ビジネスマネジメント

学生と社会人、最も違うのは肩書のある人と頻繁に接するようになることです。会社という組織は「役職」によって、はっきりとした序列が作られています。そしてその役職は名前と同じくらい、場合によっては名前以上に重要な意味を持っています。そんな会社の仕組みを理解する上で欠かすことのできない「役職」について、その序列及び役割を解説します。

会社の役職の基本的な序列

会社によって若干入れ替わりが生じることもあるものの、下記が多くの会社の場合の役職とその序列になります。

・会長→一般的には取締役会の議長。前社長が就任するケースが多い。かつては名誉職のケースが大半であったが、昨今は社長と兼任する等、実質的な会社のトップの場合もある。
・社長→会社のトップで代表権がある。代表取締役=社長としている会社も多い。
・副社長→実質的に会社のナンバー2で社長を補佐。複数存在する場合も。
・専務→会社経営や業務全体を管理する場合が多い。
・常務→会社の日常的な業務を管理する場合が多い。
・本部長→専務や常務と兼任することも。多くの部を束ねる役職。
・部長→会社の部のトップ。
・次長→部のナンバー2。部長を補佐する。
・課長→会社の課のトップ。課長以上を管理職としている会社が多い。
・係長→現場監督的な役職。
・主任→プロジェクトチーム等の小規模なチームを監督。管理職に該当しない場合が多い。

近年耳にする会社の役職

従来の役職は上記でほぼカバーできますが、近年は外資系企業を始め新しい役職も耳にするようになりました。代表的な新しい役職は下記となります。

・CEO(最高経営責任者)→会長や社長にあたる役職。
・COO(最高執行役員)→従来の副社長にあたる役職
・CFO(最高財務責任者)→財務部門を統括するCOOと並ぶCEOに次ぐ会社のナンバー2。
・執行役員→取締役ではないものの、役員の一員(ただし取締役執行役員としている会社もある)。主に部長や本部長が就任のケースが多い。
・ディレクター→英語では部長を意味するが、日本では次長クラス。
・シニアマネージャー→英語では次長を意味するが、日本では次長と課長の中間の立場。
・アソシエイト→日本の課長と係長の中間の立場。

役職者の呼び方

会社では役職者を呼ぶ際に、役職名で呼ぶのか、それとも、「さん付け」で呼ぶのか、一定のルールが決められています。新興企業の場合、殆どが「さん付け」で役職者を呼ぶように求められますが、歴史のある大企業の多くは役職名で呼ぶよう求められます。また中には「さん付け」で呼ぶように言われていても、殆どの方が役職名で呼んでいる会社もあります。

これらのように会社で役職者を呼ぶ際、どのように呼ぶべきかは会社によって様々なので、分からない際は先に入社している先輩等に聞くのが最適となります。「さん付け」で呼ぶように言われたのに、殆どの方が役職で呼んでいる会社もまだまだ多いので注意が必要です。

まとめ

会社組織は肩書で回っている部分もあるため、どの役職が上位者かは入社後一番最初に覚えるべき内容とも言えます。また役職名を間違えるのは、相手に対して名前を間違えるのと同程度失礼に当たるため、絶対に避けなければなりません。

入社すれば、時間の経過とともに自然と覚えることの多い会社の役職名と序列ですが、間違いをせぬよう、常に注意が必要です。

 

 

 

 

営業をしていると、何とか、顧客獲得のために自作(経費削減のため)でパソコンを使って宣伝ビラを作製しようとします。文面はできた。あとは何らかの写真やイラストを盛り込んで完成となりますが、イラストを描くのはたいへんです。才能があればできるのかもしれませんが、なかなかそういうわけにはいきません。そんなあなたに、パソコンで検索して簡単に使える「イラスト素材」をご紹介します。

無料で利用できるイラスト素材は、営業マンにとっては必需品と言ってもいいでしょう。日本には安心して利用できるサイトがたくさんあります。また、無料で利用できるにもかかわらず非常に高品質なイラストが多いのも魅力です。

イラストボックス

「イラストボックス」というサイトでは、3Dマーケットをはじめとして、ユースフルワークやデンタルンという歯医者さんのサイトでは全て無料で利用可能です。このように、イラストボックスのイラストは無料で利用が可能ですので、ダウンロードして会員登録をすることで利用できます。

