ビジネスマネジメント

新入社員の笑顔の大切さ

笑顔でいることを心掛けましょう。笑顔の影響力は絶大です。ビジネスシーンでの笑顔は、単にへらへら、ニコニコするという意味ではありません。相手に対して反応を示すコミュニケーション手段なのです。無表情でいると、たとえ不機嫌でなくても、ムッとしているように見られることもあります。そんな瞬間が増えれば増えるほど、相手にとって接しにくい人という印象を植え付けてしまいます。時間が経てば、人となりも分かり合えるかもしれませんが、新入社員の時期というのは、1日も早く周囲に溶け込みたいものですよね。意識していなかった人も、この笑顔の大影響力を知って、どんどん有効活用していきましょう。いつも笑顔でいるイメージがあるというのは、その先のコミュニケーションに良い影響を与えていくことになるのです。

笑顔はみんなが得すること

笑顔に触れて損をする人はいません。懸命に真面目にならなければならないビジネスシーンでも、笑顔でいることはビジネスパーソンとして必須のことです。警戒心を解くことができたら、何気ない話もしてもらえるようになります。ちょっとした雑談の聞き手になれるかもしれません。忙しいときに、仕事を頼んでもらいやすくなります。そういうやり取りをしていると、いざ、自分が困ったり、助けが必要になったときにスムーズに質問したり、協力してもらうことができるようになります。すべてが組織の一員として大切なコミュニケーションなのです。笑顔なら、教わる必要はありません。笑顔が苦手と思うなら、自分でも練習することができます。新入社員の時期は特に、役立つときが溢れているはずですよ!

笑顔の習慣トレーニング

まずは、いつでも笑顔を心掛けることです。とにかく習慣が第一です。職場に入る直前には、どんなに緊張してても、どんなに眠くても、笑顔になってドアを開けるようにしてみましょう。始めは作り笑顔でも脳は「笑顔」の心境の反応を示すのだそうです。つまり、ご機嫌な気持ちになることができるということです。プラスのオーラを運べる人でいましょう。デスクに座る前も、誰かとすれ違うときも、上司や先輩に呼ばれたり、指示を受けたときも、もちろん、お客様の前でも。もしかすると周りの人たちは奇妙に思うかもしれません。でも、新入社員というのは、新しい仕事が始まり、新しい人たちに出会う嬉しさや好奇心いっぱいの時期でもあるのですから、変なことではありません。そんな姿にプラスの影響を受ける人すらいるかもしれないのです。

笑顔の習慣を付けておくことは、この先のキャリアでも必ず役に立ちます。口角を上げることを一日に何度も意識してみましょう。家で割り箸を数分間、咥えてみてください。顔が筋肉痛になる人は、表情筋が鍛えられていない証拠です。意識と習慣によって意識しなくても上がった口角が身に付きます。それに伴って、表情筋も鍛えられていきます。口角が上がっている人は、健康的で、穏やかな印象を醸し出します。次第に笑顔の質も上がっていくでしょう。きっと、仕事のさまざまな場面で、その笑顔に助けられる人が増やせるはずです。豊かな表情が出せるようになると一石何鳥もの効果があることを、ぜひ、覚えておいてください。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事