business

結婚や出産、昇進、栄転、退職など、お祝いを贈る機会はたくさんあります。機会によって贈る品物や表書きが異なるため、正しいマナーを知っておく必要があります。本稿では贈り物のマナーについて紹介します。

のしの種類

仕事関係の人に贈り物をするときは、どんなに仲がいい相手でも形式に沿った贈り方をすることが一般的です。贈り物は包装紙に包み、のしをかけます。のしの種類は、大きく分けて、蝶結びと結び切りの2種類があります。蝶結びは一度解いてもまた結べることから、何度も起きてほしいおめでたい機会に使われます。お中元やお歳暮、出産祝い、昇進祝いには蝶結びを使います。紐の色は紅白が一般的ですが、金赤、金銀もあります。すべておめでたい場面で使われます。結び切りには紅白のものと白黒のものがあります。固く結ばれて解けないことから、二度繰り返したくない機会に使います。白黒のものは葬式で使われます。紅白のものは、紐の数が偶数本(10本)のものと、奇数本(5本・7本)のものがあります。偶数本のものは結婚式のお祝いに、奇数本のものは快気祝いや退職祝いに使われます。
直接渡す場合には包装紙の上からのしをかけますが、宅配便で送る場合はのしをかけた上から包装します。
のしの上部中央には、筆ペンで表書きを書きます。結婚なら「寿」「御結婚御祝」出産なら「御出産御祝」など、機会によって表書きは変わります。何を書けばいいかわからない場合、おめでたい機会であれば「御祝」と書けば問題ありません。のしの下部には表書きより小さめの字で、同じく筆ペンで贈り主の名前を書きます。

贈る品物と金額の目安

同じ会社の人にお祝いを贈るときは、部署のメンバーでお金を出し合って贈ることもあります。メンバーの数にもよりますが、一人当たり500円から1000円くらい出し合って、1万円から2万円程度のものを贈ることが一般的です。
結婚祝いの品物は、結婚後の新生活で使える実用的なものが喜ばれます。すでに買っているものとかぶらないように、さりげなく本人に探りを入れましょう。包丁などの刃物は「縁を切る」という言葉を連想させるため、避けるべきだと考える人もいます。
出産祝いでは、ベビー用品を贈ることが一般的です。タオルやおもちゃなど、いくつあっても困らないものを贈るといいでしょう。男の子か女の子か分からないときは、黄色や白などどちらでも使える色を選びます。
昇進や栄転など、ビジネスに関係があるお祝いの場合は、ボールペンやネクタイなど仕事で使う品物を贈ると喜ばれます。
退職祝いでは、長年お世話になった相手に感謝の気持ちを込めて、花束やお酒など相手の好みに合わせたものを贈りましょう。寄せ書きやアルバムを添えると、さらに喜んでもらえます。

まとめ

贈り物のマナーは以下の通りです。
-のしの種類に注意する
-受け取る側の気持ちを考える
のしは形が似ているものが多く間違えやすいため、注意が必要です。自信がないときはデパートの人などに聞きましょう。
同じ部署で働いているのであれば、相手の好みはよくわかっているはずです。上記のものしか渡してはいけないというわけではもちろんありません。例えば結婚祝いに刃物を贈ることはタブーと言われていますが、本人が欲しがっているようなら渡してしまってかまいません。
贈り物の値段ですが、あまり高すぎる贈り物をあげてしまうとお返しが大変ですし、お返しが必要ない場合にも相手に気を遣わせてしまいます。適切な値段のものを選びましょう。
ルールに囚われず、相手の気持ちを考えて贈り物を選びましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
髪型
ビジネス人気
目次1 一度にひとつのことを聞く2 具体的な聞き方をする3 自分の考えも加えてみる 一度にひとつのことを聞く 怒涛のように質問をいくつもする...
business
ビジネス人気
 職場ではダラダラせずにキビキビと行動したいもの。キビキビした行動は頼もしい印象を与えますし、逆にダラダラした行動はやる気がない印象を与えて...
business
ビジネス人気
ビジネスマナーに不安があるとき、冠婚葬祭のマナーがわからないとき、食事のマナーに迷ったときなど、とっさに正しいマナーが出てこない場合のおすす...