ビジネスマネジメント

全部で30種類以上

セクハラ(セクシャル・ハラスメント)という言葉はかなり昔からありますが、現代社会では様々なものがハラスメントとして認識されるようになっています。ハラスメントとは、嫌がらせや相手を不快にさせる行為のことを意味しています。称されるハラスメントの数は30以上に上っています。

無意識なハラスメントに注意

ハラスメントの定義では、故意なものはもちろん、加害者に嫌がらせやいじめるなどの意識が無かったとしても、相手が嫌がらせや不快と取るならばハラスメントになると定められています。従って、無意識なものであっても加害者になる可能性があるということです。

ビジネスで起こりがちなハラスメント

アルコール・ハラスメント(アルハラ)
酔って相手に不快な思いをさせる、迷惑をかけることはもちろん、無理に相手に飲酒を強要することもアルハラです。

エアー・ハラスメント(エアハラ)
俗にいう空気を読めない人が、雰囲気を壊す行為を言います。真剣に仕事をしている時、和んだいい雰囲気の時にそれを壊す発言や態度を取ることです。

エイジ・ハラスメント(エイハラ)
中高年の社員に対して、年齢を話題に出して出世の遅さやレベルの低さを指摘することを指します。求人募集などでもその必要はないのに、年齢制限を設けることもエイハラのひとつです。

終われハラスメント(オワハラ)
企業が応募者に対して、他の企業への応募をしないように迫ったり、他の企業は受け入れないだろうと脅しをかけ内定を確実にしようと働きかけることをオワハラと言います。

カラオケ・ハラスメント(カラハラ)
立場を利用してカラオケを歌いたくない人に対しても無理やり歌うように強要することを指します。

スメル・ハラスメント
体臭や口臭も他人に不快な思いをさせたらハラスメントになります。強すぎる香水もハラスメントのひとつです。

セクシャル・ハラスメント(セクハラ)
ほんの少し肩に触れただけ、ちょっとした言葉がセクハラに繋がるので注意が必要です。

ソーシャルメディア・ハラスメント(ソーハラ)
上司がSNSの友達申請やいいねの強要をすることもハラスメントのひとつです。その上司がいいねをすることで部下が監視されているような気持ちになることも当てはまります。

テクノロジー・ハラスメント(テクハラ)
パソコンやスマートフォンなどに詳しい人が、そうでない人に対して行う嫌がらせです。教える時に難しい専門用語を使ったり、高圧的な教え方をしたり、こんなことも分からないのかとバカにしたように接することもこれにあたります。

パワー・ハラスメント(パワハラ)
立場や権力や階級を利用して、弱い立場の人に本人の意思に反することを強要することをパワハラと言います。

ブラッドタイプ・ハラスメント(ブラハラ)
血液型によって、相手の人柄や性格などを決めつける言動や捉え方をすることをブラハラと言います。

モラル・ハラスメント(モラハラ)
個人の常識や社会的モラルを相手の意志に反して強要することをモラハラと言います。

リストラ・ハラスメント
リストラの候補者に対する社内での嫌がらせや不当な扱いをして、自主退職に持ち込もうとするハラスメント

相手に伝えたい事象がある際、特に相手が客である場合や今後も良好な関係性を保ちたい場合、相手の依頼を断ったり反対意見を述べたりすることは気がひけるものです。それでも、ビジネスですから、自分や自社の利益を守るために言わなければいけない事柄は、言わなければいけません。クッション言葉は、そんな直接的表現を避けた方が良い場面で使用される言葉です。クッション言葉を使いこなせるようになったら、ビジネスパーソンとして一人前と言えます。

クッション言葉が必要な場面

・依頼をする
「~~してください。」という表現の代わりに使用する。

・相手の提案や依頼を断る
「できません。」「しません。」という表現の代わりに使用する。

・(特に目上の人に対して)反対意見を述べる
「あなたは間違っています。」という表現の代わりに使用する。

・相手の行為を禁止する
「~~してはいけません。」という表現の代わりに使用する。

クッション言葉の例

上記の場面に使用するクッション言葉の例を見ていきましょう。

・依頼をする
「○△様へ伝言してください。」
→『お手数をおかけいたしますが、○△様へ伝言していただけますか。』
『お手数ですが』もよく使用されます。また、言い切るのではなく疑問形になっていることがポイントです。

「教えてください。」
→『差し支えなければ、お教えいただけませんか。』
『差し支えなければ』を使用することにより、相手の都合をうかがう表現となります。

・相手の提案や依頼を断る
「今回は依頼しません。」
→『検討の結果、残念ながら今回は依頼を見送らせていただくことになりました。」
『検討』『熟考」などの表現を用いることで、相手の事情への理解や提案内容への敬意を示すことにつながります。また、「見送る」という表現により、拒否の意味合いを和らげます。

