ビジネスマネジメント

通夜や告別式に参列する機会は社会人になると増えていくでしょう。
お悔みする厳粛な場なので、かなり厳しいマナーが求められます。
それを逸脱すれば、失礼な上怒りをかってトラブルになる可能性もあります。
通夜と告別式の際のビジネスマナーをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

通夜と告別式の違い

そもそも通夜とは、訃報を聞いた際にすぐ駆けつけるという場のことを指します。
以下で服装について触れますが、突然のことなので必ずしも厳格でなくても良いとされています。
また告別式に関しては、故人をしのぶ気持ちのある人であれば誰でも参加できるものです。
まず訃報が入ったときに通夜の日程が知らされれば、まずそこに参加できるかどうかを判断したらいいでしょう。

服装
・男性
喪服を着用する。
通夜の際は、グレースーツやブラックっスーツでもよい。
靴下やネクタイは黒を選ぶ。
装飾品は外しておく。
・女性
喪服を着用する。
地味な黒いワンピースやスーツなどでもよい。
アクセサリーは”涙”を意味するパールなら可だが派手なものは避ける
ネックレスは一連のみが許されるおり、二連は「不幸が重なる」という意味があるので避けます。
靴も黒のパンプスにしましょう。

男女ともに言えることですが、革や毛皮などは殺生と結びついてしまうので避けましょう。
光物も基本的にはNGです。数珠とふくさは必ず持っていきましょう。
ハンカチに関しても色物ではなく、白か黒を持っていきましょう。

香典
香典は香典袋に包みます。
その表書きは宗教によって異なりますので注意しましょう。
仏式「御霊前」「御香典」
神式「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」
キリスト教「御花料」「献花料」
このようにさまざまありますので使い分けましょう。
また同封する金額によって模様に関して使い分けが必要です。
水引が印刷されているもの:5000円~1万円
白黒の水引:1万円~2万円
双銀の水引:3万円~5万円
大型でひだ折りのあるもの;10万円以上
最近では不祝儀袋はすでに表書きが書かれているものもありますので、利用するとよいでしょう。

金額に関しては、亡くなった相手とどういった関係にあるかによって異なります。
親しいほど金額が上がります。
両親:10万円
兄弟:3万円
祖父母や親戚:1万円
会社の上司:5000円~1万円
近所の人:5000円

これをふくさに入れて持ち歩きます。香典袋を生身で持ち歩くのはマナー違反です。

受付での振る舞い

開始時間に間に合うように行き、あらかじめ携帯電話の電源は切っておきましょう。

まず受付に向かいます。
受付では故人との関係によって並ぶ列が異なりますので注意が必要です。
自分の番になったら、「このたびはご愁傷様でした。」と言葉を添え一礼します。
そして持ってきたふくさの中から香典袋を取り出します。そして受付の方に渡す際、
文字がまっすぐ見えるように両手で持ち渡します。
通夜の時点で香典ができていない場合は記帳だけ行います。
受付がない場合は、遺族にお悔やみの言葉を述べて渡すか、
焼香時に祭壇に備えるようにしましょう。
とお声かけをします。

まとめ

上記のように、訃報を聞いてから受付までの間にも細かなマナーがあります。
突然のことなので対応に戸惑うこともあるかと思いますが、
冷静に対応し失礼のないようにしましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事