事務

会社や先輩に確認する

新しい会社に知っている人がいない場合は、やり取りしている採用担当者に問い合わせて確認しましょう。採用担当者の場合は、基本的な会社のルールを教えてくれるでしょう。例えば、「スーツで来てください」「オフィスカジュアルでも大丈夫ですよ」「私服でいいですよ」などです。制服が用意される企業もあるでしょう。なかなかタブーまでは教えてもらえないことも多いかもしれません。スーツの場合は、就職活動で着たリクルートスーツは避けたほうがいいかもしれません。リクルートスーツは面接用で、印象的にも仕事用には適さないものが多いです。知っている先輩に聞けるとベターですね。どんなものがいいか、これはダメという部分まで聞ける確率が高まります。面接で社内を訪問する際に周りの人の服装を見ておくと感覚が掴みやすいですよね。

ベーシックが基本

スーツの場合は、基本的なビジネススタイルとマナーを確認して常識的なことがどんなことなのかをしっかり調べて準備するといいでしょう。初出勤では、個性は極力出さない無難な域に留めるようにします。オフィスカジュアルの場合でも、紺や濃紺をベースにしたシンプルな服装がいいでしょう。爽やかさ、清潔さ、誠実さの出せるカラーです。ワンポイントや目立つデザインもないものを選択しましょう。もちろんブランド主張の強いものは避けましょう。男性も女性もスーツでなくてもジャケットは着用しましょう。職場の人たちにあいさつ回りをすることもあると思います。礼儀として、始めのうちは持っておくようにしましょう。中途の新入社員でも案外常識的な服装を知らないことも多いです。慢心せずに確認しましょう。

質の良さを保つ

デザインや柄やカラーで主張しない服装でありながらも、その素材に安定感や高級感のあるものが適しています。高価な服でも素材によって見た目の印象を残念にしてしまうものはたくさんあります。素材には、こだわって選択し、きちんと整っている感を漂わせるようにしましょう。オフィスカジュアルの服装選択は始めはとても難しいと思います。初めての日にお客様に接するということはないので、堅苦しくし過ぎる必要もなく、ラフ過ぎてもいけないのです。「私服でいいですよ」と言われた場合は、スーツも職場的にタブーと考えるべきかもしれません。カジュアルでもしっかりとアイロンをかけ、ヨレない素材のものを着用しましょう。

職場テイストを見極める

初日から、職場の先輩や上司の服装を観察しましょう。職場によってルールの範囲内で誰でもそれぞれに個性を出し、おしゃれを楽しんでいるはずです。服装の雰囲気を合わせることは、馴染むためにもとても大切な要素になります。服装のテイストにギャップがあると、話しかけにくい印象が出るのだそうです。神経質になる必要はないかもしれませんが、ルールを把握しながら、職場の許容範囲を感知していくことが大切です。くれぐれも自分だけの感覚で判断することのないようにしましょう。業務が始まるとお客様との接点も増えることで変化させなければならない部分も出てきます。先輩や上司に相談してその会社のビジネスパーソンとしてふさわしい服装を整えましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
他社を訪問するときは、来客を迎えるときと同じように、自分が会社の代表者であるという意識を持ちます。訪問に遅れないことはもちろんのこと、服装や...
プレゼン
ビジネスマネジメント
目次1 開き直りも大切2 不安を受け容れる3 不安を信号と捉える4 不安を呼吸で解消する 開き直りも大切 まず、不安というのが、心の中だけで...