business

顧客に初めて会った時には、自己紹介を行います。話す内容や紹介の順番など、ビジネスシーン特有の自己紹介のルールがいくつかあります。本稿では自己紹介の仕方を紹介します。

自己紹介の内容

名刺交換時や会議の前などに行う、少人数へ向けた自己紹介は、簡潔であることを心がけます。自分の名前・所属・担当業務などを述べ、最後に一言挨拶を添えます。以下に例を挙げます。
「システム開発を担当しております田中と申します。よろしくお願いいたします。」
「佐藤に代わって御社のご担当をさせていただくことになりました、営業部の鈴木と申します。よろしくお願いいたします。」
姿勢や声のトーンにも気をつける必要があります。具体的には、以下の点を意識します。
・口角を上げ、顧客の方に視線を向ける
・ハキハキとした口調、早すぎず遅すぎないスピードで
・背筋を伸ばし、何も持っていない場合は体の前で軽く手を合わせる
・自己紹介が終わったら、30度くらいの角度で腰からお辞儀をする
セミナーの司会などで大人数に対して自己紹介する場合は、名前や所属のほかに、セミナーの内容に関する自分の経験や資格などを紹介すると、セミナーの説得力が増します。自己紹介の前には、参加してくれた人たちへのお礼の一言を忘れずに。

複数人の間での自己紹介

自社の人間複数と、取引先の方複数とで紹介し合う時は、紹介の順番に気をつけなければいけません。
自己紹介の順番のルールは以下の通りです。
1.訪問する側から紹介する
2.役職が下の者から紹介する
3.年齢が下の者から紹介する
4.男性から紹介する
ルールがバッティングした場合、最も優先されるのが1.で、2,3となるにつれて優先順位が下がっていきます。同じ人が自己紹介を行う場合でも、状況によって順番が変わることがあるため、注意が必要です。
具体例を見ていきましょう。
40歳の部長と45歳の課長の場合は、役職が下の課長から自己紹介を行います。
A社の部長が、来客であるB社の課長を迎える場合は、B社の部長から先に自己紹介を行います。 A社がB社に訪問する場合は、A社の課長から先に自己紹介を行います。
男性が先に自己紹介を行うというルールは、そこまで厳しいものではありません。特に意識せず、状況に応じて判断してしまってもかまいません。
目下から先に自己紹介を行うことで、目上の人を立てることができます。ただし、名刺交換の場合は目上から行うことが基本なので、混同しないように注意しましょう。

まとめ

自己紹介のポイントは以下の通りです。
-簡潔に行う
-目下の者から行う
短い時間で必要な情報を伝えられるよう、日頃から練習しておくといいでしょう。複数人での自己紹介は一見複雑に見えますが、目下から行うという基本ルールさえ押さえておけば、そこまで難しくはありません。
自己紹介には、自分の名前を知ってもらったり相手の名前を知ったりすることのほかに、第一印象を決定するという重要な役割があります。マナーに沿った自己紹介を行うことで第一印象が良くなり、その後の取引を円滑に行えるようにもなります。話す内容だけでなく、姿勢や口調、手際の良さなどで総合的に判断されているという意識を持ち、適度な緊張感を持って自己紹介を行いましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
手紙やメールで、役職のある方に宛名を書くこともあります。「さあ、たいへんです。」というのも、送る相手が役職のある方なら、その宛名の書き方で迷...
ビジネス人気
目次1 営業マンの1本目のボールペン2 営業マンの2本目のボールペン3 専門店で購入しよう 営業マンの1本目のボールペン セールスパーソンは...
会議
ビジネスマネジメント
目次1 難しくなる意思決定2 意思決定を助ける質問3 各選択肢のそれぞれの結果は?4 自分の最も重要な責任は何か?5 理想論か現実的か? 難...
挨拶
ビジネス人気
目次1 ノートは最強の営業資料2 お客様と一緒に作り上げるノート3 商談ごとの一枚を準備4 電子式もおすすめ ノートは最強の営業資料 業種や...
business
ビジネス人気
 どんな人にはミスはつきもの。ただしミスが発生した時に、どんな対応を取るかで社会人としての真価が問われます、ミスをすると、慌ててしまい、更に...