ビジネスマネジメント

第一印象は見た目で決まります。社会人として第一印象は好印象を与えたいものです。本稿では、相手に好印象を与えるためのオーソドックスな身だしなみについて解説します。こちらは女性編となります。

着用物の身だしなみマナー

主にスーツの際に気を付けたい、着用物の身だしなみマナーは下記となります。基本的には清潔感のある服装が大前提となります。

「スーツ」
色はベーシックカラーが無難。袖口や襟が汚れていないか、また目立つシワがないか注意。襟がヨレヨレになっていないかも定期的に確認を。またスカートの丈が短すぎないかも注意が必要。スーツは、就職活動中の学生のようなリクルートスタイルにならぬよう、色やアクセサリーで個性を出しましょう。
実は、女性のスーツ姿の正装はスカートとなります。普段はパンツスタイルで構いませんが、会社の公式行事や重要な顧客プレゼン等で、多くの人の前に立つ際は、スカートを選んだほうが無難となります。

「シャツ」
派手な色のシャツは避ける。シャツにはアイロンをかける、もしくはノーアイロンのシャツを着用。袖口や襟に汚れがついていないように注意。

「ストッキング」
伝線に注意。ベージュ系が基本だが、冬は黒のストッキングもOK。ただし柄の入ったストッキングは避ける。

「靴」
汚れに注意。クリーム等で定期的な手入れを行うこと。かかとがすり減っている場合は、取り換えを行う。あまりにカジュアルな靴は控えること。また高いヒールやブーツもNGです。

「アクセサリー」
派手なものや仕事中に邪魔になるデザインのモノは避ける。小さめでシンプルなものがベター。

メイクのマナー

ビジネスシーンではナチュラルメイクが基本。しかしながらいくらナチュラルメイクと言っても、ノーメイクはNGです。

「リップ」
ピンク系やピンクベージュ系のものを選ぶ。派手なリップは避けること。

「髪」
前髪は目にかからぬようにすること。髪が長い場合は、束ねる。ヘアカラーは自然な色にすること。

「眉」
細すぎる眉毛や、手入れをしていない眉毛はNG。

「アイメイク」
マスカラの付けすぎ、長すぎる付けまつげで、派手にならぬよう注意が必要。

「ネイル」
爪の手入れは定期的に。派手すぎたり、長い爪等、目立つネイルはNG。

制服の場合

今も会社から支給される制服で、業務を行う会社が多く存在しています。制服の場合は、リボンの結び方、ネームプレートの付け方、スカートの長さ等は決められているので、独自のアレンジをせず、ルールを守って着ましょう。

またスーツと同様、洗濯・アイロンがけはマメに行い清潔感を保つようにしましょう。特に汚れやほつれが無いかは、常にチェックしたいものです。

まとめ

ビジネスシーンでの身だしなみは、清潔感が第一。日ごろの感覚でつい個性を出したい気持ちも分かりますが、仕事の際の身だしなみは、相手に不快感を与えないことが第一となります。その意味では、清潔感が大前提ですが、会社や職種によって求められる身だしなみは異なってくる、という点にも留意が必要です。どのような身だしなみが求められるのか、という点については、職場の先輩の姿が参考になるでしょう。

そして、出勤前に全身を鏡に映し、「清潔感はあるか」という視点で自らをチェックした上で、会社に向かうようにしましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事