さらに、一歩進んでお気に入りのイラストレーターに対して仕事依頼ができるというのも特徴です。自作のイラストを投稿して、その出来栄えを競うコンテストも開催されています。ですから工夫された多くの無料イラストが投稿されています。ビジネスシーンにおいても、どんどん活用できるイラストが満載ですので役に立ちます。ビジネスマンが広告作成や宣伝ビラを作るときに非常に役立つサイトです。

WISDOM

「WISDOM」は、ビジネスマンならぜひ知っておいて欲しいビジネス情報サイト内で提供しているイラストの素材集です。素材をダウンロードするには、会員登録が必要です。このサイトには、イラストだけでなく、500個あまりのパワーポイント用プレゼンテーション素材をダウンロードすることができるのです。プレゼン資料も工夫一つで大きく変わるものですから利用することで、その質もアップします。この「WISDOM」は、NECが運営するビジネス情報サイトで、プレゼン素材やイラストを提供してくれるビジネスマンの強い味方なのです。

「イラストAC」「ビジネスイラスト無料素材」

商用利用できる無料で使える素材です。「イラストAC」の魅力は、数多くのイラストレーターが作成した素材があり、その用途に応じてイラストやデザインを選ぶことができるのです。また会員登録することで、約3万点というフリーイラスト素材をダウンロードできるようになります。よく、ビジネスで使う「人物のイラスト」(無料素材)は、どんなシーンでも使えるような顔の表情になっています。すべて無料サイトで商用利用もできます。

PIXTA

「PIXTA」の中には一部無料のものもあります。このサイトはプロの素材が多くありますので、どうしても必要な時におすすめです。(有料のものもあり)基本的には有料サイトですが、毎週更新の無料イラスト素材も出ています。プロの素材ということで、その素材の質が高いのはわかります。

無料イラスト等を上手に活用

ブログ記事を見ていますと、文章のみのものもあります。あるいは自分で撮った写真を挿入するなどの努力はされていますが、素人が作成するものですから、「読みたい」という意識が読者には生まれません。そんなときに、記事に関連するイラスト素材が挿入されれば、そのブログの質が大きく変わるのです。そこで、イラスト等を上手に活用して、読者の視覚に訴えることが必要です。それがアフィリエイトの成果にもつながるのです。

なぜ、私たちが無料でイラストを使用できるのでしょうか。「広告収入での運営」が無料のイラスト素材サイトの方法なのです。ですから利用者が無料で使用しても、そのサイトには広告料という収入が入るのです。もちろん、無料だからといっても品質はかなり高いものも出ています。

無料利用できるイラスト素材サイト

では、無料で利用できるイラスト素材サイトをご紹介しましょう。

1.「IMT」

IMTは、無料でイラスト素材(JPGやPNG、PSD形式のイラスト素材)をダウンロードできます。このサイトは、プロのイラストレータによる作品が数多く登録され、女性っぽい絵が多いのが特徴です。多くの種類のイラストを選ぶことができるので、ビジネスマンにとっては使いやすいです。ダウンロードするには、無料会員登録が必要です。

2.「イラストAC」

イラストACは、JPG、PNG、EPS形式のイラスト素材をダンロードできる無料のサイトです。無料が基本ですが、お気に入りのイラストレータの作品を見て、「こんなイラストを作成してもらえないか」という依頼が可能です。(有料)イラスト素材をダウンロードするには、無料会員登録が必要で、イラスト素材の質と量は群を抜いています。

3.「イラストボックス」

イラストボックスは、無料イラスト素材(PNG、EPS形式のイラスト素材)をダンロードできるサイトです。ダウンロードするには、無料会員登録が必要ですが、ダウンロードすることによって、その選んだ作品を描いたイラストレータに報酬が渡るという仕組みになっているのです。

4.「いらすとや」

かわいいイラスト素材を探したいのなら「いらすとや」がおすすめです。PNG形式のイラスト素材をダンロードできるサイトです。親しみやすさや本の挿絵のようなイラストが多くありますので、営業資料や顧客への宣伝ビラが生き生きとするでしょう。イラストのタッチが統一されていることも、このサイトの特徴です。

5.「素材ライブラリー」

素材ライブラリーは、イラスト素材だけではなく、カレンダー素材までダウンロードできるサイトです。(JPG、PNG、EPS形式のイラスト素材)イラスト以外の素材もたくさんありますのでカレンダーやフレーム、アイコンなどの素材も使うことができます。