「依頼を引き受けません。」
→『せっかくのご推薦ではございますが、ご辞退申し上げます。』
辞退する理由も添えるとなおのこと良しです。この際、なるべく嘘は付かないほうが良いですが、場合により嘘も方便です。

・(特に目上の人に対して)反対意見を述べる
「課長の意見は誤っていると思います。」
→『課長のご意見も理解いたしますが、私はAという観点からBだと考えております。」

まずは、相手の意見を正しく理解し、受け止めることが必要です。そして、目上の人に対して反対意見を述べるときは特に、自分がその意見を持つに至った根拠や理由について、わかりやすくはっきりと述べなければいけません。また、人格否定とならないよう最新の注意が必要です。

・相手の行為を禁止する
「ここに座らないでください。」
→『申し訳ございませんが、こちらではなくあちらのベンチにおかけいただけますでしょうか。
「申し訳ありませんが」もよく使用されます。相手の行為を禁止する際は、ただ禁止するだけではなく、なるべく代替案を示すようにしましょう。

氾濫するクッション言葉

敬語も使いすぎると慇懃無礼になるように、また二重敬語が耳障りであるように、クッション言葉も使いすぎると、場合により失礼にもなりますし、話し手の意図が伝わりにくくなります。効果的に使い、言いにくいことを相手にお願いできるテクニックを身につけましょう。

まとめ

クッション言葉は多くの場合、伝えたい事柄の前に用います。ただ、日本語表現の特徴として、表現の敬意や丁寧さを一つの文章の中で合わせた方がより美しくなります。クッション言葉を使用する際には、併せてそのあとの言葉もより柔らかい表現となるよう注意を払いましょう。

 

 

クッション言葉とは

クッション言葉とは、言葉の前に一言添える言葉で、相手に対する思いやりの気持ちを表現するものです。例えば、「恐れ入りますが、少々お待ちください。」という言葉の「恐れ入りますが」がクッション言葉です。なくても話は通じるのですが、つけることで柔らかい印象になります。特に言いにくいことを伝えるときや、何かをお願いするときに使うと効果的です。クッション言葉は「依頼・断り・感謝・尋ねる・反論」の場合によく使われます。それぞれ代表的なクッション言葉を覚えておきましょう。

依頼に使うクッション言葉

人に何かを頼む際によく使われるクッション言葉は「恐れ入りますが」です。例えば、「恐れ入りますが、こちらでお待ちいただけますか。」「恐れ入りますが、こちらにサインをお願い致します。」というように使います。

断るときに使うクッション言葉

何かお願いされたことを断るときによく使われるクッション言葉は「申し訳ありませんが」や「せっかくですが」となります。例えば「申し訳ありませんが、私ではわかりかねます。」というようにできないことを断ります。「せっかくですが、今回は見送らせていただきます。」というように、ありがたいお話をお断りする場面でも使うことができます。

感謝のときも使えるクッション言葉

言いにくいことを伝えるとき以外にも、クッション言葉を使うと好印象になることがあります。例えば、感謝の気持ちを伝えるときは「おかげさまで」というクッション言葉をよく使います。「おかげさまで、無事〇〇することができました。ありがとうございました。」というように、一段と丁寧に感謝の気持ちが伝わるようになります。

尋ねるときに使うクッション言葉

こちらがわからないことなどを相手に尋ねるときに使うクッション言葉です。よく使われるのが「失礼ですが」になります。例えば電話で相手が名乗ってくれないときに「失礼ですが、お名前を教えていただけますか。」と使われることが多いです。まれに「失礼ですが」のみで使われる方がいらっしゃいますが、何を尋ねているのか伝わらないこともありますし、逆に不快感を与えてしまうこともあります。きちんと最後まで伝えましょう。

反論するときに使うクッション言葉

相手の意見に反論するというのは、なかなか言いにくいものです。そのまま伝えると、高圧的な印象になってしまいますので、クッション言葉を使い、少しでも丁寧で優しい印象にしましょう。強く反論するときに使うクッション言葉は「お言葉をかえすようですが」になります。「お言葉をかえすようですが、私はその意見には賛同しかねます。」というように真っ向から反論するときの言葉になります。

もう少し軽めに反論したいときには「確かにそのとおりでございますが」を使うといいでしょう。「確かに」と一度相手の意見を受け入れているので、柔らかく聞こえます。「確かに〇〇さんがおっしゃるとおりでございますが、今回は〇〇という状況ですので、こちらの方がよろしいかと思います。」というように、一度受け入れてから自分の意見を伝えます。

まとめ

相手に伝えたら嫌な気分にさせてしまう内容でも、丁寧で優しい印象になるのがクッション言葉です。対面で会話をしているときだけでなく、電話やメールでも使うことができますので、いろいろな場面で使ってみましょう。たった一言、言葉の前につけるだけで、相手の印象が大きく変わることもあります。ぜひ使いこなせるようになってください。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事