business

 学生と社会人、最も違うのは肩書のある人と頻繁に接するようになることです。会社という組織は「役職」によって、はっきりとした序列が作られています。そしてその役職は名前と同じくらい、場合によっては名前以上に重要な意味を持っています。そんな会社の仕組みを理解する上で欠かすことのできない「役職」について、その序列及び役割を解説します。

会社の役職の基本的な序列

 会社によって若干入れ替わりが生じることもあるものの、下記が多くの会社の場合の役職とその序列になります。

・会長→一般的には取締役会の議長。前社長が就任するケースが多い。かつては名誉職のケースが大半であったが、昨今は社長と兼任する等、実質的な会社のトップの場合もある。
・社長→会社のトップで代表権がある。代表取締役=社長としている会社も多い。
・副社長→実質的に会社のナンバー2で社長を補佐。複数存在する場合も。
・専務→会社経営や業務全体を管理する場合が多い。
・常務→会社の日常的な業務を管理する場合が多い。
・本部長→専務や常務と兼任することも。多くの部を束ねる役職。
・部長→会社の部のトップ。
・次長→部のナンバー2。部長を補佐する。
・課長→会社の課のトップ。課長以上を管理職としている会社が多い。
・係長→現場監督的な役職。
・主任→プロジェクトチーム等の小規模なチームを監督。管理職に該当しない場合が多い。

近年耳にする会社の役職

 従来の役職は上記でほぼカバーできますが、近年は外資系企業を始め新しい役職も耳にするようになりました。代表的な新しい役職は下記となります。

・CEO(最高経営責任者)→会長や社長にあたる役職。
・COO(最高執行役員)→従来の副社長にあたる役職
・CFO(最高財務責任者)→財務部門を統括するCOOと並ぶCEOに次ぐ会社のナンバー2。
・執行役員→取締役ではないものの、役員の一員(ただし取締役執行役員としている会社もある)。主に部長や本部長が就任のケースが多い。
・ディレクター→英語では部長を意味するが、日本では次長クラス。
・シニアマネージャー→英語では次長を意味するが、日本では次長と課長の中間の立場。
・アソシエイト→日本の課長と係長の中間の立場。

役職者の呼び方

 会社では役職者を呼ぶ際に、役職名で呼ぶのか、それとも、「さん付け」で呼ぶのか、一定のルールが決められています。新興企業の場合、殆どが「さん付け」で役職者を呼ぶように求められますが、歴史のある大企業の多くは役職名で呼ぶよう求められます。また中には「さん付け」で呼ぶように言われていても、殆どの方が役職名で呼んでいる会社もあります。

 これらのように会社で役職者を呼ぶ際、どのように呼ぶべきかは会社によって様々なので、分からない際は先に入社している先輩等に聞くのが最適となります。「さん付け」で呼ぶように言われたのに、殆どの方が役職で呼んでいる会社もまだまだ多いので注意が必要です。

まとめ

 会社組織は肩書で回っている部分もあるため、どの役職が上位者かは入社後一番最初に覚えるべき内容とも言えます。また役職名を間違えるのは、相手に対して名前を間違えるのと同程度失礼に当たるため、絶対に避けなければなりません。

 入社すれば、時間の経過とともに自然と覚えることの多い会社の役職名と序列ですが、間違いをせぬよう、常に注意が必要です。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
ビジネスマナー
ビジネスマネジメント
目次1 AIに任せられることは多い2 任せられることは任せる3 意思決定を担う4 競争ではなく共存 AIに任せられることは多い AI(Art...
business
ビジネス人気
 相手のためを考えて使った敬語も、過剰に使うと時には嫌味に聞こえることがあり逆効果となります。敬語は単にたくさん使えばいい、というものではあ...
パソコン
ビジネスマネジメント
目次1 お茶の置き方にもマナーがある2 お茶は両手で上座から3 お客様からみて右にお茶4 お茶菓子を出す場合の置き方5 茶碗の向きにも気をつ...
同期
ビジネスマネジメント
目次1 心は鍛えられる2 心を鍛える手段3 コミュニケーションが必要な時4 集中力が必要な時5 リラックスが必要な時 心は鍛えられる 心が弱...
打ち合わせ
ビジネス英語
目次1 ビジネスシーンの不可算名詞2 原則的に不可算扱いするもの3 可算名詞と不可算名詞の使い分け4 可算名詞の条件5 不可算名詞の表現方法...