まとめ

ビジネスシーンにおいて、営業資料作成や宣伝ビラ、webサイトやブログなどで幅広く利用できますので、大いに活用して資料や文章を引き立てていきましょう。ほとんどが無料で活用できます。しかし、最近の素材を見ると、無料だからと言ってもかなり高品質なイラストが目立っています。ビジネスシーンだけでなく、ブログや印刷などでもたいへん役に立ちます。

エクセル管理のメリット

エクセルは表計算ソフトとも呼ばれますが、業務の中であらゆる統計を出すときにとても役立つツールです。数字でなくても様々な活用法が業務進行を早める助けをしてくれます。基本だけ押さえておくだけでも簡素化することができます。エクセルの基本を確認していきましょう。

計算式を知る

数式を直接入れて四則計算などを行う方法を覚えておきます。四則計算以外でももちろん使えますが、その基本を押さえておくことで様々に応用していくことができます。答えを出したいセルの中で「=」から始めるのがルールです。セルの選択はひとつでも複数でも可能です。四則計算は、単価と数量の値を出す時、原価率や前年比や前月比、進捗度のパーセンテージを出したい時など頻繁に活用することができるでしょう。

足し算 =(セル選択)+(セル選択)
足し算はΣ(シグマ)を使っても可能です。
引き算 =(セル選択)-(セル選択)
掛け算 =(セル選択)*(セル選択)
掛け算の×はアスタリスクを使います。
割り算 =(セル選択)/(セル選択)
割り算の÷はスラッシュを使います。

関数を知る

合計
足し算の際にオートSUM(Σ)もよく使われますがこれも関数のひとつです。合計を出す時に便利な関数です。
例:
=SUM(C3:C8)
C3からC8までを合計する

条件付き合計
「もし○○の条件を満たしているなら、合計値に加える」というルールを持つのが「SUMIF」関数です。データの中から、「期間」「取引先」など、ある一定の条件を満たす内容だけで合計値を出したい時に使えます。
例:
=SUMIF(A2:A8,"=A",B2:B8)
A2からA8の中で、Aがあれば、そのすべて合計する
=SUMIF(A2:A8,"<=2",B2:B8)
A2からA8の中で、2以下の値があれば、そのすべて合計する

平均
平均を出す時は割り算を使いますが「AVERAGE」関数を使うことで、選択したセルの数値の平均値を出すことができます。売上の月平均の金額や個数を出す時に役立ちます。
例:
=AVERAGE(C3:C8)
C3からC8までの平均値を出す

カウントする
案件の件数を数える時に使えるのが「COUNT」関数です。顧客の全体発注個数ではなく、発注回数を出したい時に使えます。値の入っているセルの数をカウントできます。
例:
=COUNT(A1:A20)
A1からA20までの中に値があるものを数える

条件関数
「もしこうだったら、こうする」という指示を出すのが「IF」関数です。条件を複数にしたり、さらに絞り込んだ条件を付け加えることも可能です。=IF(論理式,そうだった場合,そうでない場合)という意味になります。
例:
=IF(B2>=80,"○","×")
もしB2が80以上だったら○、そうでない場合(80以下)なら×を表示する
=IF(AND(B2>=80,B2<=100),"○","×")
もしB2が80以上でさらに100以下だったら○、それ以外の場合は×を表示する

該当データのみの抽出
ある複数データのうち、条件に該当するデータを抽出するのが「VLOOKUP」関数です。該当する商品の中で一番高値で売れた金額を探し出したり、膨大な商品データの中から該当商品の金額を導きたい時にも使うことができます。
VLOOKUP関数 =VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,[検索方法])
検索方法はその都度値の変わる「TRUE」と完全一致の「FALSE」で表します。
例:
=VLOOKUP("りんご", A2:C6, 3,FALSE)
A2:C6を全体データとし「りんご」を探し、列3(金額)の値を表示します。
列番号はシート全体の列番号ではなく選択範囲内での順番値になります。

まとめ

ビジネスにおいて、顧客を相手にしていくときには、「営業資料や顧客の目を引く宣伝ビラ」が必要になります。また、社内でもプレゼン作成時にフリーイラスト素材サイトを大いに活用すると、同じ提案にしても見栄えが良くなるものです。ただ、イラストの効果的な利用(イラストを使いすぎないことや色の乱用)は、十分考えて行わなければなりません。「わかりやすい資料作成」という基本は大切にしたいものです。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事