から一番遠い席が上座、入り口に一番近い席が下座となります。
上座の方が席に着くまでは着席せず入り口付近で待っているようにします。
食事も上座の人から取り分けるようにしましょう。

そのほか室内の席次で気をつける点

基本を押さえておけば、おのずと上座が見えてきます。
①入口に最も遠い席が上座、最も近い席が下座
②椅子は長椅子やひじ掛けのある椅子が上座
③ポジションとしては下座であっても、景色や装飾品を楽しむことのできる席は上座
もし迷った場合は会社の上司やお店の方に事前に聞くようにしましょう。

また上座の人より先に席に座ることはNGです。
相手が着席したのを見て着席、もしくは相手が座るように促したら着席するようにしましょう。
待っている間は座っていて、上座の人が入出した際に席を立つこともあります。
目上の人を敬っているということが表れていればOKです。

まとめ

細かいルールがあり、状況に応じて臨機応変に対応が必要なのが席次です。
難しくはありますが常識を問われるマナーの一つです。
正しく理解し、時には指示を仰いでビジネスマンとしての評価を落とすことのないようにしましょう。
普段の例えば友人との食事や、飲み会などで上座はどこかを考えて着席する習慣をつけておくといいですね。

ビジネスマネジメント

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
オフィス
ビジネス人気
目次1 一カ月のお金を把握しよう2 使わないお金を先に確保3 財布にいくら入れておく?4 貯金だけが投資ではない 一カ月のお金を把握しよう ...
business
ビジネス人気
 業務上で知り得た、顧客の個人情報や他企業の情報等の、会社の情報は秘密を守る必要があります。これら業務上知り得た秘密を守るのは社員の義務とな...